追加料金を支払うことで乗車できる「グリーン車」

一般的にグリーン車というと、「グリーン車はお金持ちが乗るもの」「ただの贅沢」といったイメージが強いですよね。

 

確かに追加料金がかかる分出費は増えてしまいますが、目的をもって利用すればその費用に見合った価値が得られることも確かです。

 

また、グリーン車といっても、普通列車のグリーン車と、特急列車や新幹線のグリーン車とではいろんな意味で別物であるため、それぞれメリットも異なります。

今回は、そのグリーン車のメリットについて解説していきます。

グリーン車のメリット(普通列車のグリーン)

普通列車のグリーン車のメリットは

  • ラッシュ時でも座席に座ることができる(通勤通学の時間を有意義に使える)
  • 快適に目的地まで移動できる
  • グリーン車としては安い(土日はホリデー料金でさらに安い)

の3つです。

 

普通列車のグリーン車は、旅行客以外にも朝夕は通勤通学で使われることから、快適性よりも「座席に座れること」の方が大きなメリットとなっています。

特に、朝のラッシュ時間帯は大抵どの車両も混雑しており、座席に座ることは困難です。

 

そこで、グリーン車を利用すれば目的地まで座って行くことができます。座席の幅にも余裕があるので乗っていて疲れません。

また、座席スペースに余裕があるため、目的地に着くまでパソコンでメールや資料の確認、新聞を読むといったちょっとした作業もできます。

 

つまり、通勤通学の時間を有意義に使えるということです。

 

もちろん、長距離を移動する際にグリーン車を利用すれば、疲れることなく目的地へ移動できることもメリットと言えます。

また、特急列車や新幹線のグリーン車に比べて快適性は劣る分、グリーン料金が安いことも特徴です。

 

快適性が劣るといっても特急列車の普通席ぐらいの快適さはありますし、値段も1回1000円かからないことが殆どです。

個人的に、普通列車のグリーン車は「通勤通学の時間を有意義に使いたい!」という人なら利用する価値は大いにあるかと思います。

 

一方、デメリットとしては

  • 必ずしも座れるとは限らない
  • コンセントは付いてない

ことの2つです。

普通列車のグリーン車は座席指定ではないため、必ずしも座れるとは限りません。

 

特に、ラッシュ時間帯は、グリーン車でも満席というケースは多々あるので注意しましょう。

関連:【払い戻しは可能】グリーン車が満席で座れなかった時の対処法

 

グリーン車のメリット(特急列車/新幹線)

特急列車や新幹線のグリーン車のメリットは

  • 利用者が少ない/座席が少ない分、快適性が非常に高い
  • 座席や内装が豪華
  • 座席指定なので必ず座れる
  • コンセントが付いている
  • 満席になることが少ない

の5つがあります。

 

一方の、デメリットに関しては

  • 利用料金が高め
  • 列車によって設備のクオリティが異なる

の2つです。

 

在来線特急列車や新幹線のグリーン車は、乗客数が少ない分、車内が静かで座席(シート)にゆとりがあるということが一番のメリットと言えます。

座席の座り心地も良く、座席前後のシートピッチ(ゆとり)も普通車に比べて広いので快適性は抜群です!

 

コンセントに関しても、新幹線の普通席では窓側の座席にしか付いていませんが、グリーン車であれば1つの座席に対して必ずコンセントが1つ付いています。

特急列車の場合、古い車両だとコンセントが付いていないこともありますが、比較的近年に登場した特急車両であれば新幹線と同様にコンセントが付いてます。

 

特急列車/新幹線のグリーン車料金は自由席・指定席に比べてかなり割高ですが、その分快適性に優れるため、目的地までゆっくり休むことができます。

また、料金が高い分、混雑時でも空席が残っていることが多々あります。

 

「移動時間を快適にかつゆっくり休みたい」「指定席が満席でも確実に座りたい」という人ならグリーン車をする価値は大いにあるかと思います。

 

そして、一部特急列車のグリーン車は内装が一風変わっていたり、グリーン車部分が前面展望の見えるパノラマ先頭車になっていることもあります。

中には、個室が設けられている列車もあり、お子様連れや複数人で一緒に乗ることを想定したグリーン車もあります。

 

「列車での旅行を楽しむ」という場合でもグリーン車を利用する価値は大いにあるかと思いますね。

 

個性的なグリーン車の一例

新潟~秋田間、特急いなほ:2列+1列シート、座席前後に仕切り

 

出雲市~岡山間、特急やくも:2列+1列シート、先頭グリーン車がパノラマ仕様

 

長野~名古屋間、特急ワイドビューしなの:先頭グリーン車がパノラマ仕様

という風に、列車ごとに個性のある車両が使われることが多いです。

 

特急列車の場合、車両によってグリーン車の快適さや設備にかなり差があるため、コスパや快適性が気になる人は事前に調べておくことをオススメします。

 

ちなみに、鉄道好きの私のとっては「特急いなほ」のグリーン車が一番好きです。

詳細は「【オススメは3列シート】乗りトクなグリーン車はこれ!」を参考にして頂ければと思います。

 

まとめ:快適以外にもメリットはある!

グリーン車に乗るメリットについてまとめると

普通列車のグリーン車は

  • 通勤通学の移動時間を有意義に使えること

 

特急列車や新幹線のグリーン車は

  • 目的地まで快適に移動でき、なおかつ移動時間を有意義に使えること
  • 疲れが取れる/疲れずらい
  • 最後まで空席のことが多い
  • 列車の旅そのものを満喫できる

となります。

 

特に、移動時間を有意義に使えるという点は快適性に次ぐ、グリーン車のもう1つの大きなメリットと言えます!

グリーン車の利用料金が高いか安いかは個人の主観次第なので一概には言えませんが、移動時間を有効活用させたい人はぜひ一度グリーン車に乗ってみることをオススメしますね!

 

関連:【本当に乗る価値ある?】グリーン車のデメリットはこの3つ!

※グリーン車のデメリットについても紹介しております。

 

グリーン車/関連記事

【グリーン券を払い戻したい】満席で座れなかった時の対処法

グリーン車の客層はどういう人?必ずしも金持ちとは限らない?

【賛否両論】子供のグリーン車利用がなぜ嫌われるのか考えてみた

【JR九州】グリーン車個室の魅力はこれ!一人でも利用可能

グリーン車に初めて乗る人必見!グリーン車の乗り方を徹底解説!