青春18きっぷと組み合わせることで唯一新幹線を利用できる「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」

北海道新幹線の開業により、在来線での移動ができなくなった青函トンネルですが、このオプション券を利用すれば北海道新幹線に乗って北海道と本州を移動できます。

ただ、このオプション券、お世辞にも使い勝手は良いとは言えず、代替手段も検討した方が効率よく移動できる場合もあります。

今回は、そんな「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」の使い方や、代替手段等について解説していきます。

青春18きっぷ北海道新幹線オプション券の利用方法

このオプション券の効果および利用方法は

  • 北海道新幹線「奥津軽いまべつ~木古内」間の普通車の立席(空いている席)が利用できる
  • 道南いさりび鉄道線の「木古内~五稜郭」間を片道1回利用できる
  • 木古内~五稜郭」間は通過利用のみで途中下車は不可
  • 北海道新幹線と道南いさりび鉄道線の利用は同日に限る
  • 1枚につき1人分有効(同行者がいる場合はその人数分のオプション券が必要)
  • 購入・利用期間は青春18きっぷと同じ
  • 1枚2,300円

となっています。

オプション券は有人改札にて、使用中の青春18きっぷと一緒に提示することで利用できます。

オプション券だけでは利用できないので注意が必要です。

 

また、オプション券の有効区間外まで移動した場合や、いさりび鉄道線内の木古内駅と五稜郭駅以外で途中下車した場合には、その乗車区間分の運賃及び料金が必要になります。

間違えると余計な出費となってしまうため、実際に利用する際はオプション券についてくる利用案内にて内容と注意事項を確認しましょう。

 

オプション券が使いづらい理由

奥津軽いまべつ駅へのアクセス性

このオプション券が使いづらい一番の理由は、本州側の新幹線の駅が「新青森」ではなく「奥津軽いまべつ」を利用しなくてはいけないという点です。

そもそも奥津軽いまべつに停車する新幹線の数が1日7往復と少ないために、利用できる列車は限られます。

 

また、新幹線の奥津軽いまべつ駅と、JR在来線の乗換駅は津軽線の津軽二股駅です。

しかし、青森~津軽二股を行き来するための列車本数も少なく、特に途中の蟹田~津軽二股の区間は1日5往復と本数が非常に少ないです。

 

ただでさえ、奥津軽いまべつの本数が少ないのに、その最寄り駅の津軽二股駅に来る列車の本数も少ないために、乗り継ぎに長時間待たされます。

特に、奥津軽いまべつ駅は市街地から離れた山奥に位置するため、周辺に時間を潰せそうな場所が少ないのも辛いところです。

 

新幹線といさびり鉄道への乗り継ぎ

奥津軽いまべつ側の接続はかなり悪いですが、北海道側の乗り継ぎに関しても良いとは言えません。

木古内~函館間は1日9往復と、いさびり鉄道の本数は比較的多いのですが、新幹線との接続が悪く、1時間以上待ち時間が発生する場合があります。

 

ただ、木古内駅の周辺は市街地なので、奥津軽いまべつ駅ほど退屈することはないのが救いです。

 

各ルートと所要時間まとめ

次に、2017年11月時点で、青森~函館で使用できるルートをまとめてみます。(経由駅は省略しています。)

青森⇒函館
青森駅出発 函館駅到着 所要時間
6:15 11:13 4時間58分
11:01 16:22 5時間21分
13:06 20:00 6時間54分
15:41 21:25 5時間44分

青森から函館へ行く場合、最短ルートは津軽線の始発列車に乗るルートです。

待ち時間は、奥津軽いまべつで約35分、木古内では約1時間20分ほどの待ち時間が発生します。

他のルートだと時間がかかり過ぎるので、現実的に始発のルート以外はあまりオススメできません。

 

函館⇒青森
函館出発 青森到着 所要時間
7:04 14:23 7時間19分
13:29 17:14 3時間45分

函館から青森へ行く場合、13時29分に出発する列車を利用すれば、3時間45分と最短で移動できます。

木古内での待ち時間は約24分、奥津軽いまべつでの待ち時間は約14分と待ち時間もかなり少ないです。

 

ただ、その時間以外はまともに乗り継げる列車がないので、最短ルートを利用できない場合は、下記の代替手段の利用を検討した方が良いでしょう。

 

オススメの代替手段

新幹線のトクだ値乗車券

北海道新幹線を通常料金(通常期)で利用した場合、

  • 新青森~新函館北斗:6,740円
  • 奥津軽いまべつ~新函館北斗:4,960円

となり、かなり大きな出費となってしまいます。

 

しかし、えきねっとの「お先にトクだ値」を利用すれば、

  • 新青森~新函館北斗:4,350円
  • 奥津軽いまべつ~新函館北斗:3,280円

で利用することができます。

お先にトクだ値は13日前までの申し込みが必要ですが、北海道新幹線を安くに利用できるお得なきっぷです。

新幹線なら接続の悪い区間を一気にワープできるので、青森~函館を少しでも早くに移動したい場合は新幹線の割引切符を利用しましょう。

 

津軽海峡フェリーを利用する

青森~函館での有力な代替手段としては、津軽海峡フェリーがあります。

津軽海峡フェリーは1日8往復運航しており、所要時間は約3時間40分です。

 

比較的時間のかかるフェリーですが、オプション券を利用しての移動に比べれば遥かに楽です。

また、最も安い等級(スタンダード)で片道2,220円で利用できるため、追加料金の面で見てもオプション券とほぼ同じです。

青森・函館共にフェリーターミナルまでのアクセス性も良いので、できる限り安く、なおかつ快適に移動したい場合に海峡フェリーはオススメです。

参考:津軽海峡フェリー運賃

 

八戸・苫小牧のシルバーフェリーを利用する

北海道の札幌と青森を行き来したい場合、苫小牧~八戸のシルバーフェリーを使う方法もあります。

運賃は最も安い2等で5,000円です。

追加料金としてはやや高めですが、夜行便を利用すれば宿泊費を浮かせられるのが特徴です。

参考:八戸~苫小牧シルバーフェリー

 

また、青森~八戸にかけては青い森鉄道の区間ですが、特例で18きっぷでの移動が可能です。

参考:【保存版】青春18きっぷの特例区間と要注意区間まとめ

ただし、八戸から盛岡方面への移動は、別料金が必要なIGRいわて銀河鉄道、または三陸鉄道北リアス線を通ることになるので注意しましょう。

 

まとめ:オプション券でまともに移動できる時間は限られる

このように北海道新幹線オプション券は、本州側・北海道側共に新幹線と在来線の接続が悪いので、現実的にオプション券での移動はかなり不便です。

もしオプション券で移動するのなら、乗り継ぎ時間の確認以外に、待ち時間の暇つぶしについても考えておいた方が良いでしょう。

効率よく本州と北海道を移動するのであれば、新青森~新函館北斗を新幹線で移動するか、津軽海峡フェリーでの移動を検討することをオススメします。

以上、参考になれば幸いです。