あなたは、時間を無駄にしたと感じる時があるでしょうか。

この記事を見て下さっているということは、きっとあなたもどこかで「時間を無駄にしたなぁ・・・」と感じた経験があるるからなのでしょう。私自身もたまに「今の時間は無駄だったなぁ・・・・」と思う時があります。

時間というのは有限であって、お金とは違い得ようと思えば上限なく得られるものではありません。

人生の中で無駄な時間を無くすことができれば、それだけ充実した日々を過ごせるようになることは間違いないです。

今回は、その無駄な時間を無くすための方法について解説していきます!

何を無駄に思うのかは人によって違う

jikantukau (1)

まず時間の無駄といっても、人によって何に時間の無駄と感じるかどうかは違いがあります。

例えば私の場合、昔はテレビゲームが非常に好きだったので、多くの時間をゲームに費やしていました。おそらく累計で1000時間以上はゆうに費やしてきたと思います。笑

よくゲームは時間の無駄といいますが、私の場合はそうは思いません。なぜなら自分の趣味で楽しく遊んでいるのであれば、それは決して無駄な時間ではなく有意義な時間だと感じていたからです。

「ゲームに時間をかけるのは馬鹿らしい!時間の無駄!」と考える人がいる一方、「ゲームをしている時間は楽しく有意義な時間である!」と考える人もいます。

時間を無駄に思うかどうかはあなたの主観次第であるために、どんなことでも「これは誰にとっても絶対に時間の無駄である!」と言い切ることはできません。そこは勘違いしなようにしたいです。

つまりは、あなた自身が時間の無駄だと思うことに近寄らず、それから避けることができれば必然的に無駄な時間は無くなっていきます。

無駄な時間を無くしたいのであれば、この前提となる考え方を常に意識しておくことが必要不可欠と言えるでしょう。

 

無駄な時間を無くすためできること

決断を早くし、素早く行動する

genkihaturatu

個人的に、最も無駄な時間を短縮できる部分は、何か物事を選択する際に発生しする迷いの時間です。

迷うこと自体は問題でありませんが、あまりに時間をかけていては時間はどんどん過ぎてしまいます。

じっくりと迷ったり悩むことは悪いことではありませんが、最終的に選択できる答えは1つであり、どの選択肢が100%正しいかどうかは実際に行動していないと分かりません。

例えば、昼ご飯に何を食べるかを考える場面を想定すると。「ラーメンにしようか、牛丼にしようか、はたまたコンビニ弁当で済ませようか・・・」といった些細なことで悩むことはないでしょうか?ほんの些細なことですが長期的に見れば時間の無駄に繋がる可能性が高いです。

「思い立ったらすぐに行動に移す」これを意識するだけでも、無駄な時間を大きく減らすことができます。

1回に体感できる程の大きな時間短縮にはなりませんが、例え1分の違いでもそれを60回繰り返えせば1時間という大きな時間になります。

そのため、あまり小さなことであればあまり深く考えずに直感で動くことは結果的に無駄な時間を無くすことに繋がります。

ただし、自身の進路やキャリア、人生に関わるような大きな分岐点になり得ることについて悩むような時間は決して無駄な時間ではありません。

そのような人生の大きな節目となるような重要な決断についてはじっくりと悩んで、日常のちょっとした迷い事はパパッと決断してしまうのが良いです。

行動に優先順位を付ける

pointoseirimokhyou

やるべきことに優先順位を付けて行動すると、無駄な時間を大幅に減らすことができます。具体的には「辛いこと・労力のかかることから先に終わらせる」ともいえます。

日常生活の中で、毎日何かしらのやるべきことが発生しますが、それらのやるべきことを箇条書きのような形でまとめて、重要なことは先に追わらせるようにすると無駄な時間が発生しずらいです。

どうしても辛いことや労力のかかることを後に回してしまうと、「まだ辛いことが残っている・・・」「早くあの課題を終わらせなくては・・・」と精神的に焦りや不安を感じてしまうことで他の行動に支障が出る恐れがあります。

逆に、辛いことを先に終わらせてしまえば精神的に余裕が生まれるため、残りの課題も焦らずスムーズに達成することができます。

重要度や労力のかかること、その行動の辛さといった観点から、まずは何をやるべきなのか情報を整理して、それぞれ優先順位を付けて行動していきましょう。

 

目標を明確にする

mokuhyoukeikaku

何か行動する際は目標を持って行動すると、その目標に向かう意識が働きぶれることがありません。ぶれずに行動できるということは、ただ漠然と行動しているよりも無駄な時間を無くすることができます。

また、目標を持っていると迷うことも少なくなり、決断も早くなります。何も目標を持たずに、ただ漠然と過ごしているのではどうしても無駄な時間が増えてしまいます。

いきなり大きな目標を立ててしまうとやる気を無くしてしまいますが、日常の中から少しずつ目標を設定して行動すると良いですね。

例えば、「仕事や学校が終わったら寄り道せずにすぐに帰る」「待ち時間に何かを本を読む」といった小さなことでも良いです。自分ができる範囲内のことから目標を設定して行動しましょう。

 

お金で時間を買う

jikantukau (6)

無駄な時間を無くすといって努力をしても、「これ以上は無駄な時間を無くすことができない!」と思う時もあるでしょう。

無駄な時間を無くすとは少し異なりますが、お金で時間を買うという発想も重要になります。

例えば、あなたが通勤・通学時間が無駄だと感じるのであれば、会社や大学に近いところに移り住む方法があります。

また、電車内で座れずに毎日立っている時間が無駄だと思うのであれば、特別料金を支払ってグリーン車に乗るといった方法も考えられます。

よく「人間が持っている時間は皆同じ」と言われていますが、実際には時間をお金で買うことは可能です。

もし、あなたが時間を無駄にしたくないと思うのであれば、お金を何のために使うのか、そのお金を使う目的もよく考えてみると良いですよ。

 

まとめ:ちょっと意識を変えれば無駄な時間は削減できる!

このように無駄な時間を無くすことは単純であり、あなたにとって無駄な時間だと感じる時間を無くしていけば無駄な時間は自然となくなっていきます。

何を時間の無駄と感じるかは人それぞれですが、個人的には決断を早くしてテキパキ行動することが無駄な時間を無くす最も簡単な方法だと思います。

一見すると難しいようにも見えますが、ほんのちょっと意識を変えて行動に移すだけで無駄な時間は無くすことができます!

本当に時間を無駄にしたくないのであれば、日常のちょっとした迷いを減らして無駄な時間を減らしていきましょう!無駄な時間がなくなれば、きっと充実した日々を過ごせると思いますよ!!