一人旅の際に、まず重要となってくる「宿泊先の選択」

一人旅の場合、グループ旅行と違って融通が利くため、ネットカフェやカプセルホテルを選択することも可能です。

ただ、料金形態やホテルの設備は各ホテルごとに異なり、目的に合ったホテルを選ばないとせっかくの一人旅を楽しめません。

今回は、そんな数ある宿の中でも、どういう宿泊施設が良いのか、各宿泊施設のメリット・デメリットについて紹介していこうかと思います。

各宿泊施設のメリット・デメリット

ビジネスホテル

一人旅で普通のホテルに泊まるのであれば、まずビジネスホテルが選択肢に入ります。

ビジネスホテルは、駅のすぐ近くにあることが多く、立地に関しては非常に良いです。

アメニティ設備やコインランドリーといった設備も整っているため、快適性では最も優れています。

特に、コインランドリーがあると汚れた衣服を綺麗にでき、再び着用できるので、持って行く衣服も最小限で済みます。

一人旅に必要になる持ち物とは?」でも触れた通り、一人旅においては、荷物を少なくすることは非常に重要なので、備品や設備が充実しているビジネスホテルは大変便利です。

また、ホテルによっては朝食が無料で付いたり、コンビニが併設されていることもあります。

 

料金に関しては、普通のビジネスホテルだと、一泊おおよそ4,000円~6,000円前後といった感じです。

私の場合、長期旅行の際は、2~3日に1回はビジネスホテルを利用することが多いですね。

特に、荷物を整理したり、夜にぐっすりと眠るには、やはり個室のビジネスホテルでないと厳しいです。

あとは、女性の方が一人旅をするなら、安全上、個室を確保できるビジネスホテルを利用した方が良いかと思います。

 

デメリットは、他の宿泊施設に比べると一泊の宿泊料金がやや高めであるという点。

そして、ビジネス客が多いことから、人によっては旅行気分に浸れない可能性があるといったところでしょう。

そこは個人の価値観次第といった感じですが、私自身はあまり気になりませんね。

 

カプセルホテル

カプセルホテルは、ビジネスホテルよりも一回り小さいホテルです。

完全個室ではありませんが、寝床はカプセル状の個室となっているので、安心して眠ることができます。

 

カプセルホテルは、ビジネスホテルと同様に立地の良い場所にあることが多く施設規模が小さいので宿泊施設の数も多いです。

料金に関しても、大体3,000円~5,000円ほどであり、ビジネスホテルより設備が簡易的な分、料金も安いのが魅力的です。

また、ホテルによっては大浴場やサウナなどが併設されていることもあり、アメニティに関しても、普通のホテルとほぼ同程度です。

カプセルホテルは、立地・設備・コスパを踏まえると、一人旅の宿としては最もオススメできる宿泊施設です!

私自身も、一人旅の際はカプセルホテルを利用することが多いです。

 

一方のデメリットは、完全な個室という訳ではないので、他人の物音やいびきが響くという点ですね。

うるさい人が近くにいると、物音やいびきが気になって寝付けないこともあるので、カプセルホテルを利用するなら耳栓は必ず持っていった方が良いです。

 

ゲストハウスや民宿

一人旅なら、ゲストハウスや民宿といった宿泊施設を利用するのもアリです。

ゲストハウスは、宿泊施設に必要な最低限の設備しかありませんが、その分一泊の宿泊料金が非常に安いです。

おおよそ2,000円~3,000円前後で一泊することができます。

部屋は個室ではなく、ドミトリーベッドが設置された相部屋が殆どですが、単純に寝るだけであれば何ら問題ありません。

とにかく格安で利用したい場合には、ゲストハウスはオススメの宿泊施設です。

また、相部屋であるが故に、他の旅行者と接触する機会も多いので、他の旅行者と交流したい人にも向いています。

 

民宿は、宿泊施設にもよりますが、周りが自然豊かな環境に囲まれていたり、食事が郷土料理といった独自の魅力を持っています。

宿泊そのものを楽しみたい場合や、他の旅行者と交流したい場合には、ゲストハウスや民宿は最適な環境と言えます。

 

デメリットは、ビジネスホテルに比べて立地が悪かったり、設備が不十分なことがあるという点です。

駅やバスターミナルから遠く、車や自転車がないと宿泊施設に行けないというケースも多いです。

良くも悪くも、宿泊施設ごとの差が最も出やすい形態なので、利用するなら事前にしっかりと宿の情報を確認しましょう。

ちなみに、私自身は駅近重視であり、一人でひっそりと旅行を楽しみたい派なので、ゲストハウスや民宿を利用することは少ないですね。

 

ネットカフェ

一人旅なら、ネットカフェを宿泊施設の代わりにすることも可能です。

首都圏であれば、必ずと言っていいほどネットカフェがあるので、首都圏で宿泊するならネットカフェも選択肢に入ります。

ネットカフェでは、マンガやパソコン、インターネット、果てはフリードリンクも自由に利用できるので、ホテルとはまた違った良さがあります。

さらに、ホテルと違ってチェックイン時間がなく、ネットカフェは24時間営業なのでいつでも利用できるのが魅力です。

しっかりと眠るには個室でないと厳しいですが、仮眠程度ならネットカフェでも十分可能です。

料金に関しては時間制であることが多く、宿泊目的ならナイト8時間・12時間パックといった深夜パックを利用しましょう。

利用する時間にも寄りますが、おおよそ1,500円~3,000円前後で利用できます。

他に宿泊できる施設がなかったり、少しだけ仮眠したい場合に利用すると良いですね。

 

一方のデメリットは、

  • 多くのネットカフェは予約ができないため、宿泊できる保証がない
  • 会員登録が必要なこともある
  • 周囲の物音や照明が気になる

の3つですね。

個人的に、宿泊できる保証がないというのは最も大きなデメリットかと思います。

あくまでもネットカフェは最後の手段と考えた方が良いです。

快適性の面でも劣るので、私の場合は、首都圏で宿泊する時を除いて利用することはあまりないです。

 

まとめ:旅の目的に合った宿泊施設を選ぶべき!

このように各宿泊施設によっても、設備や快適性、メリット・デメリットも異なります。

快適性では「ビジネスホテル」が最も優れていますが、コスパを考慮すると「カプセルホテル」が一番オススメです。

ゲストハウスや民宿、ネットカフェは人によっても向き不向きがあるので、自分の旅の目的に合った宿泊施設を選びましょう!

 

ちなみに、利用する宿泊施設によっては旅行に持っていくべき持ち物も変わってくる場合があります。

こちらの「一人旅に必要になる持ち物はこれ!国内でも準備はしっかりと!」も参考にして頂ければと思います。

以上、旅行計画の参考なれば幸いです。