JRの小田原と伊豆急行の伊豆急下田を結ぶ観光列車「伊豆クレイル」

伊豆クレイルは「びゅう」の食事付きプランが魅力的ですが、実は座席だけの利用も可能であり、指定券を購入すれば誰もが利用できる観光列車です!

 

今回は、そんな「伊豆クレイル」の料金や予約方法、そして実際に乗ってみた感想等を紹介していきます!

伊豆クレイルの乗り方ガイド

伊豆クレイルの運転日

伊豆クレイルの運転日は基本的に土休日です。平日には運転されていません。

また、土休日でもシーズンによっては運転されない日もあるので注意しましょう。

 

※2018年8月時点では、9月30日までの土休日運転となっています。

 

伊豆クレイルの停車駅と時刻

伊豆クレイルは1日1往復運転で、停車駅と発車時刻は以下の通りです。

クレイル1号
下田行き↓
停車駅クレイル2号
小田原行き↑
11時40分発小田原17時12分着
12時31分発熱海16時55分発
13時6分発伊東16時31分発
13時29分発伊豆高原16時1分発
13時41分発伊豆熱川15時51分発
13時50分発伊豆稲取15時38分発
13時57分発河津15時32分発
14時8分着伊豆急下田15時20分発

※青色の駅は伊豆急行線の駅です。

 

伊豆クレイルは食事プラン付きの観光列車なので、同じ区間を走る特急踊り子/スーパービュー踊り子と比べて所要時間は長いです。※特に下田行きの下り列車

最短で移動したい方は、特急踊り子または特急スーパービュー踊り子を利用しましょう。

 

伊豆クレイルの料金

伊豆クレイルは快速列車ですが、全席グリーン車指定席なので乗車には座席指定券(グリーン車指定券)が必要になります。

※伊豆クレイルには自由席はありません。

 

列車は4両編成ですが、1号車と3号車は「びゅう」の旅行商品専用プラン(及び食事付きプラン)となっています。

旅行専用プランを利用する場合は「びゅう」より申し込む必要があります。

 

食事なしの一般利用の場合は、座席指定券を購入することで乗車できます。

座席指定券はJR線区間(小田原~伊東)で770円、小田原~伊豆急下田(伊豆急行線への直通)で1,280円です。

※伊豆急行線内のみの利用は510円となります。

 

なお、伊豆クレイルは快速列車ですが、グリーン車指定席なので青春18きっぷは利用できません。

伊豆クレイルに乗車する際は、普通乗車券または週末パスなどの有効な切符を用意しましょう。

 

伊豆クレイルの指定券は、乗車日の1か月前から予約購入できます。

 

実際に乗ってみた

今回乗車したのは、小田原を11時40分に出る、伊豆クレイル1号です。

小田原から伊東までの乗車します。

 

小田原駅には伊豆クレイル専用の待合室があります。

特に、これといった特徴はないちょっと豪華な待合室といった感じですが。笑

 

出発時刻の10分ほど前に列車がホームに入ってきます。

 

列車が来ると多くの方が記念撮影をしていました。

この車両は、特急草津や特急あかぎでも使われている651系電車を改造したものです。

 

方向幕も伊豆クレイル専用のものになっています。

 

ホームに入線してから発車まであまり時間に余裕がないので、パパっと撮って列車に乗り込みます。

 

乗車する際は、伊豆クレイルの切符を乗車口に立っている駅員に提示する必要があります。

乗車前にチケットを確認するのは、恐らく指定券なしで飛び乗ってくる人を防ぐためでしょう。

 

こちらは指定席の4号車です。緑色の座席が山側(D席側)、青色の座席は海側(A席側)となっています。

私は今回A席を取りました。やっぱり湘南の景色を楽しむなら海側がオススメです!

 

小田原からの乗車率は6割といった感じですね。

 

座席は4列シートですが、グリーン車らしく床にはカーペットが敷かれており、ちょっと上品な車となっています。

ちなみに、コンセントは付いていませんでした。

 

座席のポケットに入っているパンフレットには、車内案内が書かれています。

 

 

出発時刻になると列車はゆっくりと走り出します。

駅では駅員の方々が見送りをしてくれます。

 

小田原駅を出るとすぐに海が見えてきました。

夏の土曜日ということもあり、伊豆方面へ向かう道路も混雑しています。

 

出発してひと段落着いたので、車内を散策することにしました。

隣の3号車は半個室の旅行プラン専用の座席です。

 

2号車は車内販売のカウンターと展望席になっています。

 

カウンターでは食べ物・飲み物以外に、伊豆クレイル限定のみかんジュースやミカンサワー、物産品なども販売されています。

 

車内を散策したところで、ちょうど展望席から広大な海の景色が見てきました。

 

この日は天気が良かったこともあり、綺麗な海の景色を大いに楽しむことができました!

 

途中の根府川駅では15分ほど停車します。

 

ここで後続の普通列車とスーパービュー踊り子に抜かれました。

ゆったりと食事をする時間を確保するための時間調整といった感じですね。

 

小田原から約45分かけて熱海駅に到着です。熱海では5分ほど停車します。

熱海からも多くの方が乗車してきました。

 

その後も列車はゆっくりと海沿いを走っていきます。

天気が良いこともあり、沿線の浜辺では海水浴に来ている人も多く見られました。

 

熱海から約35分でようやく目的地の伊東駅に着きました。

所要時間は普通列車よりも長いですが、グリーン車でゆったりとした移動を楽しめます!

 

伊豆クレイルは全く急がない列車なので、ゆったりと景色を堪能したい方にオススメと言えます。

今回は座席のみの利用でしたが、今度は食事プランを利用してみたいですね!

 

まとめ:全席グリーン車指定席なので注意

このように伊豆クレイルは、食事付きのプラン以外に、グリーン車指定席のみ利用することもできます。

列車は全てグリーン車指定席なので、乗車前に予めグリーン車指定券を購入しておく必要があります。

 

ただし、グリーン車指定席なので、乗車券に青春18きっぷや定期券を利用することはできないので注意しましょう。

以上、参考になれば幸いです。

 

新幹線と特急踊り子はどちらが良いか?伊豆へのアクセス比較

踊り子とスーパービューの違いとは?特急料金と停車駅に注意

【特急踊り子の乗り方ガイド】停車駅や料金を徹底解説!