大都市近郊区間の特例のルールに基づいて行う「大回り乗車」

基本的に大回り乗車は普通列車や快速列車を利用して行うのが一般的ですが、一部条件を満たせば特急列車や新幹線を利用することができます。

今回は、その大回り乗車の特急・新幹線の利用方法や注意点について解説していきます。

大回り乗車の基本ルールについてはこちらから(クリックで移動します)

大回り乗車における特急・新幹線利用

新幹線は大阪近郊区間のみ利用可能

大回り乗車において新幹線を利用できる区間は大阪近郊区間だけであり、なおかつ

東海道新幹線の新大阪~米原間

山陽新幹線の西明石~相生間の2つの区間だけです。

東京近郊区間は新幹線の路線こそ多いですが、東京近郊区間では新幹線を使って大回り乗車はできません。

これら大阪の2つの区間に限っては別途、新幹線特急券を購入すれば大回り乗車が可能です。

ただし、新幹線に乗車するためには

  • 新幹線改札口
  • 車内検札

の2か所で、どういう経路で大回り乗車しているのか、その説明を行う必要があります。

正しく説明できれば良いですが、説明の必要性が出てくる場面が通常の大回りより多くなるので面倒です。

また、新幹線の場合、特例の範囲が限定されていることから、区間外への乗り過ごしのリスクも高いです。

そのような、説明の手間が増えたり区間外まで乗り過す危険があるということから、大回り乗車において新幹線を利用するのは避けた方が良いと言えます。

特急列車について

特急列車も特急券を別に購入すれば利用できます。

ただし、近郊特例の区間内での利用が前提であることには変わりません。

新幹線と異なるのは細かい区間が設定されておらず、特例区間外へ出なければ大抵の特急列車を利用できるという点です。

例えば、東京近郊区間を例にすると

  • 特急成田エクスプレス
  • 特急ひたち・ときわ
  • 特急あずさ
  • 特急さざなみ
  • その他数々の特急

など、とにかく近郊区間内での利用であれば殆どの特急を利用することができます。

もちろん、近郊区間外へと出てしまった場合や、大回りのルールに反した場合には、その分の運賃と特急料金を清算する必要があるので注意が必要です。

ICカード乗車券が普及したこともあり、「特急券のみ検札」ということが多いですが、場合によっては乗車券についても聞かれることがあります。

乗車券について聞かれた時のためにも、新幹線の時と同様に大回りの経路を説明できるように準備しておく必要があります。

特急列車は在来線なので特別な改札口がなく、列車によっては車内検札が特急券の拝見だけだったりと、新幹線に比べると面倒なことは少ないです。

ただ、大回り乗車は何かと制約やルールが複雑で、一歩間違えれば不正乗車となる危険もあることから、「車内検札では必ず経路を尋ねられるもの」と想定し、事前にしっかりと準備しておきましょう。

まとめ:特急・新幹線ともに利用できる区間がある

このように大回り乗車でも乗車券の他に別途で特急券や新幹線特急券を購入すれば、

  • 特急列車:近郊特例の区間内
  • 新幹線:新大阪~米原間、西明石~相生間

の範囲内であれば利用することができます。

ただ、特急や新幹線を利用する場合、「新幹線改札口や車内検札で説明が必要になる」ということも覚えておきたいです。

経路を正しく説明できれば良いですが、何かと手間がかかるため、いちいち経路の説明するのが面倒という方は大回り乗車で特急や新幹線は使わない方が良いでしょう。

大回り乗車で特急や新幹線を利用するのであればそれらの点に注意し、特例の範囲内かつ正しい方法で行うようにしましょう。