車を運転する人なら一度は迷ったことがあるであろう、黄色信号の対応

私も車を運転していると「黄色だが今からは止まれないかも。でも、このまま通過するにも間に合うか分からない。」というように一瞬判断に迷う時があります。

黄色信号の交差点に差し掛かった場合、停止するか、通過するかを瞬時に判断しなくてはならないため、車を運転する上でも非常に神経を使う場面ですよね。

今回は、そんな悩ましい黄色信号の時の対応について考えていこうかと思います。

突然の黄色信号の対処法

法律的には止まるのが原則

まず、道路交通法において黄色信号は、赤信号と同じ「止まれ」を意味しているため基本的に黄色信号であっても止まらなくてはいけません。

稀に黄色信号は「急いで進め」と勘違いしているドライバーがいますが誤りで、黄色信号でも赤信号と同様に止まる必要があります。

 

しかし、黄色信号には例外があり、

  • 原則:停止位置をこえて進行してはならない
  • 例外:黄色の信号が表示された時に停止位置に近接しているため、安全に停止することができない場合を除く

という例外であり、安全に止まれそうにない場合は通過しても良いという決まりです。

例えば、停止線を越えて交差点に入った後に黄色信号となった場合には、その場で止まるよりも通過した方が安全なのは何となく分かるかと思います。

交差点のど真ん中で止まってしまったら他の車の通行を妨げてしまうので、それを防ぐためにもこの例外には意味があります。

ただ、言い換えてみれば「停止線まで余裕がある車は止まれ」という意味にもなります。

咄嗟の黄色信号にはどうするべきか?

最も悩ましい場面は、交差点に入る前、停止線に近くとも近すぎない微妙な位置で黄色信号になってしまった場合でしょう。

停止線から出ることなく止まるには難しい状況だったり、急ブレーキをかけたら後続車に追突されそうな状況など、止まるとかえって危険を伴うこともあるかと思います。

そのような状況から、黄色信号は「止まれ」だと分かっていても「通過した方が良いのではないか」と思ってしまうのも無理はないです。

 

しかし、そのような微妙な位置でもやはり安全運転のためならば、止まることを優先した方が良いです。

とりわけ交差点は交通事故の発生場所として最も多い場所であるため、ちょっとした不注意で事故が起こりうる危険な場所です。

黄色信号の中を無理に加速して交差点内に侵入した場合、飛び出してきた歩行者や自転車に対応できない可能性があります。

また、多少停止線を超えて止まったとしても、止まっている分事故を起こす危険は低く、無理に交差点を走り抜けるよりかは安全と言えます。

そのような危険を回避するために、黄色信号の時に急ブレーキを踏んでしまうのはやむを得ないことでしょう。

 

後続車に追突される心配もありますが、本来後続車両は、前の車が急ブレーキを踏んでも対応できるよう十分な車間距離を取ることが義務付けられています。(車間距離不保持の違反もあります。)

仮にも、黄色信号で止まるために急ブレーキをかけたことが原因で後続車に追突された場合、追突された側の過失はゼロであることが殆どです。(後方車両が100%の過失)

法律上「黄色=止まれ」であることには変わりないため、よっぽど前方車両が悪意のある行為(当たり屋行為)をしていなければ、追突された側に過失が付くことはありません。

そのようなことから、黄色信号はできる限り停止することを優先した方が良いと言えます。

また、交差点が近づいてきたら、前方車両との車間距離に余裕を持たせるよう気を付けることも重要ですね。

 

まとめ:どっちかで迷ったら止まった方が良い

道路交通法では黄色信号は「止まれ」が原則なので、交差点に入る前であれば、まず第一に止まることを優先する必要があります。

特に、交差点では青信号に変わる前に歩行者が飛び出してくることもあるので、無理に速度を上げて通過するよりも、あえて止まった方が重大事故を防げる可能性は高くなります。

交差点に差し掛かる際は無理にスピードを上げず、前方車両との車間距離も十分に開け、突然の黄色信号でも対応できるようにすることが重要です。

最後に、もし「止まった方が良いか」「通過した方が良いか」で迷った際には、止まるよう意識するようにしましょう。

以上、少しでも安全運転に繋がれば幸いです。