「グリーン車」と言われたら、あなたはどのようなイメージを抱くでしょうか?

恐らく「静かで落ち着いた空間」「ゆっくり休みたい人が乗る」「贅沢」と考える方は多いかと思います。

そんなグリーン車でも、何かと議論を呼んでいるのは「子供のグリーン車利用」です。

グリーン車は子供も乗車できます。

しかし、子供のグリーン車利用は賛否両論といった感じであり、人によっても考え方は様々です。

今回は、そんな子供のグリーン車利用について、鉄道好きの私自身の考えを少し書いていこうかと思います。

子供のグリーン車利用はなぜ嫌われるのか

グリーン車は贅沢だから?

グリーン車を利用するためには、通常よりも高い料金を支払う必要があり、その料金は決して安いものではありません。

在来線普通列車のグリーン車は1000円前後、新幹線や特急列車のグリーン車になると2000円~5000円ほどの追加料金が必要になります。

「高い料金を払っているから、それ相応の空間が欲しい」と思う気持ちは分からなくはないです。

 

一方、未就学の子どもがグリーン車を利用する場合、基本的にグリーン料金はかかりません。(混雑時は大人のひざの上に座る)

子供は実質タダでグリーン車を利用できるので、「子供がグリーン車を利用するのは贅沢だ」と捉えられてしまうのも無理はないでしょう。

ただ、普通席が混雑していて乗れないから、やむを得ずにグリーン車を利用するという人もいます。

いくらなんでも「子供には贅沢だからグリーン車を使うな」と言うには無理があるかと思いますね。

 

グリーン車は静かにするところだから?

批判的な意見としてもう一つ多いのは、「子供はうるさいから不快」という意見です。

確かに、子供が長時間座席でじっとしているのは困難であり、長時間乗車に耐えられず、途中で泣きわめいてしまうこともあるでしょう。

ただ、大人でも車内マナーの悪い大人は普通にいます。

個人的に、子供よりも、周りを気にせず電話を掛ける人やものすごく酒臭い人、大声でしゃべり続ける大人の方がよっぽど不快に思えます。

また、全ての子供がうるさい訳ではなく、ちゃんと親が注意して静かにしてくれる素直な子供がいるのも事実です。

実際に、列車内で子供をあやすのに苦労している親御さんも見てきました。

「子供はうるさいからグリーン車に乗せるな」という意見はさすがに言い過ぎだと思いますね。

 

そもそもグリーン券というのは、あくまでも座席の指定券を買っているに過ぎず、車内の静粛性を保証するものではありません。

個人的に、そこを割り切って考えられないのであれば、グリーン車に乗らない方が良いかと思います。

 

私個人の体験談・意見

私自身、のんびりとした鉄道旅行が好きなので、グリーン車を利用する機会は多いです。

今までグリーン車で子供に遭遇したことは多々ありましたが、1回だけグリーン車が凄く騒がしかった時があります。

確か、1月上旬の休日で、越後湯沢から東京の上越新幹線だったと思います。

ちょうどスキーシーズンの時期で、帰りの新幹線はほぼ満席状態でした

グリーン車にも家族連れで満席状態であり、その時は確かに騒がしかったです。

ただ、この時は特に何とも思いませんでしたね。

シーズンや乗車時間帯からも、列車が混雑することは事前に想像できていたので「車内は騒がしいだろう」と腹をくくっていました。

 

私は、例え子供であっても、グリーン車を利用するのは構わないと思っています。

ただ、もしもあなたが「絶対に静かなグリーン車じゃなきゃ嫌だと」と考えているのなら、

  • 車掌さんに座席を変えてもらうよう尋ねる
  • 耳栓やイヤホンを付ける
  • そもそも混雑時にグリーン車を利用しない

といった対策をした方が良いです。

ちなみに、私の場合、予め混雑が予想される列車を利用する際は、基本的にグリーン車には乗りません。

 

私は「グリーン車は空いている時に利用してこそ、真価を発揮するもの」と考えているので、乗車する時期や時間帯は必ずチェックします。

今まで数々のグリーン車を利用してきましたが、グリーン車が混雑するのは大抵、

  • 土休日の列車(特に在来線の普通列車)
  • GWやお盆、夏休みや冬休みといった長期休暇の期間
  • えきねっとトクだ値があるグリーン車

の3つのどれかといった感じです。

通勤時間帯も混雑しますが、利用客の大半はサラリーマンなので車内は静かです。

学校が休みになる土日祝日、長期休暇期間はグリーン車に子供が利用する可能性は高くなります。

また、えきねっとトクだ値がグリーン車にも設定されている場合、そのトクだ値の対象列車は全体的に混雑します。

絶対に静かなグリーン車に乗りたいというのであれば、「グリーン車が混雑する時を避ける」という対策はやっておくべきだと思いますね。

 

まとめ:結局は乗車マナーの問題で大人子供は関係ない

大人子供に限らず、グリーン車でも迷惑な人は普通にいるので、個人的に子供に限った話ではないかと思います。

結局のところ、利用者のマナー次第といった感じなので、子供であっても他人に迷惑をかけなければそれで良いのではないでしょうか。

グリーン券は車内の静粛性を保証している訳ではないので、そこは割り切って考えるしかないです。

どうしても静かなグリーン車でないと嫌だと思う方は、グリーン車を利用するタイミングを考えた方が良いかと思います。

個人的に、土日祝日と長期休暇中は子供も多い印象なので、子供が嫌なら自ら避ける努力をしてみてはどうでしょうか。

 

また余談ですが、こんなに批判やトラブルが多いのなら「鉄道会社も一度、子供専用車を作ればいいのでは?」とも思いますね。笑

長期休暇やお盆、年末年始の時だけでも試しに作ってみるとか・・・。

新幹線なら1~2両ぐらい割り当てられそうな気もしますけどね。笑

以上、ぐだぐだな文章になってしまいましたが、思ったことをかけたので満足です。