こんにちは、一人旅が好きなハヤマです。

一人旅と言えば自由気ままに旅行できるのが一番の魅力であり、人によってもその楽しみ方は様々です。

しかし、何度も繰り返し一人旅をやっていると、旅行に対するワクワク感や得られる刺激が薄れてしまいマンネリ化してしまいがちです。

今回は、そんな一人旅に飽きてしまった時の対処法について書いていこうと思います。

一人旅に飽きてしまった時の対処法

旅行形態を変えてみる

一人旅に飽きてしまったと感じている方は、思い切って旅行形態を変えてみることをオススメします。

例えば、海外旅行が好きな方なら、あえて日本国内の旅行をしてみるとか、一人旅ではなくあえてグループ旅行をやってみるなど、何でも良いので旅行形態を思い切って変えてみると良いです。

 

いくら旅行が非日常的な体験といっても、毎回同じようなことを繰り返していると人間はその状況に慣れてしまうので、時に新鮮な刺激が必要になることもあります。

普段はやらないことをやってみたり、自分が興味のなかったことも試しにやってみるなど、工夫次第で旅行の楽しみ方が広がります。

 

ちなみに私の場合は、一人旅を始めた当初「とにかく電車(鉄道)に沢山乗る」という思いで頭が一杯で、鉄道に乗るためだけに日本全国各地に足を運んでいました。笑

しかし、何度も繰り返している内に鉄道に乗るだけでは物足りなさを感じるようになり、次第に他の移動手段を利用するようになりました。

 

その後次第に、鉄道以外のレンタカーや夜行バス、フェリーなどあらゆる移動手段を利用するようになり、鉄道に乗ること以外でも旅行の楽しみを見つけることができました。

何か1つのことにこだわるのも良いですが、旅をより面白くするためには思い切って別の旅行パターンを試してみるのも旅行のマンネリ化を防ぐ方法の1つだと思います。

 

一人旅に過度な期待や目的を求めない

よく一人旅と言えば「自分を成長させる」といったことを主張する記事がネット上に数多く存在しますが、必ずしも「一人旅=成長」になるとは言えません。

「自分が成長できる」と期待して一人旅をしていても、何も変わることなく旅行が終わってしまっていては、すぐに一人旅に飽きてしまうことでしょう。

 

なお、「一人旅のメリット・デメリット」でも少し触れましたが、私個人としては、一人旅を行うにあたって「旅の目的」は必ずしも設定する必要はないと思っています。

 

旅に目的意識を求めすぎると純粋に旅行を楽しめなくなってしまうため、一人旅の時は「自分が行きたいところに行き、見たいもの見る」という単純な思いだけで行動しています。

自由きままな一人旅である以上、変に目的意識は持たずに、もっと気楽に旅行を楽しんでみることも重要なことと言えますね。

 

いったん一人旅(旅行)から離れてみる

一人旅に飽きてしまった人の中には

  • 旅行が何となく作業になってしまっている
  • 旅行以外にこれと言った趣味がない
  • 何をやっても旅行を楽しめない

というような方もいるかと思います。

 

いくら工夫しても一人旅を楽しめないという場合には、いったん「旅行」から離れてみるのも良いかもしれません。

 

つまらないのに旅行を無理に続けていると時間的にも金銭的にももったいないので、どうしよもできない時には一度旅行から離れ、別のことに集中した方が良いです。

旅行から離れてみることで、マンネリ化により感じることができなかった、旅行の面白さや楽しさに気が付ける時が来るかもしれません。

 

また、一度旅行から離れてお金を貯めた後、ガッツリと旅行を楽しむという方法もあります。

繰り返し旅行を続けているとどうしても金銭的に余裕がなくなってしまうので、いったんお金を貯めてから派手に旅行を楽しむというのもマンネリ化を打破するきっかけに繋がるかもしれません。

 

つまらないことにお金をかけるほど無駄なことはないので、どうしても旅行が楽しめないという場合には、いったん旅行から離れてみることをオススメします。

 

まとめ:別の方法を試すか、いったん旅行から離れてみると良い

旅行はある程度のお金が必要な分、沢山楽しまなければもったいないです。

せっかくの旅行を100%楽しめないのであればお金の無駄です。

 

しかし、そうは言っても、何度も一人旅をしていると人間はその状況に慣れてしまうため、時に飽きが来てしまうこともあるでしょう。

マンネリ化した時には、今までの旅行形態を見直してみたり、いったん旅行から離れてみて、次の旅行を100%楽しめるよう工夫していきたいですね。