電車や新幹線に乗っている時に寝てしまったり、別のことに気が散ってしまって、うっかり乗り過ごしてしまった経験はないでしょうか?

実はその際に、黙って戻ってしまうと鉄道会社の規則上では、不正乗車となってしまいます。

 

特に、恒常的に繰り返していたり、あまりに乗車時間が不自然だと、罰金を要求されたり、最悪、鉄道警察に捕まることもあります。

今回は、そんな万が一の事態を避けるため、電車を乗り過ごしてしまった時の正しい対処法について解説していきます。

折り返し乗車が不正乗車になる理由

そもそも黙って引き返すことが不正乗車となる理由ですが、これは鉄道会社の規則上、改札の出入りに関係なく、移動した分の運賃は支払う必要があるからです。

これは電車の運賃をタクシーの運賃に置き換えて考えると分かりやすいかと思います。

 

タクシーは乗った分だけキッチリ料金を支払う必要がありますよね?

電車も改札の出入りは関係なく、その移動した区間分の運賃が発生します。

 

そのため、間違えて乗り過ごしてしまった時に、黙って戻ってしまうと鉄道会社の規則上では不正乗車となってしまいます。

 

関連:【知らずにやってない?】間違えやすい鉄道のルールとは?

 

乗り過ごしに気づいたら駅員に事情を説明すること

乗り過ごしに気が付いた場合には、できるだけ早くに降車駅の駅係員に事情を説明しましょう。

 

無人駅やワンマン列車の場合は、先頭車両の運転手に事情を説明しましょう。

また、新幹線や特急列車の場合はすぐに降りれないこともあるので、列車内の車掌さんに申し出ます。

 

駅員に事情を説明し、間違えて乗り過ごしたことが認められば、誤乗した区間をタダで戻ることができます。(無賃送還)

ただし、特急列車や新幹線の場合には、運賃(乗車券)のみ適用され、特急券は別途購入が必要な場合もあります。

 

基本的に誤乗の扱いは駅員の裁量次第なので、実際にどう対応されるかはケースバイケースといった感じです。

ただ、よっぽど不自然な点がなければ誤乗車であると認められるので、乗り過ごしに気が付いた時は、恥ずかしがらずに駅員に申し出るようにしましょう。

 

誤乗として認められないケース

基本的に、すぐに駅員に申し出れば「誤乗扱い」となり無賃送還されますが、以下のようなケースでは誤乗車として認められない可能性があります。

 

乗り過ごしの理由・区間が不自然

誤乗扱いになれば無賃で戻ることができますが、乗り過ごしの理由が不自然だと、誤乗扱いにならない可能性があります。

特に、乗り過ごした区間が1駅、2駅ではなく長距離だと、誤乗扱いとならずに再度の運賃支払いを求められる可能性が高いです。

 

例えば、東京から大宮へ行くつもりが、終点の高崎や宇都宮まで乗り過ごしてしまった、というような極端なケースでは誤乗として認められないでしょう。

 

また、意図的な乗り過ごしや、恒常的に何度も繰り返していると、悪質な場合は不正乗車として摘発される危険があります。

不正乗車として摘発されると、正規運賃の数倍の罰金、または鉄道警察に捕まることもあるので注意したいです。

 

定期券や回数券

JRの規則上、定期券や回数券の場合は、意図しない乗り過ごしの場合でも誤乗として認められません。

そのため、これら定期券や回数券での乗り過ごしは、再度往復分の運賃を精算するのが原則です。

 

しかし、実際のところはこれら乗車券でも、駅員や車掌の裁量次第で誤乗扱いとして認められることはあります。

どちらにしても乗り過ごしてしまった時は、使用している乗車券にかかわらず、素直に駅係員に申し出ることが大事です。

 

その電車が終電だった

乗り過ごした列車が終電だった場合、例え誤乗車だとしても折り返しの電車がないので、無賃送還もできません。

この場合は、乗り過ごした駅までの運賃を乗り越し精算し、折り返しの始発列車まで待つことになります。

 

そのため、最終電車に乗る際は乗り過ごすことのないよう十分注意してください。

 

まとめ:すぐに駅員に申し出るのが望ましい

このように万が一間違えて乗り過ごしてしまった場合には、すぐに降車した駅の駅係員、または車掌に誤乗車したことを伝えましょう。

誤乗の判断は駅員の裁量となっているため、落ち着いて事情を説明すれば、基本的にそのまま戻れるケースが殆どです。

 

正直なところ、黙ってそのまま戻る方がリスクが大きいので、恥ずかしがらずに駅員に事情を説明することをオススメします。

以上、参考になれば幸いです。

 

鉄道マナー 関連記事

【電車の基本マナー】車内トラブルを回避する5つの予防法

【電車内で飲食するのはマナー違反?】状況次第では問題ない?

【指定席は余分に取れない?】隣を開けるためでも実はダメ

【基本は足元】新幹線に大型スーツケースを持ち込む際の対処法

【電車で化粧はマナー違反?】その理由と対処法を考える