鉄道ファンの方なら、(たぶん)誰しもが知っているであろう「国鉄115系・113系車両」

かつては横浜~東京の東海道線でも活躍していた車両であり、横浜在住の私も昔はよくこの電車に乗ったものです。

 

私自身、115系・113系は「乗っていて楽しい列車」の1つでしたが、今では老朽化による置き換えが進み、運用される地域もかなり減ってきました。

今回は、そんな国鉄115系・113系の魅力や、現状の運用状況、今後の見通しについて気になったので書いていこうかと思います。

国鉄115系・113系とは

国鉄115系は、1963年(昭和38年)~1983年(昭和58年)にかけて製造された車両で、寒さの厳しい地域や山間の急勾配への対応するために登場しました。

同時期に兄弟車両として作られた113系と外見上はほぼ同じであり、113系は平地での運用を想定した性能の違いがあります。

 

そんな115系・113系ですが、国鉄時代に作られた車両なので、既に製造後30~40年以上も経過している車両です。

これまでに何度も更新や改造が施されてきましたが、さすがに今の最新の車両と比べると古臭い列車なのは否定できません。

 

車内はガタガタとめちゃくちゃ揺れますし、走行音も今の列車に比べてかなりうるさいです。

一般人からしたら早く新型車両に変えてほしいと思っていることでしょう。

 

そんな115系・113系の魅力とは

今でこそ旧世代の列車となってしまった115系ですが、そこには今の列車にはない魅力があるのも確かです。

 

頑丈そうな外見に、古臭いながらも落ち着いた雰囲気の内装、そして鉄道旅行には欠かせないクロスシートなど、多くの魅力とロマンが詰まっています。

参考:【クロスシートとロングシートの違いって何?】鉄道の座席を解説!

 

特に、115系の独特のモーター音や、走行音はどこか懐かしい気分にさせてくれますね。

2000年代までは東海道線・横須賀線でも運用されていたため、横浜生まれの私にとっては、「湘南色スカ色」の115系が一番印象に残っています。

 

かつては当たり前のように利用していた「親しみのある列車」だからこそ、私のような鉄道好きな人は魅力を感じるのかもしれませんね。

 

115系の残存路線は多くない

113系・115系が今での運転している地域・路線は数少なく、2019年1月時点では

・新潟:信越本線、越後線
・長野:しなの鉄道
・近畿:湖西線、草津線
・四国:予土線、土讃線
・山陽:山陽本線、呉線、可部線

の5つの地区で運転されています。

※追記:2019年3月16日のダイヤ改定で山陽地区から115系が引退します。

 

正直なところ、車両の運用に関しては大々的な発表は少なく、気が付かない間に置き換えが進んでいることも多いため、正確な本数までは分かりません。

また、115系が走っている路線でも他の列車と合間に運用されているため、必ずしも115系に乗れる訳でもありません。

 

列車の老朽化や置き換え状況を見ると、どの路線に関しても、あと数年ほどで多くは廃止される可能性が高いと言えます。

 

例えば、カボチャ色で有名だった高崎地区の115系は、2018年3月に廃止になりました。

 

私が好きだったスカ色の115系も、もう一度乗ろうと思った頃には既に消滅しており、湘南色の115系も今や絶滅危惧となっています。

(スカ色は、 2015年10月28日に定期運用を終えていました。)

 

また、現時点で唯一、115系が主力となっているのは軽井沢~篠ノ井、長野~妙高高原の「しなの鉄道」です。

「しなの鉄道」は、全ての列車が115系なので、行けば必ず115系に乗れます。

 

他の115系と違って、時刻表を調べなくても行けば確実に115系に乗れるので、1日乗車券を購入すれば1日中115系を満喫することもできます。

また、しなの鉄道では「115系電車 懐かしの車体カラー」として懐かしの車体カラーを再現した115系が走っています。

 

ちなみに、周遊にオススメの切符は、

の2つです。

北信州ツーデーパスなら「しなの鉄道」以外にも乗れて有効期限も2日間なので、個人的にはこちらがオススメかと思います。

長野へ観光へ行くのであれば、ぜひとも「しなの鉄道の115系」に乗っておくことをオススメしますね。

 

ただ、残念なことに2019年度から、しなの鉄道も新型車両への置き換えが検討されており、いずれはこれらの旧型車両は廃止となることでしょう。

あのしなの鉄道でも乗れなくなる日は近いかもしれないので、やはり乗れるうちに乗っておくのが望ましいですね。

 

まとめ:乗るなら今のうちかも

2019年1月時点で、時間帯に関わらず確実に115系に乗れるのは、長野の「しなの鉄道」しかありません。

しかし、そんなしなの鉄道も新型車両の導入が決定しているため、やはり乗るなら今のうちと言えます。

 

新潟・四国・広島の一部地域でも115系はまだ走っていますが、確実に乗るならしなの鉄道がオススメです。

4~5年もしないうちにこれらの大半は無くなってしまうかもしれないので、もし乗ろうか迷っているのであれば、ぜひとも今のうちに乗っておくことをオススメします!

 

以上、参考になれば幸いです。

 

北海道の鉄道はなぜ衰退したのか?廃線の理由と時代背景を考える

碓氷峠鉄道文化むらの料金とアクセス方法はこれ!実際に行ってみた

【ろくもん乗り方ガイド】指定席プランなら気軽に乗れる!