ルールを守れば初乗り運賃の切符でいろんな電車に乗ることができる「大回り乗車」

大回り乗車の経路は「一筆書きのルート」が原則ですが、一部区間では「分岐駅通過の特例」を利用して折り返しが可能な場合があります。

この特例の本来の目的は乗り換え時の利便性向上や運賃計算の簡素化にありますが、ルールさえ守れば大回り乗車でも活用することは可能です。

今回は、そんな大回り乗車と分岐駅通過の特例について解説していきます。

分岐駅通過の特例とは?

分岐駅の特例区間は全国にいくつかありますが、関東首都圏の大回り乗車で利用できる分岐駅区間を例に挙げると

  • 新前橋⇔高崎
  • 倉賀野⇔高崎
  • 神田⇔東京
  • 東神奈川⇔横浜
  • 代々木⇔新宿

といった区間が該当します。

全国の分岐駅と特例の詳細については「JR東日本/運賃計算の特例」に記載されていますが、文章だけで説明すると分かりづらいので、実際の分岐駅を例に解説していきます。

 

分岐駅通過の具体例その1

例えば、分岐駅となっている倉賀野(くらがの)駅は、高崎線(湘南新宿ライン/上野東京ライン)と八高線の両方の列車が停車する駅です。

大回り乗車の基本原則に基づいてルートを作成する場合、倉賀野駅にて八高線⇔高崎線の乗り換えを行うことになります。

 

しかし、高崎線の列車の中には倉賀野駅を通過してしまう列車があります。(特急草津など)

この場合、高崎まで行かないと八高線に乗り換えができず、折り返しで倉賀野駅を二度通ることになってしまいますが、分岐駅通過の特例により高崎駅で八高線に乗り換えることが可能です。

 

一方、高崎線で倉賀野駅に停車する列車(普通列車など)を選択してしまった場合は、倉賀野駅に二度停車することになるので特例外となります。

つまり、分岐駅である倉賀野を通過してしまうルートを選択した場合に限り、特例で高崎駅で乗り換えることができるのです。

 

分岐駅通過の具体例その2

もう一つ「横浜⇔東神奈川」の特例区間を例に見ていきましょう。

 

まず、横浜線を利用して八王子方面から東神奈川駅を通り、横浜駅まで行くとします。

このルートだと横浜駅に来る途中で東神奈川駅に停車してしまうため、大回り乗車の基本原則に基づくとこの時点で東京方面への折り返しができなくなります。

 

しかし、横浜駅と東神奈川駅は分岐駅通過の特例区間であるため、東神奈川駅を通過する列車を選択すれば折り返すことが可能です。

東神奈川駅を通過する列車は東海道線(上野東京ライン)と横須賀線(湘南新宿ライン)です。

京浜東北線だと東神奈川に停車してしまうため、折り返しに京浜東北線は利用できません。

 

逆ルートの場合も同じで、東海道線・横須賀線で東神奈川駅を通過して横浜駅に着た場合、京浜東北線あるいは横浜線を利用することで東神奈川駅・横浜線方面へ折り返すことができます。

この特例区間は各路線の列車本数も非常に多く、通過列車と停車列車を使い分けることで効率よく大回りできるので、この区間の特例は覚えておいて損はないでしょう。

 

まとめ

このように分岐駅通過の特例を利用できるケースは、基本的に「分岐駅だが乗り換え路線の列車が通過してしまう場合」に限られています。

言い換えれば、分岐駅でも二度停車したらアウトなので、その点を頭に入れておけば間違えることはないかと思います。

 

どちらにしても大回りのルールを厳守した上での特例なので、分岐駅通過の際は乗車経路に十分注意しましょう。

関連:【初心者必読!】大回り乗車の基本ルールはこれだ!