「カバンの中に切符を入れたはずだけと見当たらない!」

「切符を失くしてしまったかも!」

 

電車や新幹線を利用していると、何らかの拍子に切符を失くしてしまうこともあるでしょう。

今回は、切符を失くしてしまった時の対処法について解説していきます。

切符を失くしてしまった時の対処法

まずは近くの駅員に切符を失くしてしまったことを伝えましょう。

 

駅の有人改札または精算所の係員に「すみません、切符を失くしてしまったのですが」と伝えます。

 

新幹線や特急列車の場合、車掌さんまたは新幹線改札内の精算所に申し出ます。

とにかく切符を失くしたことが分かった場合には、早めに駅員・車掌に声をかけることが大事です。

 

駅員に伝えると「どこから乗車しましたか?」と乗車区間を聞かれるので正直に答えましょう。

 

切符は再発行が原則

基本的に切符を紛失した場合は、再度同じ区間の切符を購入することが原則となっています。

駅員の裁量次第では注意だけで見逃してくれることもありますが、JRのルール上では再発行が原則なので注意しましょう。

 

また、この時、紛失した切符と同じ区間でないと、後日切符が見つかった時の払い戻しができなくなります。

再購入の料金を抑えようと、わざと乗車区間を短くして伝えてしまうと払い戻しが無効となるので、乗車した区間は正直に伝えましょう。

 

再発行する切符は紛失した切符と同じ区間・列車の切符で、割引なしの正規料金となります。

なお、定期券や回数券、特別企画切符といった特殊な切符に関しては、再発行ができないので紛失しないように注意したいです。

 

再発行した切符には「紛失再」という印字が押され、下車駅の精算所または有人改札で「再収受証明」を受けます。

再発行した切符は持ち帰る必要があるので、必ず有人改札を通るようにしてください。

 

後から切符が見つかった場合

切符を紛失した後、後から失くした切符が出てきた場合には、その見つかった切符と紛失再発行した切符(再収受証明を受けた切符)を持って、駅の窓口へ行きます。

 

駅窓口にて「払い戻しを行いたい」と伝え、見つかった切符と「再収受証明」のある切符を提示しましょう。

払い戻しの条件を満たしていれば、「再収受証明」のある切符の料金から手数料220円(指定券は330円)を差し引いた額が払い戻されます。

 

ただし、払い戻しの手続きの期限は1年以内なので、紛失した切符が見つかり次第、早めに払い戻し手続きを行いましょう。

 

まとめ:紛失は基本的に再発行が必要

切符を失くしてしまった場合、基本的に再度料金を支払うことになりますが、後日切符が見つかった場合には払い戻しが可能です。

再収受証明を忘れずに受け取り、後日、失くした切符が出てきた場合には払い戻し手続きができます。

 

実際のところ駅係員の裁量次第で見逃してくれるケースもありますが、JRのルール上では再発行が原則なので注意しましょう。

どちらにしても今後は切符を失くさないように十分注意してくださいね。

 

以上、参考になれば幸いです。