乗車券には移動する距離に応じて有効期限(有効日数)が設定されています。

新幹線が整備された現代では1日かからずに移動することが可能ですが、有効期限内であれば途中下車を行うことで1枚の切符を最大限に活用できます。

特に、鉄道旅行を行うのあれば乗車券の「有効期限」と「途中下車」の制度は知っておいて損はありません!

今回は、そんな乗車券の有効期限と途中下車の方法について解説していきます。

乗車券の有効期限について

乗車券の有効期限は基本的に「移動する距離(営業キロ)」に応じて変わっていきます。

距離ごとの有効期限は次の通りです。

移動距離有効期限
100キロまで当日のみ有効
101キロ以上
200キロまで
2日
400キロまで3日
600キロまで4日
800キロまで5日
1000キロまで6日

※以後、1001キロ以上は200キロごとに有効期限が1日ずつ増えます。

 

ただし、大都市近郊区間内のみの移動の場合は、例え片道101キロ以上の切符であったとしても、有効期限は当日のみで後述の途中下車もできません。

 

例えば、東京駅から長野の松本駅までの営業キロは235キロと本来であれば有効期限は3日になるところ、東京と松本はどちらも東京近郊区間内なので実際の有効期限は1日となってしまいます。

この大都市近郊区間は、東京、仙台、新潟、大阪、福岡の5つの都市で設定されているため、これら地域での移動は注意したいです。

参考:【JR公式】大都市近郊区間のエリアについて

 

途中下車について

途中下車というのは、切符に表記された区間を移動する途中で、改札外に出ることを言います。

乗り換えのために列車を降りることは途中下車とはなりません。(田舎のワンマン列車を除く)

 

途中下車ができる切符は、原則として有効期限が2日以上の切符です。

 

  • 有効期限が当日のみの乗車券
  • 大都市近郊区間内のみの乗車券
  • SuicaやPASMOなどのICカード乗車券

といった乗車券では途中下車ができません。

これらの切符で途中下車してしまうと改札機に切符が回収されてしまいます。

また、東京都区内や大阪市内、札幌市内といった特定の都区市内が発着となる乗車券は、それぞれ同じゾーン内の駅では途中下車できないので注意が必要です。

 

ちなみに、乗り換え列車まで数時間待たされるといったやむを得ない事情がある場合は、駅員の裁量で一時的な途中下車が認められる場合があります。

特に、地方のローカル線は列車本数が2~3時間に1本で接続が悪かったり、待合室が改札外というのも珍しくないので、そのような場合は駅員に申し出ましょう。

私自身も過去に一度だけ、JR北海道の岩見沢駅から室蘭本線に乗り換える時に2時間弱もの待ち時間があったため、特例として当日乗車券で途中下車をしたことがあります。

 

特急券や指定券は途中下車無効

注意として、自由席特急券や指定券といった乗車券とは別の指定席券に関しては、途中下車をすると無効になります。

特急列車や新幹線を利用する場合、通しの特急券だと無効になってしまうため、

  • 出発駅から途中下車する駅までの特急券
  • 途中駅から到着駅までの特急券

というように別途で用意する必要があるので注意したいです。

 

また、お得な切符や割引切符の中には途中下車ができるものとできないものがあるので、そのような企画乗車券を利用する際は利用案内を良く読むようにしましょう。

 

途中下車の方法・やり方

自動改札機が設置された駅では、自動改札機に乗車券を通せば途中下車が可能です。

途中下車ができる乗車券なら自動的に切符排出されるので取り忘れに注意しましょう。

 

自動改札機がなく、有人改札のみの駅で途中下車をする場合は、改札の駅係員に「途中下車をしたい」と申し出ることで途中下車が可能です。

途中下車の際に切符にスタンプを押してもらえます。(駅によってはそのまま通れることもあります。)

再入場の際はそのスタンプを見せて「再入場です」と伝えれば改札を通れます。

 

無人駅やワンマン列車を利用する場合は、降車時に運転手に途中下車の旨を伝えれば、途中下車が可能です。

 

途中下車は後戻りしない限り何回でも可能!

途中下車の一番のメリットは、後戻りしない限り何回でも途中下車ができるという点です。

これの何が良いかというと、1枚の切符で途中駅に寄り道したり、複数の地域を観光することもできるということです。

 

例えば、東京~大阪の乗車券を買ったとします。

東京~大阪の営業キロは片道587キロなので、乗車券の有効期限は4日もあります。

この区間は東海道新幹線「のぞみ」を利用すれば最短2時間半ほどで行けてしまう距離ですが、

  • 1日目:東京から静岡まで普通列車で行き、静岡で途中下車
  • 2日目:静岡から東海道新幹線に乗り、名古屋で途中下車
  • 3日目:名古屋から特急列車に乗り、米原で途中下車
  • 4日目:米原から普通列車で大阪へ到着

といった風に途中下車を行えば、1枚の乗車券で複数の途中駅に寄り道することができるのです。

有効期限内であれば何度でも途中下車できるので、時間と列車時刻の許す限り、途中下車を繰り返すことは不可能ではありません。

 

また、途中下車を利用すれば毎度乗車券を買う必要がなく、乗車券も1枚の切符で済むので楽です。

鉄道旅行を行うなら途中下車の制度は非常にお得かつ便利なので、上手く使いこなしましょう!

 

まとめ

このように乗車券の有効期限は営業キロに応じて日数が増え、有効期限が2日以上の乗車券は途中下車が可能になります。(大都市近郊区間内の移動を除く)

長距離片道切符であれば各主要都市で途中下車しつつ観光を楽しんだり、途中で秘境駅に立ち寄るといったこともできます。

鉄道旅行において途中下車制度はとても便利なので、長距離を移動する場合には移動のついでに途中下車の旅も楽しみましょう!

以上、参考になれば幸いです。