今回の一人旅は東京から新潟、秋田、五能線経由で青森へ行き、帰りは盛岡、東京という経路の2泊3日の旅です!

一人旅はこれで4回目であり、ある程度一人旅の要領もつかめてきたため、今回から旅の日記も書きたいと思います!

(1~3回目の過去の旅についても書きたいことは沢山あるので、今後順番に、まとめていこうかと思っています!笑)

この記事では第4回目の一人旅、最初のMAXときで新潟へ行くまでの内容です!

今回の一人旅の概要

今回の旅のメインは

  1. 二階建て車両のMAXときの2階に乗って新潟へ行くこと(今回の記事)
  2. 以前の旅で乗った、特急いなほのグリーン車に日本海側の座席で乗ること
  3. 秋田から出ているリゾートしらかみに乗ること
  4. 本州の最北端に近い三厩駅と岬に行くこと(列車遅延で中止。涙)
  5. 最後にグランクラスで盛岡から東京に帰ること

の5つです!

なかなか、まとまった時間が取れない中で無理やり旅の日程をぶち込んだために、非常に忙しい旅でもあります。笑

この記事は、MAXときに乗って新潟へ行くまでとなります。

MAXときで新潟へ!

maxtokisinkansen-8

今回、乗車した新幹線はMAXとき321号、東京駅12時40分発の列車です!

maxtokisinkansen-1

30分ほど早くホームに到着したので、先に新幹線の写真を1枚。

2階建て車両のMAXは他の新幹線と比べてもかなりデカい印象です。

こんな大きい列車が時速200キロ以上で走るんですから驚きです。

maxtokisinkansen-2

2階建て車両なので景色を楽しむため2階席を確保。かなり早くに東京駅に着いていたので座席は車両中央部の席に座れました。

二階建ての新幹線は今ではMAXとき、MAXたにがわの新潟・越後湯沢方面の列車しかないので、一度は乗りたいと思っていた列車でもあります。

maxtokisinkansen-6

自由席車両の2階席の写真です。2階席でも3列+3列のシートであるため、収容定員数もかなり多いように見えます。

maxtokisinkansen-5

自由席の座席は3座席が一体となっているのでリクライニング機能はありません。

maxtokisinkansen-3

ただ、足を伸ばすぐらいのスペースはあるのでそこまで辛くはないですね。(満席状態だとやや狭苦しいかもしれませんが)

乗車した時間は平日の昼間ということもあり乗車率は低めです。

車内は3人掛けの席に1人座っている感じですね。(繁忙期はほぼ満席になるそうです。)

乗客のほとんどはサラリーマンということもあり車内はかなり静かでした。ひっそりとした一人旅が好きな私にとっては静かな車内は非常にうれしいです。

maxtokisinkansen1-3

対向する新幹線が走ってきても景色が楽しめるのが嬉しいところ。(同じ2階建ての新幹線が走ってきたら見えませんが。笑)

maxtokisinkansen-4

上野駅を出たところで車内販売が来ました。

ちょうど小腹がすいていたこともありコーヒーとパウンドケーキを注文。2つセットで400円です。

どれも美味しくいただきましたがコーヒーはかなり熱くやけどしそうになりました。笑 パウンドケーキはしっとりとした味わいです。

maxtokisinkansen1-4

隣の線路を走っているのは高崎線です。しばらくは在来線と並行して走ります。

maxtokisinkansen1-7

大宮駅を出発すると、新幹線は一気に加速していきます!

maxtokisinkansen1-8

大宮駅からは上越新幹線と東北新幹線の線路が分岐していきそれぞれの場所へ向かっていきます。

MAXときは新潟方面なので左方向へと進みます。

maxtokisinkansen1-14

そして高崎駅を出発すると次第に山奥へ。

大宮駅までは乗ってくるお客さんも多かったのですが高崎以降は乗ってくるお客さんも少なくなってきました。

maxtokisinkansen1-15

上越新幹線は山の中を走る路線のためトンネルの頻度も多いです。

トンネル内は特に景色も見えないので、トイレついでに少し車内を探索してました。笑

maxtokisinkansen1-21

maxtokisinkansen1-19

階段とデッキ部分です。トイレは2つあります。

maxtokisinkansen1-20

洗面所です。送風機も付いている一体型です。

maxtokisinkansen1-22

車内案内です。2階建て車両なので結構複雑ですね・・・。

maxtokisinkansen1-23

14時ちょうどに越後湯沢に到着です。

maxtokisinkansen1-26

もともとの計画ではここから上越線の普通列車に乗り換えて新潟まで行く予定でしたが、日中の間に秋田発の特急いなほに乗れなくなってしまうため今回は断念。

ここの区間は18きっぷの季節になったらまた訪れようかと思っています。

青春18きっぷとは?普通列車に乗り放題のお得なきっぷ!

maxtokisinkansen1-29

14時25分:長岡駅が近くなってきました。何だか遠くの方の雲行きが怪しいです・・・。いかにも雨が降りそうな感じですね。

maxtokisinkansen1-30

14時27分、長岡に着きました。遅れている在来線の乗り換え客を待つために新幹線も少々停車しています。こういう配慮が行われている場面に遭遇したのは初めてです。

maxtokisinkansen1-33

燕三条(つばめさんじょう)駅につきました。ここで降車するお客さんもちらほらと見受けられます。

maxtokisinkansen1-35

その後は、次第に一面田んぼの景色が広がります。

都会で生まれ育った私にとってはこのようなのどかな景色が一番好きです。天気が微妙に悪いのがちょっと残念・・・。

夏の季節であれば一面緑が広がっていることでしょう。

maxtokisinkansen-9

14時50分:あっという間に新潟についてしまいました。

maxtokisinkansen1-39

乗車時間は2時間ちょっとでしたが東京~新潟を2時間で行き来できるのはやはり新幹線の良さですね。普通列車ではこうはいかない。笑

次は特急いなほに乗り換えて、秋田へ行きます。

ここまでの感想

新幹線は平日の昼間で座席に余裕があったこともありじっくりと鉄道の旅を楽しめました。

ただ、個人的に1つ思ったことはMAXときはせっかくの2階建て車両なのにトンネルが多すぎて思っていたほど景色を楽しめかったことですね。笑(特に越後上毛~長岡の区間)

まあ、あくまでも新幹線は極力最短経路を通るという都合上、トンネルが多いということも仕方がない感じですが・・・。

今度、時間のある時には上越線、信越本線の区間を普通列車でのんびりと行きたいです。

普通列車はトンネルではなく山の間をそって行く経路なので景色をじっくり楽しむのであれば普通列車の方がいいかもしれませんね。

次は特急いなほに乗り換えて、秋田へと向かいます。

特急いなほで秋田へ行く!いなほのグリーン車はめちゃくちゃ快適だった!