のんのんびよりの聖地の1つ「小川町立小川小学校 下里分校」

田舎や自然の景色が好きな私ですが、田舎を舞台にしたのんのんびよりはとても気に入っている作品です!

今更感がありますが、2017年5月23日に新作アニメの制作が決定したことと、つい先日、聖地を訪れたばかりということから、その記念として書いていこうかと思います。(私は、これで3回目の訪問です。)

今回は、そんな「のんのんびより」の聖地の1つ、小川町立小川小学校下里分校へのアクセス方法について解説していきます。

聖地へのアクセス方法

最寄りは埼玉の小川町駅

聖地の最寄り駅は埼玉県にある小川町駅です。(※東京の小川町ではありません。)

小川町駅は、東武東上線とJRの八高線の2つの路線が走っている駅です。

東武東上線で行く場合

東武東上線は池袋駅から出ている路線であり、小川町行きの列車に乗れば小川町まで乗り換えなしで行けます。

池袋からの所要時間は約1時間20分前後で、運賃は片道810円です。

小川町駅は、快速急行、快速、急行等、全ての列車が停車するので乗り過ごしの心配はありません。

列車の本数も多いため、基本的に電車で行くのであれば東武東上線を利用していくことをオススメします。

八高線で行く場合

JR八高線は、高崎駅~小川町~高麗川~八王子駅を結ぶ路線です。

高崎駅から出発する場合、高麗川行きの列車に乗ります。

八王子駅から出発する場合は高麗川行きに乗り、高麗川で高崎行きの列車に乗れば小川町駅へ行けます。

所要時間は、東京から約2時間10分となります。運賃は片道1,490円です。

ただし、八高線(高崎~高麗川間)は列車の本数が1時間に1本程度と少ないので、東武東上線と比べるとかなり不便です。

基本的には、東武東上線を利用して行くことをオススメします。

もしJR線を利用して行くなら「休日おでかけパス」というフリー切符を利用するのがオススメです。

埼玉の小川町も休日おでかけパスのフリーエリア内なので、東京近郊から小川町を往復する際には大変便利かつお得な切符です。

切符の詳細は「休日おでかけパスの使い方ガイド」を参考にしていただければと思います。

 

駅から分校までの移動手段

小川町駅から下里分校までは距離があるので、徒歩で行くと時間がかかってしまいます。(約40分)

駅から分校までは、バスで最寄りの下里まで行くか、駅近くの観光案内所でレンタルサイクルを借りる方法があります。

私自身、徒歩、バス、自転車の全ての方法を利用して行ったことがありますが、天気が良い日にはレンタルサイクルで行くことをオススメします!

レンタルサイクルであれば、下里分校以外にも周辺地域を自由に見て回れるため、自転車の方が何かと便利です。

レンタサイクルは駅前の通りにある「観光案内所・楽市おがわ」で1回500円でレンタルできます。返却は午後5時までです。

※休業日は、月曜日(祝日の場合は翌日)となっています。

レンタルサイクルを利用した場合、駅から分校までは15分ほどです。

バスで行く場合、駅前のバス停から「小川町パークヒル行き」のバスに乗ります。

最寄りのバス停は下里です。運賃は小川町駅前から190円となります。

バスの中で両替すると時間がかかって面倒なので、バスに乗る場合は予め小銭を用意しておいた方が良いです。

所要時間はバス停まで10分ほどで、下里のバス停から10分ほど歩きます。

帰りのバスの時刻です。

割と間隔が空くので、あらかじめ帰りの時間を確認しておきましょう。

 

駅から下里分校までの道のり

小川町駅を出たところの正面の道をまっすぐに進みます。

その道の途中に観光案内所があるので、レンタルサイクルを利用する方はそこで自転車を借りましょう。

小川町駅入口の信号を左に曲がって、国道254号線をまっすぐに進みます。

しばらく道なりに進んでいきます。

2kmほど進むと、道の駅おがわまちが見えてきます。

道の駅を通り過ぎて、そのまま真っ直ぐと進んでいきます。

画像の場所が見えたら右の脇道に進みます。

地図で表すとこんな感じです。バスで来た場合は、バス停のすぐ近くに上記画像の信号と脇道があります。

 

その先の十字路を右にすすみます。

その後は道なりに進んでいきます。(途中で橋を渡ります。)

そのまま進むと下里分校入り口の看板があるので、そこを曲がれば分校はもうすぐです。

分校の入り口に到着しました。にゃんぱすー!

入口には自転車を止めるスペースが設けてあるので、自転車で来た場合にはそこに止めておきましょう。

 

下里分校の風景

訪問マップも掲載されています。(ほたるんが何故か東京のお姉さん仕様です。笑)

また入口近くの机には、のんのんびよりの訪問ノートが置かれています。

いままで下里分校を訪れた(登校した)ファンの思いが沢山綴られおり、見ていてとても心が温まりますね。

見たところ何度も訪問している方も多いようです。(かくいう私も3回目ですが。笑)

下里分校の風景は原作やアニメのワンシーンと合致する箇所も多いです。原作やアニメのワンシーンが蘇ります。

教室の黒板には、のんのんびよりのキャラクターが描かれています。

周囲は自然に囲まれたのどかな場所であり、時間を忘れてしまいそうです。

自然や田舎の景色と、のんのんびよりの両方が好きな私にとってはまさに最高の場所と言えます!

 

まとめ:電車で行くなら東武東上線がオススメ

下里分校へは埼玉の小川町駅が最寄り駅ですが、駅から分校まではやや離れた場所にあります。

小川町駅までは運行本数の多い「東武東上線」を利用していくことをオススメしますね。

JRの八高線は不便なので、休日おでかけパスや青春18きっぷ等を使う場合を除いてはオススメできません。

小川町の駅からはバスかレンタルサイクルを利用しましょう。

幸い、原作に出てくる乗り物とは違い、電車・バスともに本数は多いのでアクセスは比較的容易ですよ。(笑)

それより千葉にある水車に行く方が大変です。笑(後日水車についての記事も書こうかと思います。)

ともあれ下里分校はとても素晴らしい場所なので、のんのんびよりが好きな方なら、ぜひとも足を運んでみることをオススメします!

以上、参考になれば幸いです。