北神トンネルを通り新神戸と谷上を結ぶ鉄道路線「北神急行電鉄」

北神急行電鉄は、日本一の鉄道路線の中でも初乗り運賃が高いことでも知られる路線です。

今回は、そんな北神急行電鉄に実際に乗ってきたので、その乗車記や運賃の高い理由等について書いていきます。

北神急行の運賃が高い理由

北神急行の初乗り区間、すなわち谷上駅~新神戸駅間を移動すると、初乗り運賃は360円です。

初乗り運賃が高い最も大きな理由は、谷上から新神戸にかけて走行する北神トンネルにあります。

このトンネルは路線の大半を占めている長大なトンネルであり、神戸市のベットタウンの北区と市街地の中央区を一直線に結んでいます。

トンネルの全長は7,276mと非常に長く建設費用も高額であったために、それが運賃にも反映されているのです。

 

ちなみに、新神戸の隣駅である三ノ宮まで乗った場合、運賃は540円とさらに高くなります。

これは神戸市営地下鉄の初乗り運賃も含まれるためであり、乗り継ぎの割引制度があるといっても高いことには変わりないです。

ただ、谷上と三ノ宮を最短ルートで行き来できるということを踏まえれば、妥当な運賃と言えますね。

 

実際に乗ってみた

今回は、谷上駅から新神戸まで乗ります。

谷上駅までは迂回路である神戸電鉄(神鉄有馬線)を利用してきました。

谷上駅前は比較的こじんまりとした感じですが、スーパーや飲食店などが多数あります。

駅構内には北神急行電鉄の鉄道むすめ(北神弓子)のパネルも置いてありました。

 

谷上駅での路線図と運賃表ですが、北神急行の運賃は突出して高いです。

ただ、神戸電鉄を利用しても遠回りになるので、実際のところ運賃面では殆ど差はありません。

 

券売機で切符を購入して改札を通ります。

ちなみに、北神急行電鉄は交通系ICカード対応なので、SuicaやICOCAを利用することもできます。

 

谷上駅のホームには神戸電鉄も運行しており、乗り換えもスムーズです。

有馬温泉へアクセスする場合には、谷上駅まで北神急行で行き、神戸電鉄に乗り換えると良いでしょう。

 

ホーム上には山の家ロッジ谷上があり、谷上駅はハイキングコースの拠点でもあります。

 

北神急行電鉄は路線の大半(というよりほぼ全て)がトンネルなので、車窓に関しては書くことが殆どありません。笑

地上区間は谷上駅の周辺だけで、谷上を出発するとすぐにトンネルに入ります。

ただ、トンネル内の走行速度は思った以上に速く、谷上~新神戸までたったの8分、谷上~三ノ宮も約10分と所要時間も短いです。

ちなみに、迂回路である鈴蘭台(すずらんだい)・新開地(しんかいち)経由で、谷上~三ノ宮を移動すると片道30分以上かかります。

私自身、利用する前は「初乗りなのに高すぎる」と思っていましたが、所要時間と利便性を踏まえれば十分妥当な運賃だと思いますね。

 

まとめ:運賃は高いが利便性は悪くない

このように北神急行電鉄は、確かに初乗り運賃は高いものの、有馬温泉・谷上方面と神戸・三ノ宮方面を行き来する上では非常に便利な路線です。

路線のほぼ全てがトンネルなので車窓は全く楽しめませんが、あっという間に到着するので退屈することもないです。

神戸・三ノ宮から有馬温泉へのアクセスでも便利なので、神戸観光の際には北神急行を活用させましょう!

以上、参考になれば嬉しいです。