京王線において初めて導入された座席指定車両「京王ライナー」

京王ライナーは2月22日に導入されたばかりの新型車であり、私自身も以前から気になっていた車両でもあります。

他社でいうところの「通勤ライナー」といった感じの列車ですが、京王ライナーの場合は平日以外に土日祝日でも運転されるのが特徴の列車です。

今回は、そんな京王ライナーに実際に乗ってきたので、その乗り方と乗車記について紹介していきます。

京王ライナーの乗り方ガイド

京王ライナーを新宿駅から乗車する場合、乗車券の他に座席指定券を購入する必要があります。

指定席券の料金は大人子供どちらも一人400円です。

 

列車は全席指定席なので満席時には乗車することができません。

指定券を買わずに乗車した場合、割増料金の700円を支払う必要があるので注意しましょう。

 

切符の購入方法

指定席券はインターネット予約または駅の券売機から購入します。

どちらも当日運行する列車のみ予約可能なので、指定券は乗車当日に購入しましょう。

乗車当日の朝4時30分から指定券を購入できます。

 

インターネット予約は「京王チケットレスサービス」にて行います。

ただし、チケットレスサービスを利用する場合、事前の会員登録とクレジットカードの登録が必要です。

京王沿線のユーザーであれば利用機会は多々あると思うので登録しておいて損はないでしょう。

 

インターネット予約なら座席を指定できるのが大きなメリットですね。

細かく指定できるので、複数人で並んで座りたいという方でも安心です。

ちなみに、駅の券売機だと座席は自動的に割り当てられてしまうため、座席を指定したい場合はチケットレスサービスを利用しましょう。

 

購入が完了したら、あとは京王ライナーに乗るだけです。

チケットレスなので指定券の発行は不要であり、切符の購入後は指定の座席に座っていれば問題ありません。

 

実際に京王ライナーに乗ってみた

今回乗車した京王ライナーは新宿駅を17時20分に出発する橋本行きです。

出発の30分ほど前に新宿駅へ来ましたがこの時点ではまだ空席がありました。

 

京王ライナーの切符売り場は、新宿駅の改札外と改札内のどちらにも設けてあります。

当日、その場で購入したい場合でもこの座席指定券の券売機から購入できます。

今回は事前にチケットレスで切符を購入しておきました。

 

京王ライナーは2番線から出発します。

駅ホームではすでに鉄道ファンらしき人が大勢おり、土曜ということから親子連れの方も多く見られました。

 

列車は出発時刻の3分ほど前にホームにやってきました。

 

車両は京王ライナー用として新たに作られた電車(二代目5000系電車)ということもあり、大勢の人が記念に写真を撮っていました。

京王線らしくピンク色のラインカラーが特徴的ですね。

 

今回はこの京王ライナーで終点の橋本まで行きます。

乗車の際に切符の確認などはなく、予め購入しておいた指定座席に座るだけなので利用者としては楽ですね。

 

出発前に列車は満席という放送が入りましたが、その通りに車内は混雑していました。

車内の配色は温かみのある暖色であり、普通の通勤電車と比べて車内の雰囲気は違います。

ちなみに、京王ライナーにトイレは付いていませんが、新宿~八王子を乗り通しても乗車時間は40分弱なので無くても問題ないでしょう。

 

車内の液晶パネルでは駅の案内表示と、京王ライナーの宣伝広告が掲示されていました。

まだ運用開始直後ということもあり、通常の車内広告は掲示されていません。

 

座席は一部座席を除いて全てクロスシートになっています。

この座席はロングシートに回転することもできる回転式の座席(デュアルシート)です。

以前乗った西武鉄道のSトレインや東部東上線のTJライナーと同じタイプの座席ですね。

 

座席の色は温かみと高級感を感じられる配色であり、通勤電車のチープな印象はなくデザイン的には結構良い感じですね。

 

コンセントも各座席に1つ設置されています。最近の有料列車はコンセント完備が当たり前になってきましたね。

ただし、テーブルやリクライニング機能は付いていません。

 

回転シートということもあり足元は若干狭いですが、京王ライナーは乗り通しても40分程度なので問題ないでしょう。

それよりも400円で確実に座れるというメリットの方が大きいかと思います。

 

私が今回指定した座席は8Aの窓側です。

 

この座席は窓の位置もちょうど良いので、外の景色を眺める際にはオススメですね。

ただ、京王ライナーは基本的に夜に運転されるので車窓はあまり楽しめませんが。笑

土日ダイヤなら17時台のライナーがあるので、車窓を楽しむつもりなら土日夕方のライナーに乗りましょう。

 

列車は混雑の影響で予定時刻より5分ほど遅れて出発しました。

列車の速度はあまり早くなく、途中の信号で停止することが何度かありました。

 

多摩川を超えたあたりから列車のスピードが上がり、スマホのGPS速度計で図ったところ110キロ近くまでスピードを上げていました。

特別早い訳ではありませんが、従来の京王線特急・準特急に比べれば所要時間も短縮されています。

 

新宿出発から約25分後、京王永山駅に到着しました。

指定席券が必要なのはこの駅までであり、京王永山からは指定席券なしでも乗車できます。

この後の途中停車駅は準特急と同じ「京王多摩センター」「南大沢」の2駅です。

 

日が暮れてしまったので外の景色は良く分かりませんが、関東の電車でも快適なクロスシートに座れるというのはやはり良いですね。妙に新鮮な感じです。笑

 

橋本到着前に車内をもう一度見て回りましたが、車内に無線LANの案内も掲示されていました。

 

3列のロングシートはこのような感じです。

ロングシートなのにひじ掛けが付いているのは珍しいですね。

 

ロングシートの座席にもコンセントが付いています。

こちらはひじ掛け下についているので、コンセントの位置的にはこの方が使いやすいでしょう。

 

後方から見た様子ですが、クロスシートが並ぶ車内を見ると何だか関東の電車とは思えない雰囲気です。

 

各車両の両端部には車椅子・ベビーカー用のスペースが用意されています。腰当も付いていました。

各車両に1か所づつ車椅子のスペース設けているのは全国の列車を見ても初の試みではないでしょうか?

車両設備・バリアフリー化といった技術面でも進歩していると言えますね。

 

そして、新宿出発から約35分で終点の橋本駅に到着しました。

思っていた以上に走行音は静かであり、移動時間を快適に過ごすことができて満足です!

個人的に400円で必ず座れてなおかつ車内もこれだけ快適なら文句はありませんね。笑

また、機会があれば京王ライナーを利用したいです。

 

まとめ:京王初!+400円必ず座れる列車

このように京王ライナーに乗車するためには、乗車当日に指定席券(一人400円)を購入しておく必要があります。

+400円で必ず座れるので帰宅ラッシュ時にゆっくり座って帰りたいという方にオススメの列車と言えます!

また、京王ライナーは土日祝日も運転しているので、お出かけの帰りや荷物の多い時などにも京王ライナーを利用してみてはいかがでしょうか?

 

列車の詳細については「京王ライナー公式HPを参考にして頂ければと思います。