在来線の普通列車には一部グリーン車が連結している車両があり、グリーン料金を支払うことで通常よりも快適な列車で目的地へ移動できます。

ただ、グリーン車に乗るには乗車券とは別にグリーン券が必要になるため、初めてグリーン車に乗る人にとってはその仕組みがイマイチよく分からないかと思います。

 

今回は、そのグリーン車に乗るために必要な手順やグリーン車に乗る際の注意点について分かりやすく解説していきます。

グリーン車に乗る方法はこう!

グリーン券を購入する

gurinkenkenbaiki (1)

グリーン車に乗るためには、乗車券とは別にグリーン券を購入する必要があります。

グリーン券を購入するには、切符売り場の券売機か緑の窓口、またはホームのグリーン車が停車するところにあるグリーン券販売機で購入します。

 

ホームにある券売機はこのような機械です。

グリーン券には普通の切符のような磁気グリーン券とSuicaグリーン券の2つがあります。

駅のホームで購入できるのはSuicaグリーン券のみです。

 

グリーン券は基本的にグリーン車に乗る前に購入しておきます。

グリーン車に乗ってからグリーン券を購入すると、乗車前に購入するのと比べて260円割高となってしまうため、グリーン券は必ず乗車前に購入しておきましょう。

 

グリーン料金は以下の通りです。

曜日平日土日祝日
(ホリデー料金)
50キロまで770円570円
50キロ以上980円780円

土日休日はホリデー料金となり、平日よりも200円安くなります。

 

グリーン券を購入する際に行き先が表示されるので、自分が行く目的地を選択してグリーン券を購入しましょう。

また、グリーン券の有効期限は当日1回限りなので、グリーン車に乗る場合は当日グリーン券を購入する必要があります。

 

グリーン車に乗って検札を受ける

グリーン券を購入したら、グリーン車に乗ります。

グリーン車の車両がホームのどの位置に来るかは車両の編成数によっても異なるので、駅の案内放送や電光掲示板等を参考にして並びましょう。

 

gurinsyasuika

グリーン車に乗ると各座席の天井部分に赤のランプが点灯している座席を探しましょう。

緑色のランプが光っているところは他の人が使用しているので、赤のランプが点灯している座席に座ります。

 

Suicaグリーン券場合は、グリーン券を購入したSuicaをその部分にタッチすることでランプが緑色になります。

Suicaグリーン券の場合にはそれで検札は完了です。

 

通常の磁気グリーン券(紙の切符)を購入した場合には、グリーンアテンダントさんが検札に回って来るのでその時に磁気グリーン券を見せましょう。

ちなみに、グリーン車は1階席、2階席、平屋席の3つに分かれており、それぞれ快適性や特徴が異なります。

 

1階席(下の階の座席)

1階席は低い位置にあるために日差しが差し込むことが少なく、車内は若干暗い感じです。

そのためか、座席の上部には読書灯が付いています。

 

車高が低いので外の景色を見ても遠くまで見ることはできませんが、地面に近い分、スピード感もあるのでその辺が好きな方はベストな位置です。

乗り心地としては2階席と大差はありませんが、車体の低い位置にあるため走行中の騒音が若干気になります。

 

2階席

2階席は車両の車輪と連結部分から最も遠くに位置するため、走行中の騒音は他の2つの座席と比べて小さいのが特徴です。

2階席なので景色が良く見えるのも魅力的であり、個人的にグリーン車に初めて乗るのであれば2階席に座ることをオススメします。

 

なお、その快適さからかグリーン車の中では比較的座席が埋まりやすい感じなので、2階席に座るのであれば早めに並んでおくと良いでしょう。

 

平屋席

平屋はグリーン車前後の連結部分に最も近いところに位置するため、1階席や2階席と比べて走行中の騒音がうるさいです。

個人的にはあまりオススメできませんが、平屋席は階段を上り下りする必要がなく、グリーン車の中では唯一網棚もついているのが特徴です。

 

そのため、大きな荷物を持っている人、手荷物の多い人にオススメの座席と言えます。

もし旅行などで手荷物が多いようであれば、平屋席を利用しましょう。

 

目的地に到着したら降りる

グリーン車を降りる時には特に手続きはありません。

荷物を忘れないよう気を付けて電車から降りれば問題ないです。

 

ただ、間違えてグリーン車に乗っている時に乗り過ごしてしまうと、その分のグリーン料金を請求されることがあるので、グリーン車に乗る際は乗り過ごさないように十分注意しましょう。

 

満席でグリーン車に座れなかった場合

首都圏のグリーン車は時間帯によっては利用者が多く、座れないことが多々あります。

座れなかった場合には、アテンダントさんから不使用証を貰い、最寄りの駅窓口にて払い戻しを行います。

 

不使用証を受け取っていれば、基本的に手数料なしで払い戻しができるので、満席で座れなかった時は忘れずに不使用証を受け取りましょう。

詳細は「【グリーン券を払い戻したい】満席で座れなかった時の対処法を参考にして頂ければと思います。

 

まとめ:グリーン券の買い方を間違えなければ問題なし!

このようにグリーン車に乗るのであれば、グリーン券を購入する際に行き先を間違えなければ基本的には問題ありません。

どうしても分からないことや不安なことがあったら、緑の窓口の駅員さんかグリーンアテンダントに尋ねてみましょう。

 

グリーン車は普通車と比べても断然快適なので、電車で遠くに出かける際や通勤・通学の時にぜひとも有効活用させることをオススメします。

以上、参考になれば幸いです。

 

グリーン車/関連記事

【グリーン券を払い戻したい】満席で座れなかった時の対処法

グリーン車に乗るメリットはこれ!快適さ以外にもメリットがある?

グリーン車の客層はどういう人?必ずしも金持ちとは限らない?

【賛否両論】子供のグリーン車利用がなぜ嫌われるのか考えてみた

【JR九州】グリーン車個室の魅力はこれ!一人でも利用可能