JR九州の「787系」の特急列車に設けられている「DXグリーン」

グリーン車よりもさらにワンランク上の座席であり、1つの列車に3席しかないハイグレードな座席となっています!

特急列車のグランクラスとも言えますが、新幹線のグランクラスとはまた違った魅力があります!(比較するのも変ですが。笑)

今回は、そのDXグリーンに乗るための方法やDXグリーンの魅力について紹介していきます!

DXグリーンとは?

DXグリーンは、九州の特急列車である787系の一部に設けられており、主に「かもめ」「にちりん」「きらめき」「かいおう」などで利用することができます。

787系というのはこちらの黒い車両です。九州のターミナル駅、博多駅では頻繁にやってきます。

ただ、787系であっても必ずしもDXグリーンが付いているとは限らず、列車によってはDXグリーンがなく通常のグリーン車のみといった車両もあります。

こちらのJR九州の特急列車案内”の中でDXグリーンが付いている車両がどれかが分かるので、事前に確認しておきましょう。

DXグリーンはグリーン車の一番奥、仕切り越しに設置されています。

DXグリーンは全部で3席しかなく、二人掛けの窓側がA席通路側がB席となっており、

反対の一人掛けの席がC席となっています。

 

DXグリーンの利用方法

DXグリーンの切符を購入する方法としては

  • みどりの窓口で購入
  • 駅の指定席券売機で購入

の2つの方法があります。JR九州のインターネット列車予約ではDXグリーンは扱っていないので注意しましょう。

指定席券売機で購入する方が楽ですが、元々座席3席しかないため券売機で買おうとすると座席場所の指定ができません。(ただ一人で利用する場合には自動的に一人掛けのC席となることが多いです。)

もし、座席指定を希望するのであればみどりの窓口で購入すると良いでしょう。

 

ちなみに、JR東日本やJR西日本のみどりの窓口や指定席券売機でもDXグリーン券を購入できます。

ただ、DXグリーンはJR九州以外にはないので、窓口で購入する際はDXグリーンであることをしっかりと伝えないと係員が勘違いして通常のグリーン車の切符を取ってしまうのでそこは気を付けましょう。

 

DXグリーンの料金

営業キロ100キロまで200キロまで201キロ以上
通常のグリーン料金1,030円1,570円2,520円
DXグリーン料金1,650円2,670円3,700円

DXグリーンの料金は通常のグリーン車料金のおおよそ1.5倍ほどの値段であり、通常のグリーン券と同様に距離に応じて料金が変動します。

ちなみに、博多駅~長崎駅の営業キロは約150キロほど、大分駅~宮崎駅の営業キロで約207キロといった形です。

201キロ以上になる列車は博多~小倉~大分~宮崎を結ぶ日豊本線の「にちりん」または「にちりんシーガイア号」ぐらいしかありません。

また、一部区間では料金が上記の表とは異なる金額になるため詳細は”こちらのJR九州のグリーン券案内(PDF)”を参考に。

 

DXグリーンの設備と魅力

DXグリーンの座席はグリーン車の座席よりもシートがよりふかふかなので座り心地は最高です!

座り心地としては私が好きな特急列車である特急いなほのグリーン車座席とも似た感触です。

 

座席の前後のスペースも十分に確保されており、足を延ばしても全く問題ありません。

 

テーブルは側面に収納されており、取っ手を引き上げることでテーブルを出せます。

割と年季が入っているためか引き出すのが大変です。

 

テーブルの大きさとしてはノートパソコン一台分ぐらいですね。

ただ、前後に動かすといった位置の調整はできないのでパソコンはやりずらいでしょう。

 

リクライニングは座席にあるボタンを押すことで自動で動きます。ライトのボタンは読書灯です。

 

リクライニングやレッグレスト機能も非常に優れており可動範囲がとんでもなく大きいです。

 

リクライニングを最大まで倒してレッグレストを上げれば余裕で寝ることができます。

枕もふかふかなのでぐっすり寝ることができるでしょう。(正直、寝るにはもったいないですが。笑)

ここまでシートを倒せるのはDXグリーンだけですね。あのグランクラスでさえも、さすがにここまで倒すことはできません。笑

 

また、座席の窓側にコンセントが付いているため、スマートフォンやパソコン等の電子機器の充電もできます。

通常のグリーン車座席にはコンセントはないのでこの差は大きいです。

 

座席の向きの関係からか、前と後ろの側面に1箇所ずつコンセントが設置してあります。

 

座席の上部は航空機と同じような荷物棚となっています。

お土産品や手荷物もバッチリ収納できるため、荷物が多い時でも安心です。

さらに、ハンガーも付いているため上着をかけておくこともできます。

 

個人的に、DXグリーン車は長距離を移動する際手荷物が多い時に利用するのがオススメかと思います。

長時間座っていても全く疲れず、座席のスペースに関しても圧倒的な広さなので、例え荷物を沢山持ってヘトヘトの状態でも快適に過ごすことができます。

特に、疲れきった状態で、なおかつお土産などで荷物が多くなりがちな旅行の終わり際に利用すればDXグリーンの真価を発揮できることでしょう!

 

ただ1つ難点として、これらのDXグリーンの付いている特急列車には車内販売がありません。

長距離を移動する際には、事前に飲み物や食べ物を買っておくことをオススメします。

 

まとめ:長距離移動の際には利用する価値アリ!

DXグリーンについてまとめると

  • 快適さはJR九州の車両の中でもトップクラス!
  • DXグリーン券は窓口/券売機のどちらでも購入可
  • 1つの列車に3席のみ(二人掛けの窓側がA席、通路側がB席、一人掛けがC席)
  • コンセント完備
  • 全ての特急列車にDXグリーンがある訳ではない
  • 車内販売はない
  • 長距離移動の際にオススメ(特に、特急にちりん)

といった感じです。

DXグリーンは乗っていて疲れることもなくコンセントも付いているために、とりわけ長距離を移動する際に利用するのがオススメです!

快適さだけなら通常のグリーン車でも十分ですがDXグリーンはそれ以上の快適さと魅力があるので、九州旅行の記念にぜひとも一度はDXグリーンに乗ってみることをオススメします!

また、同じ787系の列車にはグリーン車個室という完全個室のコンパートメント席もあります。

こちらも快適性は抜群であり、さらに複数人で利用するとお得になるので、2人以上なら個室もオススメです!

参考:【JR九州】グリーン車個室の魅力はこれ!実は一人でも利用できる!?