JR九州の観光特急の1つ「いさぶろう/しんぺい」

特急いさぶろう/しんぺいは、熊本駅から鹿児島本線と肥薩線を経由し、鹿児島県の吉松駅を結んでいます。

 

途中の肥薩線内では「日本三大車窓」で知られる有名スポットがあり、鉄道ファンでなくても大いに楽しめる列車となっています!

今回は、そんな「特急いさぶろう/しんぺい」の予約方法や運賃、乗車方法について解説していきます。

いさぶろう/しんぺいの停車駅

・熊本(くまもと)
・新八代(しんやつしろ)
・八代(やつしろ)
・人吉(ひとよし)
・大畑(おこば)
・矢岳(やたけ)
・真幸(まさき)
・吉松(よしまつ)

※人吉~吉松間は普通列車として運行されます。

 

熊本~八代を走る列車は、熊本発吉松行きの「いさぶろう1号」と、吉松発熊本行きの「しんぺい4号」のみです。

熊本~人吉間は特急列車になるので、乗車の際は乗車券の他に特急券(自由席または指定席)が必要になります。

 

いさぶろう/しんぺいの運転日と編成

いさぶろう/しんぺいは毎日2往復運転されており、そのうち1往復が熊本~吉松の直通列車です。

吉松方面の下り列車が「いさぶろう」、熊本方面の上り列車が「しんぺい」となっています。

 

いさぶろう/しんぺいは、基本的に2両編成で、指定席と自由席があります。

ただし、自由席は座席数が少ないので、予め指定席券を購入しておくことをオススメします。

 

また、運転日によっては、3両編成になったり、指定席と自由席の位置が変わる場合があります。

指定席特急券を購入する際は、実際の座席番号に注意してくださいね。

 

いさぶろう/しんぺいの料金

いさぶろう/しんぺいの主な区間の料金は以下の通りです。

熊本から乗車券・運賃特急料金
人吉1,820円指定席:1,450円
自由席:930円
大畑
矢岳
2,130円
真幸
吉松
2,480円

 

吉松から乗車券(運賃)特別料金
真幸230円座席指定券:520円
自由席:特急料金不要
矢岳370円
大畑560円
人吉740円

※人吉~吉松間は普通列車なので、自由席は乗車券のみで利用できます。

 

いさぶろう/しんぺいの予約方法

いさぶろう/しんぺいを熊本~吉松間で利用する場合や、人吉~吉松間で指定席を利用する場合、特急券または座席指定券が必要です。

切符の購入は、全国のJR窓口または指定席券売機、JRのインターネット予約サービスなどから購入できます。

 

JR九州の観光特急ですが、必ずしもJR九州で購入する必要はなく、JR東日本や西日本でも指定席券売機から切符の予約が可能です。

※指定席券売機の使い方についてはこちら

 

切符は1か月前の10時から予約が可能です。

観光特急は直前になると満席になることが多いので、予定が決まり次第早めの予約購入をオススメします。

 

いさぶろう/しんぺいの見どころ

いさぶろう/しんぺいの走る沿線には見どころが沢山ありますが、やっぱり一番の魅力は日本三大車窓の景色ですね!

矢岳第一トンネル~矢岳第二トンネル間で見ることができます!

 

このエリアを通過する際は、減速運転を行うので写真撮影もしやすいです!

天気が良い日には辺り一帯を一望できるので、見逃さないようにしましょう!

 

矢岳駅は昔ながらの駅舎が残っており、ノスタルジックな雰囲気は、今まさに鉄道旅行をしているのだという気分にさせてくれます。

 

また、大畑駅では、数々の名刺や旅人達のメモが貼り付けてあります。

これは「名刺を貼ると出世する」との都市伝説の影響みたいですね。

 

観光地として目立つのは良いですが、古い駅舎なので大切に使いましょう。

 

まとめ:予約は全国のJR窓口で可能!

このように特急いさぶろう/しんぺいは、九州熊本から人吉~吉松間を走る観光列車です。

熊本~人吉間で利用する場合は特急料金が必要になるので、予め特急券を購入しておきましょう。

 

なお、自由席の座席数は少ないので、人吉~吉松間の利用でも、なるべく指定席券を購入しておくことをオススメします。

以上、参考になれば幸いです。

 

【はやとの風の予約方法】料金や乗り方を分かりやすく解説!

【宮崎の観光特急!】特急海幸山幸の利用方法

【指宿の観光特急!】指宿のたまて箱の予約方法や列車の魅力はこれ!