JRの各指定券や寝台券を予約する際に「10時打ち」という予約方法があります。

10時打ちを簡単に言うと、目的の列車の予約開始と同時に切符を予約購入することです。

 

JRの切符は、1か月前の午前10時から予約開始となるので、珍しい列車の切符や超繁忙期の指定券といった切符を確実に購入したい場合に10時打ちを行います。

今回は、そんな10時打ちのやり方と、10時打ちが必要な切符等について解説していきます。

10時打ちのやり方と注意点

10時打ちのやり方は、JRの駅窓口(みどりの窓口)に午前10時よりも前に行き、希望列車の10時打ちを依頼することです。

午前10時の発売開始時刻ピッタリに切符の発券作業を行う必要があるので、午前10時前(一般的には9時過ぎぐらい)に窓口へ行きます。

 

駅によっては、10時打ちの事前受付を行っていることもあるので、その場合は事前受付開始の時間に10時打ちのお願いをしましょう。

 

なお、10時打ちの取り扱いは駅によっても異なり、全ての駅窓口で行っている訳ではありません。

窓口が1つしかなく10時打ちのために窓口を用意できなかったり、窓口利用者が多くて対応不可の駅もあります。

 

そのため、予め10時打ちを行う前に、駅窓口にて10時打ちが可能かどうかを確認しておきましょう。

 

狙い目の駅は、窓口が複数あり、なおかつ東京や新宿といった大規模な駅でない中小規模の駅です。

当日いきなり「10時打ちをしたい」と言っても断れる可能性が高いので、10時打ちが可能かどうかは必ず確認しておきたいです。

 

新幹線の切符はインターネットの事前受付が便利

新幹線や特急列車の指定券であれば、「えきねっと」や「エクスプレス予約」等のインターネット予約サービスにて事前受付が可能です。

こちらは1ヶ月前の午前10時(発売開始日)の一週間前から事前申し込みが可能であり、発売開始直後に申し込み手続きが自動で行われる仕組みです。

 

事前受付はあくまでも仮予約なので100%予約が可能という訳ではありませんが、大抵は切符を購入できます。

窓口へ行かなくても10時打ちと似た手続きができるので、新幹線や特急列車の予約であればインターネットからの事前申し込みで十分です。

 

ただし、一部の切符(主に寝台券)はネット予約できないこともあるので、その場合は窓口にて予約購入が必要となります。

 

どの切符で10時打ちを行うべきか?

10時打ちを行わないと希望の指定券が取れない、あるいは取りずらい切符には以下のような列車が挙げられます。

・寝台列車の寝台券(現在のサンライズ出雲・瀬戸)
・ムーンライトながら等の臨時列車の指定券
・一番列車/ラストラン列車の指定券
・一部座席数の少ない観光列車の指定券
・お盆や年末年始などの超繁忙期の指定券

といった列車です。

 

一般的に、新幹線や特急列車の座席は数が多いので、これら普通の切符は10時打ちをしなくても購入できることが多いです。

ただし、お盆や年末年始などの繁忙期の指定券は早くに予約が埋まってしまうため、希望の列車の切符を確実に確保したい場合は10時打ち行うメリットはあります。

 

また、臨時列車や寝台券といったレアな切符に関しては、発売開始後、数秒で売り切れということも珍しくありません。

これら珍しい列車に乗りたいという方は10時打ちを行い、切符を確保するのが望ましいです。

 

なお、あまりにレアな切符の場合(一番列車や寝台列車のラストランなど)、10時打ちを行っても予約できないこともあるので注意しましょう。

 

まとめ:レアな切符を狙うなら試す価値あり

このように10時打ちは、切符の発売開始と同時に目的の切符を最速で購入する切符購入のテクニックです。

普段は10時打ちを行う必要性は殆どありませんが、レアな列車や繁忙期の指定券を確実に確保したい場合に役に立ちます。

 

10時打ちを行う際は購入予定の切符について情報を整理し、早めに駅窓口へ行くようにしましょう。

以上、参考になれば幸いです。

 

えきねっとで切符を予約する方法とその手順を分かりやすく解説!

指定券から自由席特急券への変更は不可!乗車変更のルールについて

切符予約は指定席券売機が超便利!みどりの窓口に並ぶ必要もナシ!