横浜みなとみらい周辺を循環している「あかいくつ」

桜木町駅を起点に、みなとみらいや中華街周辺を循環している観光向けの市営バスであり、みなとみらい観光に役立つ便利な移動手段です!

 

外見が他の市営バスと全く異なりますが、実際には他の市営バスと乗り方はほぼ同じなので気軽に利用できます!

今回は、そんな「あかいくつ」の乗り方や運賃、お得な乗車券について解説していきます。

あかいくつのルートと停車場所

あかいくつには「中華街元町(Cルート)」「みなとみらい(Mルート)」の2ルートあり、それぞれ停車場所が異なります。

各ルートごとの停車場所は以下の通りです。

 

中華街元町ルートの停車場所

  1. 桜木町駅前
  2. 馬車道駅前
  3. 横浜第二合同庁舎
  4. 万国橋・ワールドポーターズ前
  5. 赤レンガ倉庫・M&W
  6. 新県庁前
  7. 日本大通り
  8. 中華街
  9. 元町入口
  10. 港の見える丘公園前
  11. 元町入口
  12. マリンタワー前
  13. 山下公園前
  14. 大桟橋
  15. 大さん橋客船ターミナル
  16. 赤レンガ倉庫・M&W
  17. 万国橋・ワールドポーターズ前
  18. 横浜第二合同庁舎
  19. 馬車道駅前
  20. 桜木町駅前

Cルートは桜木町駅から出発後、行きは日本大通り、中華街を経由して、港の見える丘公園前へ行きます。

帰りはマリンタワー、山下公園、大さん橋などの海沿いを走ります。

 

休日の運行本数は午前10時~午後19時で、毎時12分~15分間隔です。

 

みなとみらいルートの停車場

  1. 桜木町駅前
  2. みなとみらい大通り
  3. 四丁目駐車場
  4. アンパンマンミュージアム入口
  5. 新高島駅
  6. とちのき通り
  7. みなとみらい駅前
  8. クイーンズスクエア
  9. 展示ホール
  10. パシフィコ横浜
  11. カップヌードルミュージアム前
  12. 赤レンガ倉庫・M&W
  13. 万国橋・ワールドポーターズ前
  14. 横浜第二合同庁舎
  15. 馬車道駅前
  16. 桜木町駅

MルートはCルートとは反対の新高島、みなとみらい、パシフィコ横浜方面へと時計回りに走ります。

 

Mルートのあかいくつは、Cルートのあかいくつより本数が少なく、約1時間に1本です。

利用する際は運行時刻に注意しましょう。

 

あかいくつの運賃とお得な乗車券

あかいくつの運賃は、1回大人220円、子供110円です。(交通系ICカード利用可能)

通常の横浜市営バスと同じで、乗降場所にかかわらず運賃は均一となっています。

 

なお、あかいくつを複数回利用したり、通常の市営バスや市営地下鉄を利用する方は、下記のお得なチケットを利用するのがオススメです!

 

みなとぶらりチケット/ぶらりチケットワイド

みなとぶらりチケット」は、横浜ベイエリアの市営バスと市営地下鉄が1日乗り放題になるチケットです。

 

市営バスは、あかいくつを含む、横浜~元町・港の見える丘公園、三溪園までが乗り降り自由。

市営地下鉄ブルーラインは、横浜駅~伊勢佐木長者町駅が乗り降り自由になります。

 

料金は大人500円、子供250円であり、バス地下鉄共に3回以上利用するならこちらがお得です。

チケットはエリア内の各駅や一部の宿泊施設、また桜木町駅観光案内所にて購入できます。

 

みなとみらい・ベイエリアを観光するのであればこのチケット1枚で十分なので、観光で訪れる方にオススメのチケットです!

 

ちなみに、市営地下鉄のフリーエリアに新横浜駅を含んだ「みなとぶらりチケットワイド」もあります。

新横浜は東海道新幹線の停車駅なので、新横浜からアクセスする方はワイド版の方がお得です!

 

バス1日乗車券

バス1日乗車券は、横浜市営バスの全線と、あかいくつを含む市営観光バスが乗り降り自由になる乗車券です。

料金は大人600円、子供300円であり、市営バスを3回以上利用するのであれば1日乗車券の方がお得です。

 

ただ、他に便利な1日乗車券が多いので、こちらを利用することは少ないかと思います。

 

バス・地下鉄共通1日乗車券

バス・地下鉄共通1日乗車券」は、市営バス全線(あかいくつ含む)に加え、横浜市営地下鉄の全線(湘南台~あざみ野)が乗り降り自由になる1日乗車券です。

大人830円、子供420円であり、市営地下鉄グリーンライン(中山~日吉)も利用できます。

 

横浜市営バスや市営地下鉄の運賃はやや高めなので、地下鉄で少し離れたエリアへ移動するのであればこちらの乗車券がお得です。

 

あかいくつの乗り方について

あかいくつの乗り方は、横浜市営バスの乗り方とほぼ同じです。

運賃前払い制で、前のドアから乗車します。

 

乗車の際に、運転手横にある運賃箱に料金(220円)を投入。

ICカードを利用する場合は、ICカード読み取り機にタッチします。

 

ぶらりチケットや1日乗車券を利用する場合は、運転手にチケットをはっきりと見せましょう。

なお、車内で1日乗車券等を購入することも可能ですが、スムーズな運行のためにもできれば乗車前までに購入しておくのが望ましいです。

 

降車については、降りたい時に近くにある降車ボタンを押して、バスを降ります。(降車はバス中央のドアが開きます。)

 

なお、起点である桜木町駅の場合、4番乗り場から乗車します。

 

あかいくつは外見が違うので大丈夫だと思いますが、この乗り場には他の市営バスや散策バスもやってくるので乗り間違えには注意しましょう。

 

また、他の停車場所では「あかいくつ」と書かれたバス停に停車します。

一部、他の市営バスが止まらない専用の乗降場所もあるので、あかいくつを利用する場合は案内表示に注意しましょう。

 

まとめ:乗り方は市営バスとほぼ同じ!

このようにあかいくつは、桜木町駅前を起点として、みなとみらい・中華街周辺を周遊している観光系路線バスです。

乗り方に関しては、横浜市営バスと同じで運賃前払い制、料金は大人220円になっています。

 

あかいくつや市営バスを複数回利用するのであれば、みなとぶらりチケットや1日乗車券を利用した方がお得なので、目的に応じてこれら割引乗車券を上手く活用させましょう!

以上、参考になれば幸いです。

 

【横浜市営バスの乗り方ガイド】運賃は前払いなので注意!

 

横浜市営地下鉄の停車駅と混雑具合はこう!快速は日中のみ

 

横浜市営地下鉄グリーンラインの運賃や混雑具合を徹底解説