埼玉の南越谷駅から神奈川の鎌倉駅を結ぶ臨時快速列車「ホリデー快速鎌倉」

運転日は2018年9月時点で

  • 9月15日、17日、22~24日
  • 10月6~8日、27日、28日
  • 11月3日、4日、10日、11日、17日、18日

となっています。(※11月以降の運転日は随時更新)

 

ホリデー快速鎌倉は、武蔵野線の各方面から鎌倉まで直接移動でき、なおかつ貨物線を通ることから旅行客・鉄道ファン共に人気を集めている臨時列車です!

今回は、そんなホリデー快速鎌倉の停車駅と利用方法等について解説していきます。

ホリデー快速鎌倉の停車駅と時刻

ホリデー快速鎌倉の停車駅は

  • 南越谷(みなみこしがや)
  • 南浦和(みなみうらわ)
  • 武蔵浦和(むさしうらわ)
  • 北朝霞(きたあさか)
  • 東所沢(ひがしところざわ)
  • 新秋津(しんあきつ)
  • 西国分寺(にしこくぶんじ)
  • 横浜(よこはま)
  • 大船(おおふな)
  • 北鎌倉(きたかまくら)
  • 鎌倉(かまくら)

となっており、西国分寺~横浜間はノンストップで走ります。

 

この区間は武蔵野南線という貨物専用路線を通るために途中下車もできません。

間違えて乗ってしまうと40分近く乗り続けるはめになるので注意しましょう。

 

列車は1往復運転で、各駅の発車時刻は以下の通りです。

8:08発南越谷19:08着
8:19南浦和18:58
8:22武蔵浦和18:55
8:29北朝霞18:48
8:37東所沢18:40
8:41新秋津18:36
8:49西国分寺18:28
9:29横浜17:45
9:48大船17:30
9:52北鎌倉17:26
9:56着鎌倉17:22発

 

快速列車なので所要時間の面ではそこまで早くはありませんが、所沢や国分寺方面から乗り換えなしで鎌倉へ行けるのは大きなメリットと言えます。

 

ホリデー快速鎌倉の車両編成について

追記:2018年9月以降のホリデー快速鎌倉全車指定席になりました。(自由席なし)

また、使用される車両もE257系の5両編成となっています。

 

以前のホリデー快速鎌倉は185系の6両編成で、指定席と自由席がありましたが、9月以降は全席指定席の車両に変更されています。

指定席は1号車と2号車で、自由席は3号車~6号車となっています。※全車指定席に変更

 

乗車位置は、停車駅ホームの足元に案内があるので、そこを目印に並びましょう。

 

なお、ホリデー快速鎌倉は快速列車なので、自由席車両を利用する場合、指定券なし(乗車券のみ)で利用できます。

ただし、自由席には着席保証はなく、満席時には座れないので注意したいです。

※2018年9月~11月は全席指定席なので、自由席車両はありません。

 

ホリデー快速鎌倉の主な区間の運賃は

  • 南越谷~鎌倉:1,420円
  • 東所沢~鎌倉:1,250円
  • 西国分寺~鎌倉:1,080円

であり、これに座席指定券として+520円必要になります。

 

運転日は基本的に土休日なので、フリー切符である「休日おでかけパス」との相性も良いでしょう。

また、ホリデー快速鎌倉は快速列車なので、乗車券には青春18きっぷを利用することもできます。

 

指定席券について

指定席を利用する場合は、乗車券の他に座席指定券が必要です。

 

指定券の料金は乗車区間にかかわらず、均一520円(子供260円)となっています。

確実に座りたい方や途中駅から乗車予定の方は予め指定券を予約しておいた方が良いでしょう。

 

なお、ホリデー快速鎌倉は利用者が多く、指定席車両も2両しかないので、直前だと満席で買えない可能性もあります。

※全車指定席の5両編成なので、以前に比べると指定席は取りやすくなりました。

 

予約は1か月前の午前10時から可能なので、指定券を予約したい方は早めに駅窓口/指定席券売機にて切符を予約しておきましょう。

なお、「えきねっと」からも指定券の予約ができます。

 

ホリデー快速鎌倉の混雑具合

ホリデー快速鎌倉は、乗車券だけで利用できる列車であるため、比較的乗車率の高い列車です。※現在は指定券が必要なので立ち乗りはできません。

上り下り共に、鎌倉~西国分寺間は混雑する傾向にあります。

 

私自身も、鎌倉⇒西国分寺で乗車したことがありますが、鎌倉を出発する時点で自由席はほぼ満席に近い状態でした。

ただ、南越谷方面の上り列車は、横浜駅で半数以上の乗客が降車します。

 

鎌倉~南越谷を乗り通す客は少なく、最も混雑が集中するのは鎌倉~横浜間です。

この区間の途中駅から乗車した場合、自由席に座れない可能性が高いので注意しましょう。

 

始発駅から乗る場合や、座席位置にこだわらないのであれば自由席で良いですが、確実に座りたい方は指定券の購入をオススメします。

なお、現在は全席指定席となっているので、早めに指定券を購入しましょう。

 

まとめ:現在は自由席がないので注意!

このようにホリデー快速鎌倉は臨時列車であり、武蔵野線・横須賀線経由しつつ西国分寺~横浜はノンストップで走ります。

また、2018年9月以降から全席指定席となり、乗車には指定券(520円)が必要になったので注意が必要です。

 

ただ、この手の臨時列車はシーズンによって車両編成や停車駅が変わることもあるので、実際に利用する際は駅の案内にて、再度確認するようにしましょう。

当記事も変更点が分かり次第、随時修正していきますね。

 

神奈川の電車・関連記事

【臨時快速】ホリデー快速ビューやまなし号の運転日と利用方法

【伊豆いで湯やまどり乗車記】臨時列車リゾートやまどりに乗る!

【横浜線の臨時列車】特急はまかいじ号の運転日と乗り方を徹底解説!

【特急踊り子の乗り方ガイド】停車駅や料金、お得な切符を徹底解説

 

【湘南新宿ラインの停車駅はこれ!】上野東京ラインとの違いについて

【横浜に行かない横浜線】快速の停車駅と主な乗り換え路線はこれ!

【通勤快速は横浜通過】東海道線の種別の違いを徹底解説