格安航空券を除くと、飛行機の予約の際に座席指定を行うのが一般的です。

私自身、一人旅で飛行機は何度も利用してきましたが、飛行機の座席によって快適性が違うのは間違いありません。

飛行機の座席は大きく分けると、窓側・通路側、そして前方・後方で分けられますが、それぞれメリットは違います。

今回は、そんな飛行機の座席の選び方について書いていこうと思います。

飛行機の座席の選び方

窓側の座席

窓側の座席のメリットは、

  • 空の景色を楽しめる
  • 窓に目をやれば隣の視線が気にならない

の2つですね。

窓側は片側が壁になっていることから、比較的プライベートな空間を作れます。

飛行機の座席は隣との間隔も狭いので、少しでもプライベートな空間を確保できるのは窓側の魅力です。

 

また、空の景色を楽しめるのも窓側の大きな特徴と言えますね。

空から眺める景色は普段では見ることができない珍しさがあるので、とりわけ旅行者にとって窓側は人気の座席と言えます。

飛行ルートにもよりますが、日中の時間帯なら広大な空の景色、夜の時間帯であれば都市部の夜景を眺められます。

 

通路側の座席

通路側のメリットは

  • 気軽に席を立てる
  • トイレに行きやすい
  • 通路に足を出せる分、足元に余裕がある
  • 到着後、比較的早く降りやすい

といったメリットがあります。

 

通路側の一番のメリットは何といっても、隣の人を気にすることなく席を立てることにあります。

窓側だと席を立つ際は隣の人に気を遣う必要があり、もしその人が寝ている場合には起こさなくてはなりません。

特に、国際線で3時間以上のフライトになる場合、途中で席を立つ可能性が高くなるため、そのメリットは大きくなると言えます。

 

また、長時間座ったままでいると血流が悪くなり「エコノミークラス症候群(血栓症)」になる可能性があるため、時折足を動かすことが重要になります。

その分、通路側であれば片方が通路になっているために、足を動しやすいというメリットもあります。

 

ちなみに私自身は、

  • 外の景色が楽しめない夜間のフライト
  • 到着後できる限り早くに降りる必要がある場合
  • 飛行時間が3時間以上の場合

のどれかに当てはまる場合は、基本的に通路側を選んでいます。

 

機体前方の座席

前方の座席のメリットは

  • 空港到着後すぐに降りれる

の1点に尽きます。

とにかく前方の座席であるほど早くに降りることができるため、空港到着後にすぐに行動したいという方には機体前方の座席がオススメです。

 

ただ、そのことは皆知っていることなので、座席の予約は基本的に前方座席から埋まります。

また、最前列の座席はビジネスクラスやアップフロントシートといった形で、割増賃金が設定されていることが多いです。

私が利用することの多いスカイマークでも前方座席は「足のばシート」となっており、通常の座席より1,000円高くなっています。

割増なしで前方座席に座りたい場合は、フロントシート直後の列を狙うようにしましょう。

 

機体後方の座席

私は今までの経験上、機体後方の座席を選択したことはありません。

というのも、前方座席に比べるとどうしてもメリットに欠けている点が多いからです。

 

機体後方は前方座席に比べると人気がなく、空席が多くてゆとりがあるというメリットはありますが、空席状況は出発直前になるまで全く予想がつきません。

「予約時は後方がガラガラであっても、実際に乗ってみたら満席だった。」というケースは少なくないです。

飛行機から降りるまで時間もかかりますし、個人的にはほとんどメリットを感じられない座席と言えます。

 

ただ、機体後方の座席は搭乗の際に優先搭乗が行われることが多く、いち早くに機体に乗り込みたいという人にはオススメできる座席かと思います。

 

まとめ:到着後すぐに行動したいなら前方・通路側がベスト

このように飛行機の各座席によってもメリットが異なり、目的や利用者の価値観によってどれが一番良いかは変わってきます。

私個人の見解としては、

  • のんびり旅行気分を味わいたい時:窓側
  • 気兼ねなく席を立ちたい場合:通路側
  • 長時間のフライトになる場合:通路側
  • 到着後すぐに行動したい時:機体前方の通路側

といった感じで使い分けていますね。

自分の利用スタイルに合った座席を選択して、快適な空の旅を楽しみましょう!

以上、参考になれば幸いです。