パソコンを買う際にまず直面する課題として、「ノートパソコン」と「デスクトップ」どちらを選ぶべきかという悩みでしょう。

ノートパソコンであれば場所も取らず、持ち運びができるので、私自身もかつては、家でも外でもノートパソコンを使っていました。

しかし、今の私としては「私用で使うなら絶対にデスクトップがオススメ」とはっきり言えます。

今回は、私がノートパソコンをオススメしない理由について書いていこうと思います。

そのノート本当に持ち運びますか?

ノートパソコンを購入する理由の多くは「持ち運びができる」という点でしょう。

かつての私もノートパソコンを買う際は、「持ち運びができるノートパソコンの方が便利だろう」と思っていました。

特に、外出先でもブログの更新や画像の編集、ネットサーフィンができるという面で、ノートパソコンの方が良いという考えを持っていました。

 

しかし、いざノートパソコンを買ってみると、購入前に想定したほど持ち運ぶ機会はなく、結局家で使うことの方が多かったです。

さらに、私が買ってしまったノートパソコンは「東芝のダイナブック」であり、ノートパソコンにしては高性能な反面、かなり重たく(約2kg)、持ち運ぶだけでも一苦労なものでした。

今の自分から言えば、このノートパソコンを買ってしまったのは大失敗だったと言えます。

 

正直なところビジネス利用でもない限り、パソコンを外に持って行く必要のある場面に遭遇すること自体、滅諦にありません。

データの持ち運びならUSBやSDカードで事足りますし、メモを取ったり、ネットサーフィン、資料の閲覧程度であればスマホやタブレット端末でも十分です。

「本当にノートパソコンでないとできないことなのか」よく考えるようにしたいです。

 

デスクトップパソコンの方がメリットが多い

デスクトップパソコンのメリットとしては

  • ノートPCより高性能
  • 安価で高性能なパソコンを入手しやすい
  • PCパーツの交換や増設など拡張性能に優れる
  • 不具合が出た時の原因特定や修理が容易

といったメリットがあります。

 

ノートパソコンの場合は小型化のためにパーツが小さくなっている分、各パーツの性能が低く、価格も高くなってしまいます。

デスクトップパソコンであれば、同じ値段でノートPCよりワンランク上の性能を持ったPCを買うことができるため、コスパの面でも圧倒的にノートより優れます。

 

また、ノートパソコンの場合、ディスプレイやキーボード、ハードディスクなどが一体になっているため、パソコンに不具合が生じた場合、原因の特定が難しく、パーツの交換も困難です。

一方、デスクトップパソコンの場合は不具合が出たパーツだけ交換すれば良いので、結果的にノートPCよりも寿命が長くなるというメリットもあります。

 

ノートは本当に必要になってからでも良い

私自身、かつての大失敗から、

  • 家で使うパソコンは高性能なデスクトップパソコン
  • 外出先で使うパソコンは低性能でも軽いノートパソコン

という風に、家用と仕事&外用とでパソコンを使い分けるようにしました。

 

仕事柄どうしても外出先でパソコンが必要になるために2台持ちとなっていますが、正直、仕事以外でノートパソコンを使う理由が見当たりません。

あるとしたら大学生などの学生生活でノートパソコンが必須だったり、一人暮らしで家に物を置くスペースが少ないというケースだけでしょう。

 

個人的には最初にデスクトップパソコンを買っておき、本当にノートパソコンが必要になった時にサブPCとして安価なノートパソコンを買うというのでも十分だと思います。

ちなみに、今使っているACERのノートPCは3万円以下の激安パソコンですが、外出先で使う分に十分なパソコンであり、このノートパソコンは買って良かったと思っています。

 

それでもノートPCが欲しいなら

たくさん悩みぬいた末に、それでもノートパソコンが必要という方には「できる限り薄くて軽いパソコン」を強くオススメします。

中途半端な重さのノートパソコンは持ち運ぶ気力を失いやすく、ノートパソコンの携帯性というメリットが完全に無くなってしまいます。

 

目安としては重さ1.5kg以下のパソコンです。

重さの実感がわかないという方は、同じ重さである1.5リットルのペットボトル飲料を手に持って見ると良いでしょう。

人によってもその感覚は異なりますが、一般的に1.5kg以上のノートパソコンは持ち運びが面倒になることが多いです。

そのようなことから最低限、「薄くなくても総重量の軽いパソコン」を買うようにしましょう。

ノートパソコンを買う以上、絶対に軽いパソコンの方が後悔しません。

 

まとめ:私用ならデスクトップで十分

私自身の経験上、「仕事でノートパソコンが必要」「デスクトップを置ける場所がない」という場合を除いては、ノートパソコンを購入する必要はないと言えます。

正直、私用目的ならデスクトップパソコン1台あれば不自由することはありません。

 

最初はデスクトップパソコンを買い、後々本当にノートパソコンが必要になった時に、持ち運びに特化したノートパソコンを購入した方が良いです。

例えノートパソコンを買ったとしても、持ち運ぶことがなければデスクトップの劣化版なので、本当にノートパソコンが必要かどうかは良く考えるようにしましょう。

以上、参考になれば幸いです。