東京・上野・新宿方面から栃木県の宇都宮~黒磯を結ぶ在来線「宇都宮線(東北本線)」

この宇都宮線には

  • 普通
  • 快速ラビット
  • 通勤快速

の3つの種別があります。

 

ただ、宇都宮線には湘南新宿ラインや上野東京ラインからの直通列車が走っているため、途中停車駅や行き先がややこしいことになっています。

今回は、そんな宇都宮線の各列車ごとの停車駅について解説していきます。

宇都宮線の停車駅

宇都宮線の停車駅は以下の通りです。

上野(うえの)
・尾久(おく)
・赤羽(あかばね)
・浦和(うらわ)
・さいたま新都心(さいたましんとしん)
・大宮(おおみや)
・土呂(とろ)
・東大宮(ひがしおおみや)
・蓮田(はすだ)
・白岡(しらおか)
・新白岡(しらおか)
・久喜(くき)
・東鷲宮(ひがしわしのみや)
・栗橋(くりはし)
古河(こが)
・野木(のぎ)
・間々田(ままだ)
・小山(おやま)
小金井(こがねい)
・自治医大(じちいだい)
・石橋(いしばし)
・雀宮(すずめのみや)
宇都宮(うつのみや)

ここでは便宜上、上野からになっていますが、実際には上野東京ラインや湘南新宿ラインからの直通により、熱海・東京方面からも列車がやってきます。

下り(宇都宮)方面の列車は、古河、小金井、宇都宮行きの列車が多く、上り(上野)方面は、上野、逗子、小田原行きの列車が多いです。

 

また、一部の列車は宇都宮から先の黒磯駅まで直通しており、宇都宮以北は

・宇都宮(うつのみや)
・岡本(おかもと)
・宝積寺(ほうしゃくじ)
・氏家(うじいえ)
・蒲須坂(かますさか)
・片岡(かたおか)
・矢板(やいた)
・野崎(のざき)
・西那須野(にしなすの)
・那須塩原(なすしおばら)
・黒磯(くろいそ)

の各駅に止まります。

最も運転区間が長い列車は、東海道線の熱海駅から東北本線の黒磯駅到着の列車です。

 

快速ラビットの停車駅

快速ラビットの停車駅は以下の通りです。

・上野(うえの)
・赤羽(あかばね)
・浦和(うらわ)
大宮(おおみや)
・蓮田(はすだ)
・久喜(くき)
・古河(こが)
小山(おやま)
・小金井(こがねい)
・自治医大(じちいだい)
・石橋(いしばし)
・雀宮(すずめのみや)
・宇都宮(うつのみや)

快速ラビットはほぼ全ての列車が宇都宮発着であり、上野駅始発の快速ラビットは土休日のみ運転されます。

快速運転が行われるのは大宮~小山間であり、それ以外の区間は全ての駅に停車します。

 

この区間で通過するのは、間々田、野木、栗橋、東鷲宮、新白岡、白岡、東大宮、土呂です。

これらの各駅を利用する際は、途中駅で普通列車に乗り換えましょう。

 

また、一部の列車は湘南新宿ラインや上野東京ラインに直通しており、種別も直通先によって変化します。

例えば、東海道線(東京~熱海)区間は快速アクティー、湘南新宿ライン(横浜~池袋)は快速といった形で種別が変わります。

 

直通先へそのまま行く場合には、車内アナウンスにて途中停車駅を確認しましょう。

 

通勤快速の停車駅

上野(うえの)
尾久(おく)
・赤羽(あかばね)
・浦和(うらわ)
・大宮(おおみや)
・久喜(くき)
・古河(こが)
小山(おやま)
・小金井(こがねい)
・自治医大(じちいだい)
・石橋(いしばし)
・雀宮(すずめのみや)
・宇都宮(うつのみや)

通勤快速は平日のみの運転で、全ての列車が上野~宇都宮での運転となっており、上り下り共に夕方以降の帰宅時間帯に運転されています。

途中停車駅は快速と若干異なり、尾久に停車しますが、蓮田は通過します。快速とは途中停車駅が異なるので注意しましょう。

 

なお、他の種別と同様に、小山~宇都宮・黒磯間は全ての駅に停車します。

通勤快速が通過する駅を利用する場合は、途中駅にて普通列車に乗り換えましょう。

 

まとめ:直通先では種別が変わることもあるので注意

宇都宮線は、全線で見ると上野~黒磯の長距離路線となっていますが、多くの列車は古河・小金井・宇都宮発着です。

快速列車や通勤快速は途中通過駅があるので、利用する際は途中停車駅に注意してください。

 

また、直通先によっては種別が変更されることがあるので、各路線をまたいで移動する際は車内等のアナウンスにて確認しましょう。

 

【湘南新宿ラインの停車駅はこれ!】上野東京ラインとの違いについて

【通勤快速は横浜通過】東海道線の種別の違いを徹底解説!

埼京線の快速停車駅を徹底解説!通勤快速は武蔵浦和のみ停車