自動車の運転中に交通事故や交通違反を起こすと、事故・違反の種類によって免許証に点数がつけられます。

一般的には免許証には持ち点があると思われがちですが、実際は持ち点から引かれる減点制ではなく0から加点される方式となっています。

その違反による加点の合計が一定の基準を超えてしまうと免許証の取り消しといった処分を受けてしまいます。

今回は、この免許証の点数について分かりやすく解説していきます。

免許証の点数について

点数は加点方式

tumininimotu

まず最初に、免許証を習得した時は0点から始まります。

その後、交通事故や違反等を起こすと、その内容に応じて点数が追加されていきます。

そして、その積み重なった点数が所定の点数に達してしまうと「免許証の停止、取り消し」といった処分の対象となる仕組みです。

 

点数は、過去3年以内に起こした違反等の点数が合算されます。

しかし、点数を加点してしまっても、最後に事故を起こした日の次の日から1年間、無事故無違反をキープすれば点数は0に戻ります。

厳密には

  1. 過去1年以上、無事故無違反だった場合
  2. 免許取り消しまたは免許停止の処分の後、無事故・無違反でその期間を経過した場合
  3. 免許取り消しまたは免許停止の処分の後、違反者講習を受けた
  4. 違反点3点以下の違反で、過去2年間に違反履歴がなく、かつ当該違反行為後3ヶ月の間に違反行為をしなかった場合

のいずれかの条件を満たしたときに点数が0に戻ります。

 

免停は累積6点

免許証の停止処分(免停)となるのは、違反点数が6点を超えた場合であり、30日間の免停となります。

しかし、30日間も免許証を停止されてしまうと、車の運転が必要な人にとって死活問題にもなりかねません。

 

その救済処置として「違反者講習」があり、違反者講習を受講すれば30日の免停は免除となり、累積点も0点になります。

処分前歴も残らないので、もし受けられるのであれば、違反者講習は受講した方が良いです。

実際に違反点が6点となった場合、公安委員会から違反者講習の通知書が交付されます。

通知書を受け取った日の翌日から講習を受けられるので、できる限り早くに講習を受けて免停を免除してもらいましょう。

 

免許の取り消しは累積15点以上

免停よりも重い処分である免許の取り消し(免取)となるのは、前歴なしの場合で累積15点以上です。

ただし、酒酔い運転といった重大な違反の場合には、前歴に関係なく一発で免取となります。

 

前歴とは、過去3年以内の免停の回数です。

 

免停が1回なら10点以上、2回なら5点以上、3回以上なら4点以上の点数で免取となり、免停の回数に応じて条件が厳しくなります。

ただ、この前歴も前回の免停解除から1年以上無事故無違反だと、前歴はリセットされる仕組みです。

免停、免取どちらにしても、1年以上無事故無違反を心がければ防ぐことができます。

 

免許証の点数を確認することは可能

siraberustyousa

免許証の点数はいつでもすぐに調べられるという訳ではないため、何度か違反を起こしてしまうと今現在、違反点を何点持っているのか分からなくなることもあるでしょう。

現在の違反点については、累積点数等証明書という証明書を発行すれば分かります。

 

累積点数等証明書を発行するには、証明書申込用紙に必要事項を記入の上、郵送またはセンター事務所の受付に申請することで発行してもらえます。

申込用紙は、最寄りの警察署、交番、駐在所、または自動車安全運転センターで入手できます。

 

証明書は即時発行しておらず、申請後からおおよそ2週間で自宅に届きます。

運転経歴証明の交付手数料として、1通につき630円です。

点数を知るには手間と時間がかかりますが、どうしても気になる場合には、一度申請してみると良いでしょう。

 

まとめ:点数は加点方式で無事故無違反を維持すれば0に戻る!

このように免許証の点数は持ち点による減点方式ではなく、0から加点されていき、所定の基準値に達した時に処分を受ける加点方式となっています。

免許証の点数は普段は確認できないため、現在何点か分からなくなってしまうことも多いですが、無事故無違反を1年以上キープできれば点数は0に戻ります。

違反してしまったことを覆すことはできませんが、無事故無違反を目指して安全運転を徹底していれば大丈夫です。

 

それでも点数が気になるのであれば、累積点数証明書を発行することをオススメします。

この記事が安全運転に繋がれば幸いです。

※ちなみに、私自身、信号無視で捕まった経験があります・・・。

【実例アリ】信号無視で捕まるとどうなるの?減点罰金はこう!」にその実例をまとめたので、こちらも参考になればと思います。