東京~長野・富山・金沢を結ぶJR東日本の新幹線「北陸新幹線」

北陸への観光に便利な新幹線ですが、他の新幹線と同様に運賃が高いのが悩ましいところですよね。

 

今回は、そんな北陸新幹線の運賃や割引切符について解説していきます。

北陸新幹線の通常料金

主な区間の運賃合計と内訳の特急料金は以下の通りです。

なお、北陸新幹線の最速達列車の「かがやき」は全席指定席(自由席なし)となっています。

 

  • 自由席利用の場合

・東京~金沢:13,600円(特急料金6,260円)
・東京~富山:12,210円(5,730円)
・東京~長野:7,680円(3,680円)
・東京~軽井沢:5,390円(2,800円)

・上野~金沢:13,390円(6,050円)
・上野~富山:12,000円(5,520円)
・上野~長野:7,470円(3,470円)
・上野~軽井沢:5,180円(2,590円)

・大宮~金沢:13,070円(6,050円)
・大宮~富山:11,780円(5,520円)
・大宮~長野:5,940円(2,590円)
・大宮~軽井沢:4,530円(2,590円)

・長野~金沢:8,440円(4,440円)
・長野~富山:6,580円(3,560円)

 

  • 指定席(通常期)の場合

・東京~金沢:片道14,120円(特急料金6,780円)
・東京~富山:12,730円(6,250円)
・東京~長野:8,200円(4,200円)
・東京~軽井沢:5,910円(3,320円)

・上野~金沢:13,910円(6,570円)
・上野~富山:12,520円(6,040円)
・上野~長野:7,990円(3,990円)
・上野~軽井沢:5,700円(3,110円)

・大宮~金沢:13,590円(6,570円)
・大宮~富山:12,300円(5,520円)
・大宮~長野:6,460円(3,110円)
・大宮~軽井沢:5,050円(3,110円)

・長野~金沢:8,960円(4,960円)
・長野~富山:7,100円(4,080円)

 

グリーン車の料金については「【北陸新幹線】グリーン車乗車記」を参考に

 

北陸新幹線で使える割引切符

えきねっとトクだ値/お先にトクだ値

「えきねっとトクだ値」は、JR東日本のインターネット予約サービス「えきねっと」から予約できる、ネット限定の片道割引切符です。

 

北陸新幹線の場合、かがやき・はくたかが10%割引、東京~長野のあさまが最大35%割引となります。

北陸方面へ行く場合の割引率は低めですが、それでも北陸方面が割引対象の貴重な割引切符です。

 

ただし、トクだ値切符は数量限定なので、予定が決まり次第早めの予約が必要です。

トクだ値切符の詳しい購入方法については「えきねっとで切符を予約する方法」を参考に。

 

モバイルSuica特急券/スーパーモバトク

Jr東日本の「モバイルSuicaサービス」に登録している方であれば、モバイルSuica会員専用の割引切符を利用できます。

北陸新幹線も割引の対象となっており、主な区間の割引料金(スーパーモバトク)は

・東京~金沢 12,030円
・上野~金沢 11,840円
・大宮~金沢 11,660円
・東京~新高岡 11,550円
・上野~新高岡 11,360円
・大宮~新高岡 10,790円
・東京~富山 10,780円
・上野~富山 10,590円
;大宮~富山 10,410円

となります。(かがやき・はくたかの指定席利用)

えきねっとトクだ値の10%割引よりも若干安いので、モバイルSuica会員の方は、こちらの割引切符を購入した方がお得です。

 

回数券/金券ショップのバラ券

北陸新幹線には一部区間の回数券が販売されているため、金券ショップであれば各回数券のバラ券を購入することができます。

設定区間は、東京~軽井沢・佐久平・上田・長野と、大宮~長野です。※普通車指定席を利用可能。

 

富山や金沢などの北陸地域には設定区間がありませんが、東京~長野の移動であれば利用できます。

割引率は概ね10%前後といった感じですが、事前予約は不要で、購入すればすぐに利用できるのが特徴です。

 

直前になって新幹線に乗りたい場合は、主要駅近くの金券ショップにて回数券を探してみると良いですね。

ただし、GWの4/27~5/6、お盆休みの8/11~20、年末年始の12/28~1/6には利用できないので注意しましょう。

 

週末パス

週末パスは土日祝日の週末限定のフリー乗車券です。

料金は大人8,730円、子供2,560円です。

 

北陸新幹線で利用できるエリアは、東京~長野・飯山・上越妙高までです。

週末パスは乗車券タイプの割引切符なので、特急券は別途で購入する必要があります。

 

東京~長野の往復だけでは元が取れませんが、JR線以外のしなの鉄道や長野電鉄も利用できるため、利便性に優れます。

有効期限は2日間なので、単純な往復利用だけでなく、フリーエリアの周遊でも役立つ切符です!

 

なお、週末パスは利用開始の前日までに購入しておく必要があるので注意しましょう。※当日購入不可

詳細は「週末パスの購入方法と使い方」を参考にして頂ければと思います。

 

金沢自由席往復きっぷ/富山自由席往復きっぷ

北陸新幹線(金沢~富山間)の自由席の往復分がセットになった割引切符です。

「はくたか」「つるぎ」の自由席が利用できます。※「かがやき」は乗車不可

 

料金は大人3,600円、子供1,800円です。

通常料金より2,020円お得になるので、この区間を往復するならオススメの割引切符です!

 

ただし、この切符は当日購入不可で、乗車日の1か月前から前日までに購入する必要があります。

 

新幹線パックツアー

往復の新幹線と、ホテルをセットで利用するのなら、新幹線パックツアーもオススメです。

新幹線のチケットとホテルの予約を個別に手配するよりも安く利用でき、旅行商品限定の特別プランが選べる時もあります。

 

北陸新幹線の場合、首都圏発・北陸地域の割引切符が少ないため、新幹線パックは相対的に見てもお得と言えます。

複宿泊込みの予定なら、パックツアーを利用すると良いでしょう。

お得なJR+宿プランはこちらから!

 

まとめ:首都圏~北陸の割引切符は少ない

北陸新幹線の割引切符をまとめると

・えきねっとトクだ値
・モバイルSuica特急券
・新幹線回数券
・週末パス(特急券は別途購入)
・金沢自由席往復きっぷ/富山自由席往復きっぷ
・新幹線パック

など、複数ありますが、正直なところ、関東首都圏から富山・金沢方面への割引切符は数少なく、大幅な割引は期待できません。

 

片道の割引率ならトクだ値切符か、モバイルSuica会員のスーパーモバトクが一番安いです。

ただし、往復+宿泊込みなら新幹線パックの方がお得になるケースもあるので、目的に応じて上手く使い分けましょう

 

以上、参考になれば幸いです。

 

【北陸新幹線】かがやき・はくたか・あさま・つるぎの違いはこれ!

【北陸新幹線】グリーン車の料金や座席設備を徹底解説!

私鉄も乗れる神きっぷ!信州ツーデーパスの使い方を徹底解説