JR九州の特急列車の一部に設けられている「グリーン車個室」

「かもめ」「にちりん」「有明」「きらめき」などで運用されている「787系」という列車にグリーン車個室が付いている場合があります。

JR九州は観光特急やDXグリーンなど魅力的な列車が沢山ありますが、このグリーン車個室も特急列車の魅力の1つです!

今回は、そのグリーン車個室の魅力や利用方法について紹介していきます!

グリーン車個室とは?

グリーン車個室とは、その名の通りにグリーン車の部分に設けられた個室のことを指します。

個室はグリーン車に乗車してすぐのデッキ付近に設置されており、1つの列車に個室は1つしかありません。

デッキの近くなので乗り降りが楽であり、ゴミ捨てやお手洗いを利用する際も近いので楽です。

グリーン車個室が付いている車両はこの「787系」という黒い色の列車であり、九州各路線の特急列車として運用されています。

ただし、787系の列車であっても全ての列車に個室がある訳ではなく、路線や使用される車両によっては個室が付いていない場合もあります。

個室が付いているかどうかを確認するにはこちらのJR九州の列車HP”でできます。

個室が付いている列車にはグリーン車部分に「個4」という表記があります。

グリーン車個室を利用する場合には、まず事前に乗車する特急列車に個室が付いているかどうかを確認しておきましょう。

グリーン車個室の利用方法と料金

グリーン車個室は、大人子供問わず1名~4名まで利用することができます。

特徴的なのが比較的広い個室でありながらも、利用料金さえ支払えば1名でも利用することができるという点です。

ただ、1つの列車に個室は1つしかないので路線や乗車する時期によっては予約を取るのが難しい場合もあります。予定が決まり次第早めに切符を購入すると良いでしょう。

切符の購入方法はみどりの窓口での購入となります。

駅の指定席券売機などでは購入することができないので要注意です。

ちなみに、JR九州でなくてもJR東日本やJR西日本のみどりの窓口でも個室の切符を購入することができます。

ただ、私がJR東日本の窓口で個室の切符を購入しようとした時は、なぜか大人一人では購入できないと言われました。

乗車の前日、JR九州の窓口の方に聞いたのですが料金を支払えば一人でも個室は利用できるとのこと。

もし一人で利用するのであればJR九州のみどりの窓口で切符を購入することをオススメします。

グリーン車個室を利用するには乗車券とは別にグリーン券が必要です。

⇒”乗車券や特急券など各種切符の効力についてはこちら(クリックで移動します)

個室の料金は、乗車する人数分の特急料金+グリーン料金2人分となっています。

例え4人で乗る場合であってもグリーン料金は2人分となるので、複数人で乗った方がお得です。

逆に、1人で乗る場合であってもグリーン料金は2人分必要となります。

グリーン車個室の車内設備

グリーン車個室の扉には鍵が付いているためプライベートな空間をしっかりと確保できます。

座席は一人掛けの座席が1つ。

そして、3人掛けのソファーが1つとなっています。

ソファーは割と大きく大人一人が横に寝っ転がれるぐらい余裕があります。横になって仮眠をとることもできちゃいます。笑

一人掛けの座席はグリーン車に設置されている座席と同じであり、リクライニング機能が付いています。

スペースに余裕があるので長時間乗っていても疲れません。

座席下のレバーを踏むと座席を少しだけ内側に回転できます。

また、テーブルは広げるごとができます。広げると結構大きいです。(カタンなどのボードゲームもできそうです。笑)

日よけを下すとこんな感じです。だいぶ日差しを遮ることができ個室内は薄暗くなります。

毛布も1枚置いてあります。寒い時にはこれを使うと良いですね。

ドアのすぐ近くに操作パネルがあります。といっても、操作できるのは照明のON/OFFと照明の明るさ調節ぐらいです。

小さなレバーを上下に動かすことで照明の明るさを調節できます。

照明をOFFにするとそこそこ暗くなります。(日中は違いが分かりませんが。笑)

外が暗い時に照明をOFFにすれば外の景色が見やすくなります。

私が乗った時にはちょうど日の出の時間だったので、照明をOFFにして外の景色を楽しんでいました。

ちなみに、一人掛けの座席の上にある照明はOFFにしてもなぜか点灯したままでした。

操作パネルの隣にはクローゼットが用意されており、上着などはここにしまっておくことができます。

列車の揺れで中のハンガーがガンガンぶつかってうるさいため、何か上着をかけておくことをオススメします。(ハンガー内の傷がそれを物語っています。笑)

グリーン車個室は非常に快適ですが、唯一の難点としてコンセントがありません。そこは要注意ですね。(個室内をくまなく探しましたが見当たりませんでした・・・。)

また、JR九州の特急列車全般に言えることですが車内販売はありません。(観光特急を除く)

長時間乗車する際には事前に飲み物や食べ物を購入しておくことをオススメします。

グリーン車個室の魅力とオススメ路線

グリーン車個室の魅力は何といっても「個室」であるために、他の乗客の目を気にすることなく列車での移動時間を満喫できるということでしょう。

料金は高くなりますが、「一人から個室を利用できる」という点は一人旅と鉄道が好きな私にとっては非常に大きな魅力だと思います。

もちろん、複数人で利用すればコスパも良くなるので、家族連れやグループでの旅行の際にも個室を利用する価値は大いにありますよ!(個室である以上そっちの方が適切な個室利用と言えますが。笑)

グリーン車個室が付いている787系が運用されている区間は割と多いですが、個人的には小倉・大分・宮崎区間を結ぶ「にちりん」(日豊本線)での利用がオススメです!

にちりんは沿岸近くを走っているため、内陸部の景色だけでなく海の景色も楽しむことができます!

また、列車によっては4~5時間以上の長距離を走る列車もあり、列車の旅が目的なら「にちりん」はかなりオススメの路線です。

ただ、車内販売がないので長時間乗車する際には、お菓子や飲み物などをしっかりと用意しておいた方が良いですね。(割と重要です)

実際に私がグリーン車個室を利用して乗ったにちりんは、小倉駅を朝の6時半頃出発、南宮崎駅に11時半到着と5時間の乗車でした。笑

私のように、余程の鉄道好きでない限りこんな長距離利用はしないと思いますが、周りを気にすることなくゆったりと景色を堪能できるのは、やはり個室ならではの大きな魅力だと思います。

朝早くに出発すれば「日の出から日中の景色をじっくりと楽しむ」といったことも可能です。

色々な風景を楽しめるので、のんびりと鉄道旅行をしたい方には「にちりん」とグリーン車個室の組み合わせはオススメですよ!

まとめ:複数人で利用するならオススメのグリーン車!

JR九州のグリーン車個室についてまとめると

  • 個室用の切符はみどりの窓口で購入
  • 利用に際して特急料金は人数分グリーン料金は人数関係なく2人分必要
  • 2人以上で利用すればお得
  • 個室の定員は4人だが1人でも利用可能
  • 全ての特急列車に個室があるわけではない
  • 個室は一列車につき一部屋のみ
  • 車内販売とコンセントがない

となります。

JR九州のグリーン車個室は一人でも利用できますが、複数人で乗車すればコストパフォーマンスが良くなるため基本的には複数人での利用をオススメします。

個室であるために車内は非常に快適で、疲れることなく列車の旅を満喫することができますよ!

1人から4人まで利用できるので、旅の思い出としてグリーン車個室を利用してみてはいかがでしょうか。

ちなみに、他に一人でも個室を利用できる列車は、

ぐらいであり、日本全国の列車を見ても割と珍しいです。

鉄道が好きな方であれば九州の旅行記念にグリーン個室も利用してみては?

同じ787系の特急なら”DXグリーン”も魅力的です!詳細はこちら!(クリックで移動します)