この記事を書いた年は2018年ですが、今から10年ほど前の社会がどのようなものであったか、あなたは覚えていますか?

かく言う私も、10年前のことはあまり覚えておらず、何気なく生活しているとその変化になかなか気がつかないものです。

 

しかし、ここ10年の出来事を振り返ると非常に多くの出来事があり、客観的に見てみると社会が大きく変わったことが分かります。

今回は、そんな10年の社会と比べて、今の社会がどう変化したのか気になったので調べてみました。

ここ10年で変わったこと

スマートフォンとインターネットの普及

ここ10年で最も大きな変化と言われば、やはりスマートフォンとインターネットの普及・発展でしょう。

 

今から11年前(2007年)にアップルから「iPhone」が発売され、次の2008年には「iPhone 3GS」が発売されました。

2007年以降、スマートフォンが普及し始めたことにより、それまでの携帯電話「ガラケー」の時代からスマートフォンの時代に移行し始めます。

 

本格的に普及が進むのは2010年になってからですが、それでも数年で携帯電話が全く別のものに取って代わるとは誰も思ってはいなかったでしょう。

スマホが登場した当初は「スマートフォンは流行らない」とまで言われていましたが、今ではスマホが当たり前の社会になっています。

 

電車の中では皆がスマートフォンをいじるようになるなど、10年前の人からしたら想像もできない光景でしょう。笑

 

また、スマホの普及と同時にインターネットの発展も目覚ましく、日常のありとあらゆるものがインターネットを通じて簡単にやり取りできるようになったことも大きな変化です。

年賀状の発行枚数が2008年から毎年連続で減少し続けていることも、その変化が顕著に表れている例の1つと言えます。

 

参考:【年賀状は不要?】年賀状を出さない人が増えた理由はこの4つ

 

あと、公衆電話も今では全く見かけなくなりましたね。

公衆電話の使い方が分からない子供が増えてきていることも、おかしな話ではないと思います。

私もいざ使うとなると、どう使ったらよいか迷ってしまうかもしれません。笑

 

禁煙の本格化

喫煙者が減少傾向にあることは10年以上前から言われてきたことですが、ここ数年で禁煙化の風潮がかなり強くなりました。

各自治体では受動喫煙防止に関する規定が作成され、たばこ税に関しても2006年は一箱約300円だったのが、今では480円と大幅な増税となっています。

 

また、飲食店でも禁煙化が検討され始めているという点は大きな変化と言えます。

禁煙不可のお店が一般的となっており、今や分煙のお店があること自体が珍しいぐらいです。

 

ちなみに、私自身の主観的にも、昔に比べたらタバコを吸う人が減ってきているという印象は確かにあります。

歩きタバコをする人もここ数年でだいぶ減ったように感じますね。

 

労働形態の変化

今からちょうど10年前の2008年にはリーマンショックが発生し、経済や労働形態に関しても大きな変化が発生した年です。

 

リーマンショックの影響を受けた企業は、人件費を削減するために減給やリストラを行うようになり、労働者の所得は減少しました。

また、非正規雇用が増加したり、ブラック企業の問題など日本における労働形態にも大きな変化が起こりました。

 

「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章」が策定されたのも2007年12月と、今からちょうど10年ほど前の出来事です。

まだまだ問題や課題は沢山残されていますが、それでもここ数年で働き方に対する意識や労働環境を改善しようとする動きは強くなってきていると言えます。

 

教育現場の変化

私が学生の頃は、悪い行いをした生徒は教師から軽度(軽く叩かれる等)の体罰を受けるのは当たり前の時代でしたが、今では体罰を行うと例え生徒に非があっても真っ先に教師が非難されます。

 

決して体罰を肯定している訳ではありませんが、ここ10数年で教員の立場は明らかに弱体化したと言えます。

中には教師が体罰ができないことをいいことに、生徒が教師を煽ったり暴行するといった事態が起こっているほどです。

10年前には教師が生徒に暴行されるといった話はまず聞かなかったと思います。

 

また、モンスターペアレントが増加したことで、教員側も生徒指導を十分に行うことができなくなったことも大きな変化と言えますね。

生徒側の立場が強く、教師側の立場が弱くなったことで、教育現場に関しても今までにない問題に直面するようになりました。

 

まとめ:たった10年で社会は大きく変化した

今回、過去の出来事などを調べていく中で、今と10年前の社会では、これほどまで大きな変化が起こっていたことには驚きました。

探してみればまだまだ変化した点は沢山あるかと思いますが、個人的にはやはりスマホの普及が最も大きな変化だったと思います。

 

スマホの登場で日常生活も大きく変わってしまったので、そう考えるとこの先5年後、10年後に社会がどうなっているのか本当に分からないですね。

個人的には、AI技術の発達によって何か大きな変化をもたらすのではと期待しています。笑

あなたも時には、過去を振り返ってみたり、未来を想像してみてはいかがでしょうか?

 

【30年前の時刻表を買ってみた①】路線図から鉄道の歴史を知る

【ゲームは時間の無駄ではない?】元ゲーマーが思うゲームの魅力とは?

【満員電車はなぜ無くならいのか?】その理由について考える