東海道新幹線・山陽新幹線、九州新幹線の主力車両である「N700系」

実はこのN700系、東日本や東海地方で見られる車両と、西日本・九州で見られる車両(7000・8000番台)とでは違いがあります。

 

関東在住の私にとってN700系はどれも同じ車両だとばかり思っていましたが、実際に関西・九州のN700系を見てみるとその違いが良く分かります。

 

今回は、そんな西日本で使われるN700系7000番台の特徴と、通常のN700系との違いについて解説していきます。

※ちなみに、7000番台と8000番台では外見や内装で違いがほとんどないため、便宜上ここでは7000番台に統一して解説していきます。

7000番台の運用区間と外見上の違い

7000・8000番台の運用区間は、新大阪~博多~鹿児島中央の西日本と九州がメインとなっています。

これはJR西日本とJR九州が7000・8000番台の車両を保有しているためです。

 

N700系7000番台は通常のN700系よりも塗装が水色っぽく見えるのが特徴です。

遠目で見るとあまり違いを感じられませんが、近くで見ると通常のN700系より色が青っぽいことが分かるかと思います。

 

また、車両側面にはベージュのラインカラーが描かれています。

通常のN700系は青い帯だけなので、ここでも違いが分かります。

 

車両のロゴマークにははっきりと西日本・九州と描かれています。

 

一方、通常のN700系(白色の車両)は東京~博多間で運行されており、東京や名古屋といった新大阪以東の駅にやってくるのは全てこのタイプのN700系です。

そのため、7000番台を見るのであれば新大阪以西の駅へ足を運ぶ必要があります。

 

関東で7000番台が見られないのはこのためであり、どうしても7000番台が見たかった私はこの車両を見るためだけに新大阪駅までやってきました。笑

 

種別は「みずほ」または「さくら」で8両編成

7000番台が運用されている種別は主に山陽・九州新幹線の「みずほ」「さくら」、そして一部の「つばめ」に使われており、「のぞみ」に7000番台は使われません。

新大阪駅で待っていれば1時間に最低1本は7000番台の車両がやってくるので、実際に目にするのはそこまで難しくはないです。

 

関連:【山陽・九州新幹線】のぞみ・みずほ・さくらの違いとは?

 

また、通常のN700系は16両編成となっていますが、N700系7000番台は短い8両編成で運転しています。

車両は自由席、指定席、グリーン車で構成されていますが、各車内の内装は通常のN700系とは若干異なります。

 

7000番台の車内の様子

自由席の車内

自由席車両の車内は通常のN700系と同じく2+3列配置となっていますが、座席の配色が異なります。

7000番台の車内は全体的に木目調のデザインとなっており、通常のN700系よりも温かみのある印象です。

 

一方、こちらは通常のN700系の自由席です。シンプルでクールな車内と言えます。

ただ、7000番台を見た後だとあまりにシンプルすぎて面白みが感じられませんね。笑

 

ちなみに、テーブルやコンセント、シートピッチといった基本的な座席設備に関しては通常のN700系と大差ありません。

快適性ではどちらもほぼ同じです。

 

指定席の車内

指定席は2+2列の座席配置となっており、自由席車両に比べると座席幅に余裕があります。

通常のN700系は指定席でも自由席と同じ2列+3列配置の座席なのでこの違いは大きいです。

 

正直、グリーン車に乗らなくても十分快適なレベルなので、7000番台の指定席はかなり乗り得な車両と言えます。

 

グリーン車の車内

グリーン車は6号車の半室に設けられており、通常のN700系グリーン車より座席数が少なくなっています。

座席の設備は通常のN700系のグリーン車と同じですが、木目調なデザインから7000番台の方が高級感を感じられます。

 

通常のN700系は妙にビジネスマン向けの印象がありますが、7000番台の座席はまさしく旅行向きな座席と言えますね。

個人的に、7000番台のような高級感こそがグリーン車の真骨頂だと思います。笑

 

その他

デッキ部分7000番台は木目調であり、普通車のデッキでもグリーン車のような雰囲気を感じられます。

トイレは1号車、3号車、5号車、7号車にあります。

 

また、3号車と7号車には喫煙ルームと自動販売機が設置されています。

最近の新幹線で自動販売機が車内にあるのは割と珍しいのではないでしょうか?

 

まとめ:7000番台の方が内装がおしゃれな印象

N700系7000番台の特徴をまとめると、

  • 運行区間は西日本・九州が中心
  • 主に「みずほ」と「さくら」で使われる
  • 外装は水色で8両編成
  • 車内の内装は木目調
  • 指定席車両は2+2列配置
  • グリーン車は半室

というように、東海道新幹線で使われるN700系と山陽・九州新幹線で使われるN700系とでは外見や車内の内装がかなり違います。

 

個人的に、7000番台2+2列の指定席はかなり乗り得な座席だと思うので、7000番台に乗るのであれば指定席を利用することをオススメしますね。

通常のN700系と見比べても違いは沢山あるので、7000番台に乗車する機会がある際はじっくりと違いを楽しんでみてはいかがでしょうか?

 

以上、参考になれば幸いです。

 

【E5系グリーン車乗車記】落ち着いた車内で快適な旅を!

【新幹線速度ランキング】最速は宇都宮~盛岡のはやぶさ!

【日本は分散が主流】動力集中方式と分散方式の違いを分かりやすく解説