あなたは、昼食後に強烈な眠気に襲われることはないでしょうか?

私も学生時代には昼食を食べた後に眠気に襲われ、その授業が何をやっていたのか全く覚えていないといったことがありました。笑

 

学生ならまだしも社会人は昼食後も忙しく、ゆっくり昼寝する余裕もないため、とにかく昼食後に眠気を招かないように注意する必要がありますよね。

そんな昼食後に眠くならなくするためには、食べ過ぎず、血糖値を極端に上げないようにすることが重要です。

今回は、この昼食後に眠くらならなくする方法について解説していきます。

昼食後に眠くならなくする方法

食べ過ぎを防ぐ

ramenhirumesi

昼食後に眠くなる原因として、食べ過ぎがあります。

昼にお腹いっぱいまでご飯を食べてしまうと、それを消化しようとして大量の血液が胃に送られてしまいます。

 

胃に血液が集中することで、脳へ血液が回らなくなり、脳の活動量が低下してしまいます。

脳の活動量が低下すると眠気に繋がるため、基本的にお腹いっぱいまで食べるのは控えた方が良いです。

 

食事中に水分を取らない

otyaryokutya

食事しているとついつい水分を取ってしまいがちですが、食事中に水分を摂ってしまうと胃酸が薄まってしまい消化が遅れてしまいます。

食べ物の消化に時間がかかると、それだけ脳へ回る血液の量が少なくなってしまうため、結果として眠気に繋がります。

 

食事の際はよく噛んで唾液を分泌させたり、汁物を飲むようにしましょう。

どうしても飲みたいのであればコップ一杯ぐらいに控えると良いです。食事中に飲み物をがぶ飲みするのは避けましょう。

 

血糖値の上昇が小さいものを食べる

saradayasai

食後に眠気が発生する原因に血糖値の上昇があります。

人間の体は血糖値が上昇すると、膵臓(すいぞう)からインスリンと呼ばれる、糖を体に吸収させるホルモンが分泌されます。

 

しかし、昼食後に急激に血糖値が上昇した場合、このインスリンも過剰に分泌されてしまい、体内が低血糖状態になってしまいます。

糖は脳の栄養分として必要になるため、低血糖状態になってしまうと頭の回転が十分に行われず眠くなる原因となるのです。

 

血糖値を急激に上げる食べ物は、カップラーメンやごはん物、パンといった炭水化物が該当します。

ただし、野菜や果物などを炭水化物の前に食べることで血糖値の急激な上昇を抑えることができます。

 

ちなみに、私自身も実際に、野菜から最初に食べるようにしてみたところ、昼食後の眠気が以前よりもだいぶ弱まってきました。

特に、昼にカップラーメンを食べるのと、サラダを食べるのとではその後の眠気に大きな差があることは、私自身も実感しております。

逆に、カップラーメンや炭水化物系の食べ物を昼に食べると、その後、強烈な眠気に襲われるので注意したいです。

 

これは、胃に負担をかけない消化の良い食べ物であることも関係しています。

例えば、野菜以外にもそばや春雨、玄米、ヨーグルトやバナナといった食べ物は消化しやすいため、食後の眠気も防ぎやすいです。

昼に何を食べるのか、どのような順番で食べるのかといったことも眠気と関係しているのです。

 

栄養ドリンク等でカフェインを摂取する

eiyoudorinku

昼食後に眠くなるのを防ぐために、カフェインを摂取する方法があります。

コーヒーや紅茶、緑茶と言った飲み物にもカフェインは含まれていますが、しっかり眠気をなくしたいのであれば、栄養ドリンクを利用するのも効果的です。

 

カフェインが強い物ほど効果も大きいですが、カフェインに頼ってばかりだとカフェイン中毒になったり、生活習慣が乱れる恐れがあるので、恒常的に使用するのは避けた方が良いです。

あくまでもカフェインは、無理やり眠気を誤魔化しているだけなので、眠気覚ましに使うのは最終手段と考えておきましょう。

 

まとめ:炭水化物と食べ過ぎに要注意!

このように昼食後に急激に眠くなるのには、食べ過ぎによる胃への負担だったり、血糖値の急激な上昇が原因となっています。

お昼にガッツリ食べたい気持ちも分かりますが、その後急激に眠くなる可能性もあるので、ガッツリ食べるのであれば状況をよく考えて判断しましょう。

 

できれば炭水化物を控えて、もし食べるのであれば野菜や果物といった消化の良いものから先に食べるよう意識すると良いですね。

以上、参考になれば幸いです。