近年、日本でも話題になりつつある「e-sports(エレクトロニック・スポーツ)」

私自身、ゲームは昔から大好きだったのでeスポーツについても強い関心を持ちますが、現状の日本においてはまだまだeスポーツは発展途上にあると言えます。

ゲームの文化そのものは大きく発展を遂げた日本ですが、なぜeスポーツは未だに普及していないのでしょうか?

今回は、そんな日本でeスポーツの普及が遅れている理由について、ありったけ書いていこうと思います。

日本がeスポーツで遅れている理由

高額賞金が出せない

日本のeスポーツの発展を妨げている最も大きな原因は、大会で高額な賞金を出すことができないことにあります。

日本の賞金額は、景品表示法によって上限が10万円と定められており、海外のように高額な賞金をかけた大会を開くことができません。

賞金額が低ければ賞金目当ての競争がおこらず、大会としても魅力に欠けてしまいます。

 

ゲームだけでは生活していけない

日本の賞金額はあまりにも低いので、例え数々の大会で優勝したとしても、ゲームで生活していけるだけのお金は稼げません。

企業のスポンサードを受けられれば安定した収入を得ることができますが、ゲームだけで生活していける人はごく一部の人に限られています。

収入が得られなければ生活していけないために、現在の日本に専業のプロゲーマーはとても少なく、副業のプロゲーマーが大多数です。

専業のプロゲーマーを目指そうとしても、現状では自力で生活していけるだけの基盤を築けないため、人生設計においてもリスクの大きい選択となります。

 

実力を上げるのが困難

大会で優勝するためには並みならぬ練習が必要になりますが、日本の場合は副業でやっているプロゲーマーが大半なので、ゲームの練習に当てられる時間も限られます。

兼業プロゲーマーは本業の仕事もあるので、時間的にも体力的にも継続してゲームを練習することはとても困難です。

しかし、海外の選手はそれこそ「プロの選手」なので、全てをゲームの練習に当てることができ、選手を育成する環境も十分に整っています。

 

ゲームを練習する絶対的な時間や、プロ選手を育成する環境が日本と海外では根底の差なので、世界レベルの戦いに通用するほどの実力を得られないのです。

ゲームジャンルのミスマッチ

eスポーツで扱われるゲームジャンルは主に

  • FPS(ファーストパーソンシューティング)
  • MOBA(マルチプレイオンラインバトルアリーナ)
  • 格闘ゲーム
  • スポーツゲーム
  • レーシングゲーム

など、競技性の強い「対戦型」のゲームジャンルが多数を占めています。

 

しかし、日本人は「協調」を重視する傾向にあり、日本人が好むゲームジャンルも昔から「RPG」や「アクション」「シミュレーション」といったジャンルが上位を占めていました。

これも日本と海外の大きな違いであり、協調を重んじる日本人特有の性質がゲームジャンルにも現れていると言えます。

 

ゲームに対する世間のイメージ

eスポーツが認知され始めてきた今の時代でも、日本においては「所詮ゲームは遊び」というイメージが根強く残っています。

特に、テレビや新聞といったメディアは昔から「ゲーム=悪い」というイメージを植え付け、ゲーム叩きやゲームオタクを批判することは多々ありました。

 

もともと新しいことに保守的な日本人ですが、eスポーツに関してはそれが顕著に表れていると思います。

昔からの「ゲーム=遊び」というイメージがある以上、eスポーツが普及が進まないのは当然の結果とも言えます。

今でこそ多少は変わってきましたが、長年ゲームに対するマイナスイメージが根強く浸透してしまった以上、そう簡単に価値観を変えることはできません。

こればかりはeスポーツに関わるゲーム業界の努力次第と言えますね。

 

まとめ:課題も多いが少しずつ変化していくかも

このように日本のeスポーツが遅れている理由についてざっと書いていきましたが、この現状を見ているとまだまだeスポーツの普及には時間がかかりそうです。

特に、プロゲーマーが職業として不安定なことと、ゲームに対する世間のイメージは大きな課題だと思います。

ただ、そんな厳しい状況でも、日本人で実力のある選手は数多く登場しているので、あと4~5年もすればeスポーツに対する価値観も変わってくるかもしれませんね。