電車は公共交通機関であり、不特定多数の人が利用している以上、ある程度のマナーは求めらます。

そんな車内マナーの中でもよく議論を呼んでいるのは「電車内での化粧」です。

 

筆者である私は男性なので何とも言えませんが、恐らく忙しい女性にとっては移動時間での化粧が合理的と考えている人もいることでしょう。

今回は、電車内での化粧がなぜ問題となるのか、そんな電車マナーについて考えていこうと思います。

電車内での化粧はアリかナシか

他人に迷惑をかけなければOK?

電車のマナーには厳格な決まりが定められていないため、現状では利用者のモラル次第となっています。

私個人の意見としては、他の乗客の迷惑にならなければ多少の化粧は別に構わないかと思います。

 

時間がなくて十分に化粧をすることができなかったり、移動時間を有効に活用したいという人もいるでしょう。

また、やむを得ない理由で車内で化粧をせざるを得ない人もいるかもしれません。

つけまつげや口紅などであれば周囲に迷惑をかけることは少ないので、個人的にその程度の化粧なら問題ないと思っています。

 

ただし、香水を使用したり、強いにおいを発するような物、周りに飛び散る恐れのあるパウダー等を使うのはやめて欲しいところです。

電車は不特定多数の人が利用している以上、そのような化粧品を使用することが原因で乗客同士の車内トラブルに繋がる可能があります。

 

また、列車内は常に揺れ動いているため、万が一化粧品を落としてしまった場合、他人の服や靴を汚してしまう危険もあります。

特に、通勤時間帯は混雑が激しく他者との距離が近くなるので、やむを得ない時を除いて化粧は避けて欲しいところです。

 

鉄道会社によって対応が異なる

電車マナーは基本的に鉄道会社によってその定義・程度が異なるために、一概に化粧を行っても良いとは言えません。

例えば、東京メトロでは以前、マナー広告の1つに「車内の化粧」を表したポスターが掲示され話題を呼びました。

また、私が良く利用する東急電鉄でも同様のポスターが掲示されていた時期がありました。

 

しかし、車内マナーは違反したとしても特に罰則などがあるわけではないため、最終的には利用者のモラルに委ねられているのが現状です。

どんなにマナー広告を掲示しても違反する人はいるため、結局は利用者一人一人の意識が変わらない限り改善はできません。

 

ただ、鉄道会社がそのような注意喚起を行っているのであれば、利用者はそのルールに従うべきだと思いますね。

 

一番は家で化粧を済ませること

いくら車内での化粧がアリといっても、本来であれば化粧は、家やトイレ、化粧室などで済ませておくべきことです。

人によっては車内の化粧自体に嫌悪感を抱くこともありますし、何よりも目立つため、みっともないと思われても仕方がありません。

 

電車内の化粧を不快に思う人が少なからずいるということを忘れないでほしいです。

トラブルを避けるのであれば、電車内での化粧は避けた方が良いかと思いますね。

 

まとめ:化粧をするなら周囲への配慮を

個人的に、つけまつげや口紅ぐらいなら特に問題ないかと思いますが、

  • マニキュアや香水など香りの強い化粧品
  • パウダー製品など周囲に迷惑を被る可能性のあるもの
  • 中身がこぼれる可能性のある液体物

といった他者に実害を与える可能性のある物は避けて欲しいところです。

最悪、乗客同士の車内トラブルに発展する可能性があるので、そのような周囲の迷惑となりうる化粧品は車内で使用しないでください。

 

規則上、車内での化粧が禁止されている訳ではありませんが、やはり何事にも限度というものがあります。

車内で化粧をしなくてはいけない状況であっても、周囲の状況を十分配慮した上で行うようにしましょう。

 

電車マナー関連記事:電車内での飲食はアリ?それともナシ?