のどかな田園風景が広がる飯山線で運行されている観光列車「おいこっと」

おいこっとは、ふるさとがテーマとなっており、田舎の安らぎと癒しを感じられる観光列車です!

今回は、そんな「おいこっと」の乗車方法と、実際に乗ってみた感想について解説していきます。

おいこっとの乗り方ガイド

切符の購入方法

おいこっとは全車指定席の列車なので、乗車には座席指定券が必要になります。

指定券は、乗車区間に関わらず大人520円、子供260円です。

指定券の予約は他の切符と同様に1ヶ月前の午前10時から予約できます。

 

おいこっとの運行日は原則として土休日であり、長野~十日町間を1日1往復の運転です。

また、冬季は長野駅~戸狩野沢温泉駅間の運転となるので注意しましょう。

運転日の詳細は「おいこっと時刻表・運転日」を参考に

指定券は、JRの窓口、または指定席券売機から購入します。

個人的には、窓口に並ばなくても切符を買える「指定席券売機」から購入することをオススメします。

参考:指定席券売機の使い方を分かりやすく解説!

指定席券を購入したら、あとは実際に乗車する区間の乗車券を購入すれば問題ありません。

信州の観光であれば「北信州ツーデーパス」または「信州ワンデーパス」がお得なので、これらお得な切符も上手く活用させましょう。

参考:【私鉄も乗れて超便利!】北信州ツーデーパスの使い方はこう!

ちなみに、おいこっとは快速列車なので、青春18きっぷを利用して乗車することもできます。

ただし、長野~豊野間はしなの鉄道線なので、この区間を通過する場合には別途運賃250円が必要なので注意しましょう。

実際においこっとに乗ってみた

今回、私が乗った「おいこっと」は戸狩野沢温泉発・長野行きの列車です。

飯山線は列車の本数が約1時間に1本程度と少ないので、途中駅からおいこっとに乗る場合は、列車の時刻に注意したいです。

また、千曲川(信濃川)をはうように進む路線の都合上、大雨や大雪による災害の影響を受けやすい路線なので運行状況も事前に確認しておきたいです。

ヘッドマークにはおいこっとのロゴが付いています。

いい川、いい空、飯山線というキャッチフレーズは結構好きですね。

2両目の外見です。こちらは1両目とは対照的に赤色に白が混じったデザインとなっています。

おいこっとの車内です。車内は旅館のような落ち着きのある雰囲気となっています。

また、観光列車としては珍しく、つり革や優先席も付いています。

運転日でない平日には、おいこっとの車両も普通列車として使われるみたいなので、そのために設けられているようです。

ロングシート部分もおしゃれで、座り心地も良いですね。

天井部分には案内板のモニターも付いています。

今回乗車したおいこっとは2両編成での運転でした。日時によっては1両で運転されていることもあるようです。

乗車すると座席には、乗車記念カードがありました。

車内改札は乗務している「おいこっと あてんだんと」さんが行ってくれます。

アテンダントが和服姿というのも、おいこっとの田舎らしさが出ていて良いですね

また、野沢菜のしょうゆ漬けも貰えます。この野沢菜は程よい味加減でとても美味しかったです。

このようなサービスがあるのは観光列車ならではと言えます。

車内販売のメニューです。長野行きと書いてあるので、行きと帰りでは車内販売のメニューも多少異なるのだと思います。

ちなみに、私は乗車記念にクリアファイルを購入しました。

観光列車に乗ったら、とりあえずクリアファイルを購入するのが私の習慣です。笑

観光列車ではお馴染みの、乗車記念スタンプも設置されています。

列車の運行中には、長野出身の有名俳優&ナレーターの常田富士男さんによる沿線ガイドがあります。

田舎がテーマのおいこっとの雰囲気にはぴったりのナレーションです。

この日は、天気にも恵まれ車窓も大いに楽しむことができました。

飯山線は千曲川(信濃川)にそって走るため、車窓からはいろんな風景を見ることができます。

飯山線の大半は単線区間なので所要時間も長いですが、ゆったりと景色を眺めることができますよ!

これだけ充実したサービスがありながら、指定券は区間に関わらずたった520円なので、北信州の観光の際はぜひとも利用しましょう!

青春18きっぷでも乗れるので、列車の旅が好きな人にもオススメの観光列車と言えます!

まとめ:快速列車だが座席指定が必要なので注意!

おいこっとは、全席指定席の列車なので乗車には座席指定券が必要になります。

また、列車の運行日は主に土休日であり、運行本数も1日1往復なので切符購入の際は日時に注意しましょう。

おいこっとなら飯山線の田園風景をゆったりと楽しめるので、北信州の観光の際は、ぜひともおいこっとを利用してみてはいかがでしょうか?

以上、参考になれば嬉しいです。