こんにちは、国内旅行好きなハヤマです。

ホテルや旅館といった宿泊施設は旅行や出張等でないとなかなか利用する機会がないので、初めて利用する人にとってはどうしたら良いか困ってしまうこともあるでしょう。

かくいう私も初めて一人旅に出たときは、ホテルのチェックイン・アウトの手続きを行うだけ心臓バクバクでした。笑

今回は、そんな旅行初心者さんに向けて「ホテルのチェックイン・チェックアウトの方法」について解説していこうと思います。

チェックインの方法と流れ

ホテルにチェックインする際は、フロントにて「宿泊予約している〇〇(名前)です。」と伝えましょう。

チェックインを行う際は

  • 本人の名前
  • 年齢
  • 住所
  • 電車番号
  • 駐車場利用の有無

といった宿泊者の情報を用紙に記入するケースが殆どです。

本人確認といった感じですが、身分証明書の提示は必要ありません。

基本的に予約の時点で宿泊施設側に宿泊者の情報は伝わっているため、チェックインの際はその確認のために用紙に記入するだけです。

 

ちなみに、予約時の到着予定時間よりも1時間以上遅れそうなときは、早めに宿泊施設に連絡を入れましょう。

詳細は「ホテルに遅れる場合に連絡を入れた方が良い理由」に書きましたが、あまりに遅れると予約がキャンセルとなってしまう恐れがあるので注意したいです。

 

手続きが完了するとルームキーが渡され、館内の利用方法について説明を受けます。

疑問や気になる点がある際はこの時に聞くと良いでしょう。

高級ホテルや旅館の場合は客室まで案内してくれる場合もありますが、基本的に自分で部屋まで移動します。

なお、ルームキーを無くすと部屋に入れなくなってしまうため、ルームキーは無くさないように十分注意したいです。

 

宿泊費の支払いと領収書について

宿泊費の支払い方法は事前予約した時の決済方法によりますが、主に現金払いとクレジットカード決済の2つがあります。

クレジットカード決済の場合は基本的に予約時点で決済が済んでいるため、特にこれといった手続きはありません。

 

現金払いの場合はフロントでチェックイン手続きを済ませた後、またはチェックアウト後にまとめて清算する方法の2パターンがあります。

前払いか後払いかは宿泊施設によっても異なりますが、私自身の経験上では料金前払いのホテルが多かったです。

 

領収書に関しても支払い時に一緒に行われるケースと、チェックアウト時にもらえるケースの2パターンがあります。

領収書はチェックイン時に必要かどうかを聞かれるので、領収書が必要な場合にはその旨を伝えておきましょう。

 

宿泊中の外出について

チェックイン手続きが終了するとルームキーが渡されますが、荷物を整理した後に再び外出したい時もあるでしょう。

外出する際は基本的にフロントにルームキーを預けてから外出します。

 

ホテルによっては自分で持ち歩いても良い場合もありますが、紛失が心配な方は必ずフロントに預けるようにしましょう。

ホテルに戻ってきたら部屋の番号と宿泊者の名前を伝え、ルームキーを受け取ります。

 

チェックアウトの方法と流れ

チェックアウトの方法はいたって単純で

  1. 部屋に忘れ物がないかを確認する
  2. ルームキーをフロントに持っていく
  3. 追加の清算が必要な場合はそれ済ませる

の3つだけです。

 

料金前払いのホテルの場合はフロントにルームキーを持っていき、チェックアウトと伝えるだけで済むことが殆どです。

料金後払いの場合や飲料の購入やルームサービス等で何か追加料金が発生した場合にはこのタイミングで支払いを行います。

チェックアウト後は、そのままホテルを出ても良いですし、時間までロビーで待機することもできます。

 

どちらにしてもホテルで決められている最終チェックアウト時刻までにはチェックアウトの手続きを行いましょう。

チェックアウト時刻に遅れると追加料金が発生してしまうため注意が必要です。

 

まとめ:不慣れでも過度な心配は不要

このようにチェックイン・チェックアウトの方法は簡単で、チェックインの際は宿泊者の名前をフロントに伝えれば対応してくれます。

初めての利用でもフロントの従業員が丁寧に説明してくれるので過度に心配する必要は全くありません。

 

一度覚えてしまえば他のホテルでもほぼ同じように対応できるので、最初は不安かもしれませんがどうってことはないですよ!

以上、参考になれば幸いです。

関連:【ホテルの荷物預かりはいつまで?】荷物の預け方とその注意点