普通列車のグリーン車は特別料金が必要ですが、座席が指定されている訳ではないので「グリーン車に乗るためにグリーン券を購入したけど満席で座れなかった!」という事態もあります。

せっかく、グリーン料金を支払ったのに座れなかったら意味ないですよね。

 

ただ、そのような満席で座れなかった場合にはグリーン券を払い戻すことができます。

今回は、グリーン車に乗ったけれども満席で座れず、グリーン券を払い戻す際に必要な手続きについて解説していきます。

グリーン券の払い戻しに必要な手続きとその手順

「不使用証」を受け取る

gurinsyaharaimodosi

グリーン車が満席で座れない場合には、グリーンアテンダントの人を尋ねて「不使用証」というグリーン券を使っていないことを証明するための手続きを行う必要があります。

混雑でアテンダントから不使用証をもらうことができない場合には、当日に降車駅で駅係員に申し出ましょう。

 

特に、朝のラッシュ時などはグリーン車でも満員の状態となるので、グリーンアテンダントに申し出ることが困難なことはよくあります。

アテンダントや駅員に「グリーン車が満席で座れなかったので不使用証が欲しい」と伝えれば大丈夫です。

 

また、グリーン車はデッキや通路に立っていても発生するので、乗車した後に満席だと分かった場合には早めにグリーンアテンダントに申し出て「不使用証」を受け取りましょう。

不使用証を受け取ったら、次の駅または車内を通り抜けて普通車へ移動します。

 

EPSON DSC picture

そして、グリーン券の払い戻しはグリーン車の中では行わず、みどりの窓口での払い戻しとなります。

グリーン券の有効期限は当日限りなので、払い戻しを行う場合はその日の内に行う必要があります。

 

もし払い戻す際に、すでに緑の窓口の営業時間外となってしまった場合には、お近くの駅係員に尋ねてみましょう。

 

払い戻しの注意点

グリーン券の払い戻しはみどりの窓口で行われますが、基本的に「買ったけど使わなかった」というグリーン券の払い戻しには220円の払い戻し手数料が発生します。

 

ただし、満席でグリーン車に座ることができず、不使用証を受け取った場合には手数料なしで払い戻すことができます。

そのため、満席で座れなかった時は「不使用証」を受け取ることを忘れないようにしたいです。

 

また、グリーン券の払い戻しは有効期間内(当日)に行う必要があるため、満席で使用しなかった場合はその日のうちに払い戻すようにしましょう。

次の日になってから払い戻すことはできないので注意が必要です。

 

まとめ:不使用のグリーン券は払い戻し可能!

このようにグリーン車に乗っても満席で座れなかった場合、「不使用証」を受け取ることでグリーン券を払い戻すことができます。

手続きに必要な流れとしては

  1. アテンダントから「不使用証」を受け取る
  2. 不使用証を受け取れなかった場合は降車駅の駅員に申し出る
  3. 払い戻しはみどりの窓口にて行う
  4. 払い戻しの有効期限は当日のみ

といった感じになります。

 

やや面倒ですが手数料なしで払い戻すことができるので、もしグリーン車に乗っても満席であった場合には不使用証を受け取った後、みどりの窓口にてグリーン券を払い戻しましょう。

以上、参考になれば幸いです。

 

グリーン車/関連記事

グリーン車の客層はどういう人?必ずしも金持ちとは限らない

【賛否両論】子供のグリーン車利用がなぜ嫌われるのか考えてみた

グリーン車に初めて乗る人必見!グリーン車の乗り方を徹底解説!

グリーン車に乗るメリットはこれ!快適さ以外にもメリットが!

【時短効果ナシ】グリーン車に乗るデメリットとは?