飛行機に搭乗する前にお土産として果物や野菜などを購入していた場合、どうやって持って帰ったら良いか悩むことはありませんか?

かくいう私も、北海道へ行った際にお土産として夕張メロンを買いましたが、本当にメロンを飛行機に持ち込めるのか心配でした。

今回は、そんな飛行機に生鮮食品を持ち込む際の注意点について解説していきます。

飛行機内に生鮮食品を持ち込む際の注意点

国内線であれば大半は持ち込める

国内線の飛行機の場合、手荷物制限の範囲以内であれば大半の生鮮食品は持ち込めます。

生鮮食品は受託手荷物として預けてしまうと潰れる危険があるので、基本的に手荷物として機内に持ち込むことになります。

 

ただし、海産物や漬物類などは水漏れが発生する可能性があるので、十分な梱包をした上で座席下の足元に置きましょう。

また、強いにおいを発する食料品や潰れやすく周りが汚れてしまう果物などは、そのまま持ち込むと他の乗客の迷惑となるのでこれらも十分に梱包・密閉した状態で持ち込む必要があります。

 

国内線の制限は緩いですが、あくまでも他の乗客に迷惑をかけないことが大前提なので、持ち込み方には注意したいです。

 

国際線は検疫があるので注意

国際線の場合、国をまたいで果物・食料品などを持ち込むと検疫(けんえき)が発生します。

検疫は、国内にない病原菌や寄生虫を外国から持ち込まれることを防ぐためにあり、その国ごとに持ち込み禁止の対象物が定められています。

 

基本的に、肉類、果物、野菜、植物類、卵といったの生ものは、殆どの国で持ち込み・持ち出し禁止です。

水分を含んでいる物はほぼ持ち込み不可能と思った方が良いでしょう。

 

それ以外の乾燥させた物や加工食品に関してはケースバイケースといった感じであり、検疫官の判断でも変わってきます。

また、機内に持ち込みが可能なものでも、渡航先の検疫で引っかかることがあるので注意したいです。

 

実際にメロンとトウモロコシを持ち込んでみた

今回、持ち込んだ生鮮食品は夕張メロン2玉とトウモロコシ3本です。北海道・新千歳から東京・羽田へ持って行きます。

これらはその日の朝市で購入した新鮮なものですが、当日中に持って帰りたかったのでそのまま持って行くことにしました。笑

 

とにかく心配なのが夕張メロンです。衝撃を少しでも軽減するためにメロンの周りにタオルを巻いておきます。

念のため空港係員にも尋ねましたが大丈夫だと言われて安心しました。

また、飛行機に持ち込む前にリュックサックなどの、他の余計な荷物は全て受託手荷物として預けておきました。

 

手提げ袋にメロンとトウモロコシ、そしてもう片方のビニール袋にもメロンという何ともシュールな状態ですが、保安検査場では何事もなかったかのように通れました。

でも少し恥ずかしいです。笑

 

その後は特に何もせず、搭乗時刻になるまで待機していました。下手にウロチョロしてメロンをぶつけたら大変ですからね。笑

ちなみに、今回搭乗した飛行機はスカイマークです。

 

機内に搭乗後、衝撃で潰れないよう足元に置いておきます。

棚の上に乗っけたら他の荷物とぶつかって潰れる可能性があるので、基本的に潰れやすいものは足元に置いておいた方が良いです。

余程、大きなものでなければ足元に置いておけます。

ただ、LCCだとシートピッチが狭いので置くのに苦労するかもしれません。

 

飛行機に乗っている中で一番揺れるのは離着陸の滑走を走る時です。

離陸時は急加速するので足元の荷物が滑らないよう足で抑えておきました。

 

飛行中はそこまで揺れません。

メロンが気圧の変化で爆発しないか心配でしたが、特に問題ありませんでした。笑

 

羽田に到着後、メロンの状態を確認しましたが無事でした。

果物を持ち込んだのは初めてでハラハラしましたが、丁寧に扱っていれば問題ありませんね。

 

まとめ:国内線は気軽に持ち込めるが取扱注意!

このように国内線の飛行機であれば、手荷物制限の範囲内で生鮮食品を持ち込むことができます。

ただし、果物は衝撃に弱いので、しっかりと梱包するか慎重に持ち運び、座席下の足元に置くようにしましょう。周りの乗客の迷惑とならないよう十分注意したいです。

 

持ち込みたいものが本当に機内に持ち込めるかどうか心配な方は、空港係員に聞いておくと安心ですね。

以上、参考になれば幸いです。