新幹線や飛行機といった速達性に優れた交通機関が普及する中、今でも活躍を続けている「フェリー」

フェリーでの移動は非常に時間がかかるため、一見すると不便な乗り物のようにも見えます。

しかし、フェリーには他の交通機関にはない大きなメリットがあり、決して不便な乗り物ではありません。

今回は、そんなフェリー移動のメリット・デメリットについて解説していきます。

フェリーのメリット・特徴

効率良く移動できる

フェリーの移動速度は他の交通機関と比べて圧倒的に鈍足ですが、その遅さを活かすために多くのフェリーは夜行便となっています。

寝ている間に移動できるという点では夜行バスと同じですが、フェリーでの移動は夜行バスにはないメリットもあります。(後述)

 

運賃が安い

フェリーの片道運賃は、新幹線や飛行機よりも安く、最も安いツーリストタイプの客室なら夜行バスに匹敵する程の格安料金で移動することができます。

割引制度も豊富で、予めインターネットで予約をしておくだけでも割引を受けられるフェリーもあります。

個室を利用すると追加料金が発生しますが、それでも新幹線や飛行機の通常料金より安いケースが殆どです。

また、夜行便の場合はホテルの宿泊費を浮かせることができるため、総合的に見るとかなり経済的な移動手段と言えます。

さらに、フェリーの運賃は飛行機や夜行バスと違って、季節・曜日による価格変動が小さいこともメリットと言えます。

 

横になって寝れる

意外と忘れがちですが、フェリーは横になって寝ることができるというのも大きなメリットです。

最も安いツーリストタイプでも大広間で雑魚寝ができることが殆どなので、疲れている時でも横になって休むことができます。

また、船内は広く、常に寝ていなくてはいけないという訳でもないので、移動中も自由に過ごすことができます。

 

一方、同じ夜行便である夜行バスは、道路交通法でシートベルトの着用が義務付けられており、常に座席に座っていないといけません。

長時間同じ姿勢は窮屈ですし、どんなに良い座席でも完全フルフラットにはならないので、横になって休むことができません。

その点でフェリーは快適性の高い乗り物と言えます。

 

自動車と共に移動できる

これもフェリーにしかできない大きな特徴です。

自分が車を運転しなくても長距離を移動できるため、車での移動範囲も大きく広がります。

 

フェリーのデメリット・難点

移動時間が長い

フェリーのメリットでもある移動時間の長さですが、これはデメリットにもなり得ます。

多くの路線で片道10時間以上は乗船することになるため、いくら夜行便でも退屈してしまうこともあるでしょう。

 

船酔いのリスク

船での移動に船酔いは付き物ですが、フェリーは乗船時間が長いこともあって特に酔いやすい乗り物です。

高速船なら短時間の乗船なので我慢できますが、フェリーの場合は一旦乗船すると下船まで何時間もかかります。

また、天候によっては波が強く、揺れが激しくなることもあるため、乗船の度に快適性が変わります。

船酔いはフェリー移動の最も大きなデメリットと言えるでしょう。

 

運行航路が少ない

フェリーは他の交通機関と比較しても圧倒的に航路が少なく、利用できる区間は一部に限られています。

2017年現在、長距離フェリーの数は全国に14航路しかありません。

参考:フェリー全国路線図

利用したい場所に必ずしもフェリー路線が通っているとは限らないこともデメリットと言えます。

 

まとめ:路線は少ないが利用価値は高い

フェリーは他の交通機関と比べて速達性では劣りますが、フェリー独自の強みもあり、地味に見えて意外と馬鹿にできない乗り物です。

移動に時間がかかったり、船酔いのリスクもありますが、それさえ克服できれば非常に便利かつ経済的な移動手段となります。

場合によっては、有力な移動手段と成り得る交通機関なので、ぜひフェリーも移動手段の1つとして検討することをオススメします。