品川・上野から茨木県の水戸や勝田を結ぶJR東日本の路線「常磐線」

この常磐線には快速列車も走っており、新快速やつくばエクスプレスと並んで最速の130kh/運転を行う路線です。

 

しかし、常磐線の種別には、

  • 特急列車(ひたち・ときわ)
  • 常磐線特別快速
  • 常磐線快速
  • 常磐線快速(普通/中距離列車)
  • 常磐線各駅停車

の実質5つの種別があるため、不慣れな人からしたら分かりずらいと思うかもしれません。

今回は、そんな常磐線の各種別ごとの停車駅や、常磐線快速と普通の違いについて解説していきます。

常磐線・特急列車について

常磐線で最も早い列車は、「特急ひたち・ときわ」の特急列車です。

特急なので乗車には乗車券の他に、特急券が必要になります。青春18きっぷは利用できません。

 

常磐特急の詳細は「特急ひたち・ときわの停車駅と乗り方」を参考にして頂ければと思います。

 

常磐線・特別快速の停車駅

特別快速の途中停車駅は以下の通りです。

・品川(しながわ)
・新橋(しんばし)
・東京(とうきょう)
・上野(うえの)
・日暮里(にっぽり)
・北千住(きたせんじゅ)
・松戸(まつど)
・柏(かしわ)
・取手(とりで)
・藤代(ふじしろ)
・佐貫(さぬき)
・牛久(うしく)
・ひたち野うしく(ひたちのうしく)
・荒川沖(あらかわおき)
・土浦(つちうら)

 

特別快速は、常磐線の中で特急の次に早い種別であり、全ての列車が品川~土浦の区間で運転されています。

他の快速列車が停車駅する、三河島、南千住、我孫子、天王台は通過するので注意しましょう。

 

特別快速は乗車券のみで利用できます。

もちろん、青春18きっぷや休日おでかけパスを利用しての乗車も可能です。

 

特別快速は日中の時間帯に運転されており、上野方面の上りが5本、土浦方面の下りは6本運転されています。

平日・土休日共に1時間毎の運転で、朝夕の通勤通学時間帯には運転されません。

 

なお、特別快速は15両編成で、グリーン車が付いています。

 

常磐線快速の停車駅

常磐線快速のラインカラーは薄黄緑色で、停車駅は以下の通りです。

・品川(しながわ)
・新橋(しんばし)
・東京(とうきょう)
・上野(うえの)
・日暮里(にっぽり)
・三河島(みかわしま)
・南千住(みなみせんじゅ)
・北千住(きたせんじゅ)
・松戸(まつど)
・柏(かしわ)
・我孫子(あびこ)※一部列車は成田線直通
・天王台(てんのうだい)
・取手(とりで)

 

常磐線快速は、基本的に品川・上野~取手間で運転されています。

後述の常磐線快速(普通/中距離列車)とは異なり、取手以北の各駅へは行きません。

 

また、一部の列車は我孫子駅から成田線に直通します。

成田線内の停車駅は以下の通りです。

・我孫子(あびこ)
・東我孫子(ひがしあびこ)
・湖北(こほく)
・新木(あらき)
・布佐(ふさ)
・木下(きおろし)
・小林(こばやし)
・安食(あじき)
・下総松崎(しもうさまんざ)
・成田(なりた)

なお、成田線内は各駅停車となり、全ての駅に停車します。

 

ちなみに、常磐線快速が全て取手駅止まりなのは、取手駅よりも先の駅から架線の電化方式が変わるためです。

常磐線快速で使用されているE231系電車は、取手以北の電化方式に対応していないため、取手以北への直通列車は後述の青色の車両が使われています。

 

常磐線快速(普通/中距離列車)の停車駅

常磐線快速(普通/中距離列車)は、取手よりも先、友部・水戸・勝田方面まで直通する列車です。

特別快速と同様の青いラインカラーの車両が使われています。

 

品川~取手間の停車駅は常磐線快速と全く同じで、取手以北は、

・取手(とりで)
・藤代(ふじしろ)
・佐貫(さぬき)
・牛久(うしく)
・ひたち野うしく(ひたちのうしく)
・荒川沖(あらかわおき)
・土浦(つちうら)
・神立(かんだつ)
・高浜(たかはま)
・石岡(いしおか)
・羽鳥(はとり)
・岩間(いわま)
・友部(ともべ)
・内原(うちはら)
・赤塚(あかつか)
・水戸(みと)
・勝田(かつた)

の各駅に止まります。

 

時刻表などの案内には常磐線快速(普通)といった感じで表記されるので、上記の常磐線快速との違いが分かりずらいですが、基本的に行き先が違うだけで途中停車駅は同じです。

取手よりも先の駅へ行く場合には、この青色の常磐線快速を利用しましょう。

 

常磐線各駅停車について

常磐線の各駅停車は、北千住・綾瀬から我孫子・取手間を走ります。

北千住~我孫子間で常磐線快速が停車しない駅は、この各駅停車に乗る必要があります。

 

また、常磐線各駅停車の多くは、東京メトロ千代田線と直通しています。

北千住以南からメトロ区間となるので、青春18きっぷやフリー乗車券類を利用する際は注意しましょう。

 

常磐線各駅停車の停車駅は以下の通りです。

・北千住(きたせんじゅ)
・綾瀬(あやせ)
・亀有(かめあり)
・金町(かなまち)
・松戸(まつど)
・北松戸(きたまつど)
・馬橋(まばし)
・新松戸(しんまつど)
・北小金(きたこがね)
・南柏(みなみかしわ)
・柏(かしわ)
・我孫子(あびこ)
・天王台(てんのうだい)
・取手(とりで)

 

メトロ方面へは代々木上原、 向ケ丘遊園、成城学園前行きの列車が多く、一部の列車は神奈川県の小田急小田原線まで直通します。

乗り通すと時間がかかるので、急いでいる場合は途中駅にて快速列車に乗り換えると良いでしょう。

 

まとめ:快速は2種類あるが違うのは行き先のみ

このように常磐線は、品川・上野方面から土浦・水戸を結ぶ路線であり、各種別によって途中停車駅や運転区間が異なります。

特に、常磐線快速常磐線快速(普通/中距離列車)は名称が似ているのでややこしいですが、違うのは取手以北へ直通するかしないかの違いだけです。

 

実際に乗車する際は、行き先や途中停車駅に注意しましょう。

以上、参考になれば幸いです。

 

常磐線・関連記事

【西日本最速】JRの新快速に乗ってみた

【瀬戸大橋を渡る!】快速マリンライナーの乗車方法を徹底解説

【最速130km!】つくばエクスプレスの魅力を徹底解説!

【途中停車は十日町だけ!】超快速スノーラビットに乗ってみた

【在来線最速列車まとめ】普通列車は時速130キロが最速列車に

【新幹線速度ランキング】日本で一番早い新幹線はこれ!