旅行計画を立てる際に重要になってくる旅行日程の選定。

特に、何曜日に旅行に行くのか、その曜日の設定で旅費が大きく変化します。

一人旅の場合は、自分の都合次第で気軽に旅行できるため、平日旅行も比較的やりやすいという特徴があります。

今回は、そんな平日旅行のメリット・デメリットについて解説していきます。

平日旅行のメリット

旅費を抑えやすく格安で旅行に行ける

平日旅行の最も大きなメリットは、土日祝日の旅行に比べて旅費が安くなることです。

金曜日以外の平日は、一般的にホテルの宿泊料金や航空券の料金、ツアーの料金も安く設定されています。

 

特に、ジェットスターやハッピーピーチといったLCCの航空券で顕著であり、金曜及び土日祝日の料金と平日の料金では2倍以上の差があります。

また、平日には平日限定の割引サービスやクーポンがあることも多く、宿泊費や交通費といった旅費の大部分を占める費用を大きく抑えられます。

ただ、休前日の金曜日は料金が高いので、平日旅行をするなら月曜から木曜までの間で日程を組むのが理想と言えます。

 

観光地が空いている

平日の旅行は、土日祝日に比べて観光客も少なく、観光地は全体的に空いています。

メジャーな観光スポットは平日でも外国人観光客等で混雑している時もありますが、それでも土日祝日に比べたら随分と空いています。

混雑に巻き込まれることが少ないので観光地を自由にめぐりやすく、ストレスフリーな旅行を楽しむことができます。

 

ATMの手数料が安い

旅行は、お土産や食事代などで何かと出費が増えやすい時です。

旅行中に追加でお金を下す必要が出てくる時もあるでしょう。

平日旅行の場合には、ATMの手数料が土日祝日に比べて安いので、万が一お金を下ろす時にも手数料が安く済みます。

地味な点ですが、平日ならではのメリットと言えます。

 

平日旅行のデメリット

家族や友達グループなど複数人での旅行が難しい

平日旅行は、安価でなおかつ観光スポットが混雑することも少ないということから、旅行としては最も合理的な形態です。

本人の都合次第で可能な一人旅なら平日旅行はやりやすいですが、これが複数人での旅行となると話は別です。

旅行者が社会人の場合、全員が平日に休みを取ることは現実的にかなり難しいため、それぞれの都合を合わせることは困難です。

また、子供がいる家族にとっても、平日には子供は学校に行かなくてはならないので、家族全員での旅行はなかなか難しいことでしょう。

平日旅行は、理想的な旅行ではあるものの、現実的に複数人での平日旅行は難しいのが最も大きなデメリットと言えますね。

 

イベントやお祭りなどが少ない

もう一つ大きなデメリットとしては、平日で旅行をするとイベントやお祭りを楽しむことできないというデメリットがあります。

大規模な催し物やイベントは日程が限定的で、なおかつ土日祝日に行われることが殆どです。

そのため、平日旅行の場合には、イベントや催し物を楽しめる機会が少なくなります。

イベントや催し物に興味がない人ならデメリットではありませんが、イベント目的の方の場合、開催日程の関係上、平日旅行はできなくなります。

 

平日が休館日・休みのところもある

テーマパークや美術館といった施設の一部は、平日に休みを設定しているところもあります。

事前に調べておけば問題ありませんが、観光スポットの各施設は土日祝日よりも平日が休みということは割と多いです。

また、毎週ではないにしても、「第3週の月曜は休み」というように休みを設定しているところもあります。

平日旅行の場合でも、観光スポット・施設の休館日等にも十分に注意した上で、旅行プランを考えるようにしましょう。

 

朝や夕方は公共交通機関が混雑

平日旅行の意外な落とし穴としては、公共交通機関の朝夕ラッシュに巻き込まれやすいことです。

平日の朝夕の時間帯には公共交通機関の混雑が集中するので、大きいキャリーバッグや鞄を持っている時にラッシュに巻き込まれるとかなり辛いです。

特に、東京、名古屋、大阪、福岡といった大都市圏の観光時には、公共交通機関の利用する時間帯には注意しましょう。

 

まとめ:日程が合うなら平日旅行はオススメ!

平日はまとまった休みが取りづらいので、平日旅行する機会を作るのが難しいというデメリットはありますが、その分メリットも非常に大きいです。

特に、ホテルの宿泊費や航空券等の交通費が安く済むのは、平日旅行ならではの大きなメリットと言えます!

個人的には、旅行日程を自由に組みやすく、気軽に旅行に行きやすい一人旅と、最も相性が良いかと思います!

観光地も空いているため、混雑を避けてゆっくりと観光したい人は、上手く予定を調整して平日旅行を楽しむことをオススメします!