夏も終わり季節も秋へと移っていきますが、今年2017年も秋の乗り放題パスが発売されることになりました。

秋の乗り放題パスは「秋バージョンの青春18きっぷ」という印象が強いですが、実際にはいくつか異なる点があります。

今回は、この秋の乗り放題パスの使い方や青春18きっぷとの違いについて解説していきます。

秋の乗り放題パスの特徴と使い方

2017年の発売期間は、平成29年9月16日~平成29年10月20日

利用期間は、平成29年10月7日~平成29年10月22日

となっており、利用できるのは10月中旬の2週間程度となっています。

切符は自動改札機に通すことができず、有人改札を通ることで利用できます。

 

値段は、大人7,710円(子供3,850円)となっており、有効期間は連続する3日間です。※1日あたりの値段は2,570円。

秋の乗り放題パスは青春18きっぷと違い、日にちを分割して利用することはできず、複数人で利用することもできません。

また、切符を購入する際に乗車開始の日付を決める必要があります。

青春18きっぷのように飛び飛びで使うことはできず3日間の連続使用となるので、どの日から使い始めるかは慎重に選びましょう。

それ以外の点では青春18きっぷとほぼ同じルールであり、JR線の普通・快速列車の普通車自由席が乗り放題となります。

別途「秋の乗り放題パス北海道新幹線オプション券」を購入すれば、奥津軽いまべつ~木古内間を移動できる点も同じです。

特急列車や新幹線も利用できません。これらを利用する場合は、別途乗車券と特急券を購入する必要があります。

参考:「青春18きっぷのルールと使い方

 

秋の乗り放題パスのメリット

正直なところ青春18きっぷに比べて期間と使い勝手の面では劣りますが秋にもフリー切符を利用できるというのは、やはり大きな魅力的です。

特に、10月中旬からはちょうど紅葉の季節となるので、紅葉を見に行くために秋の乗り放題パスを利用するのもオススメです。

また、秋の季節は青春18きっぷのシーズンに比べると利用者はあまり多くないため、列車が混雑することもあまりないのが特徴と言えます。

10月にのんびりと鉄道旅行を楽しみたい方や、2泊3日での旅行に便利な切符と言えるでしょう。

 

秋の乗り放題パスの難点

秋の乗り放題パスの一番の難点は、3日間連続して使用しなくてはならないという点です。

3日間全てを普通列車で移動するというのは、時間的にも体力的にもハードルが高いため、鉄道旅行に慣れていない方にとってはかなり大変です。

1日単位で利用できる青春18きっぷのように融通が効かないため、利用の際はしっかりと計画を立てておく必要があります。

また、土日であれば、

  • あおもりホリデーパス
  • いわてホリデーパス
  • 小さなホリデーパス
  • 休日おでかけパス
  • 三連休東日本・函館パス
  • 週末パス
  • JR東海&16私鉄 乗り鉄☆たびきっぷ

というように使い勝手の良いフリー切符もあるため、必ずしも秋の乗り放題パスがお得という訳でもありません。

特に、新幹線や特急を利用する予定であれば、週末パスや三連休パスといった「特急・新幹線に乗車可能なフリー切符」を利用した方がお得になる場合もあります。

また、高速バスや飛行機といった他の交通手段と併用する場合も、他のフリー切符を利用した方がお得になるケースも多いです。

そのため、秋の乗り放題パスを購入する前に、他に代替となる切符についても一通り調べておくことをオススメします。

 

まとめ:制約は多いが普通列車の旅には役に立つ切符

このように秋の乗り放題パスは、実質「青春18きっぷの秋バージョン」と言えますが、

  • 利用は3日間連続であること(購入時に日付指定)
  • 複数人での利用はできない
  • 利用期間は10月中旬のみ

といった違いがあります。

青春18きっぷに比べると使い勝手は悪いですが、秋に普通列車の旅をするのなら利用価値のある便利な切符です。

秋にゆったりと普通列車の旅を楽しみたい方は、ぜひとも秋の乗り放題パスを利用してみてはいかがでしょうか?

以上、少しでも参考になれば幸いです。