片道601キロ以上の距離を往復する場合に適用される「往復割引」

片道601キロ以上というのは東京~大阪以上の距離ですが、この長距離を同一区間で往復する場合は往復割引を利用できます。

 

ただ、この往復割引は割引率がたった1割と低く、他の割引切符やツアーを利用した方が安くなることが多いため、実際に往復割引を活用させる機会は少ないです。

今回は、そんな往復乗車券の条件と買い方、代替となる割引手段等について解説していきます。

往復割引乗車券の条件・買い方

往復割引が適用される条件は、片道の営業キロ数が601キロ以上の距離で、同一区間・経路で往復購入する場合に適用されます。

往復割引が適用されると、行き帰りの乗車券部分がそれぞれ1割引となります。

割引となるのは乗車券のみで、新幹線や特急列車の自由席・指定席特急券に割引は適用されません。

 

往復割引切符は、駅の窓口または指定席券売機にて購入できます。

指定席券売機で購入する場合でも、片道601キロ以上の同一区間を往復購入する場合は自動的に割引が適用されます。

 

片道601キロ以上の目安

条件である片道601キロ以上が具体的にどのぐらいの距離かというと、

  • 東京~大阪:556.4km(適応外)
  • 東京~岡山:732.9km
  • 東京~広島:894.2km
  • 大阪~博多:626.1km
  • 東京~盛岡:535.3km(適応外)
  • 東京~秋田:662.6km
  • 東京~青森:717.6km
  • 札幌~盛岡:628km

といった感じになります。

 

主要都市の往復では片道601キロ以上に満たないことが多く、実際に往復割引を活用させるのは難しいです。

一応、東京~大阪、東京~盛岡といったあと少しで片道601キロを超えるという場合、乗車区間を延ばして強引に片道601キロ以上にするという手はあります。

また、同じ区間でも乗車経路を変えることで片道601キロ以上にすることはできます。

 

例えば、東京~大阪は東海道新幹線を利用して最短距離で移動する場合は、片道556kmなので往復割引が適用されません。

もし、往復割引を適用させたいのであれば

  • 東京~西明石(片道612.3km)にして実質往復200円割引
  • 東京~大阪でも紀勢本線(南回り)経由にする

といった方法で片道601キロ以上にする必要があります。

しかし、そこまで工夫する労力の割に割引率が小さく、経路を変えた場合は行きも帰りもその経路を通る必要があり、使い勝手が悪くなってしまうのが難点です。

 

往復割引乗車券のメリット

決してお得とは言えない往復割引ですが、メリットが全くないという訳ではなく、

  • 当日購入でも条件を満たせば割引切符を買える
  • 途中下車ができる
  • 学割との併用ができる

の3つのメリットがあります。

 

当日購入でも割引

後述の新幹線パックやその他の割引切符などは当日購入できず、事前予約が必要だったり、利用に制約のある切符も少なくありません。

一方、往復割引は片道601キロ以上/同一区間・経路という条件を満たせば、いつでも割引を受けられることが強みです。

急な用で当日に切符を購入する場合でも往復割引を利用すれば、多少なりとも安くできることはメリットと言えますね。

 

途中下車ができる

往復割引といっても乗車券は通常の乗車券と同じ効力を持つため、利用に制約がなく途中下車もできます。

切符そのもの利便性は通常の乗車券と同じなので、利用スタイルによっては往復割引の方が適している時もあるでしょう。

関連:途中下車の条件とルールについて

 

学割と併用可能

学生さんの場合、往復割引と学割を併用することができます。

学割によって2割引となった乗車券からさらに1割引となり、乗車券が約2.8割引となります。

学割については「学割乗車券の購入方法と使い方」を参考にして頂ければと思います。

 

宿泊込みの往復ならツアーの方がお得

片道601キロ以上の距離を往復するとなると、恐らく急ぎの用でない限りは泊りがけでの移動になるかと思います。

新幹線で往復、かつ目的地で宿泊する予定であれば、往復割引乗車券よりも新幹線パックやツアーを利用した方がお得です。

出発の数日前に申し込む必要がありますが、多くの場合、個別に切符とホテルを手配するより安く抑えることができます。

 

実際には乗車する列車によって価格は変わりますが、それでも個別手配に比べれば安くなるケースが殆どです。

時間に余裕がある方であれば割増料金の少ない列車を利用することで、往復割引よりも圧倒的に安く利用することもできます。

また、これら新幹線パックやツアーは複数人で利用するほどお得になるケースが多いので、複数人で往復移動する場合にオススメの代替手段と言えます。

 

まとめ:往復割引ではあまり安くならない

このように往復割引は片道の営業キロ数が601キロ以上で、同一区間・経路で往復する場合に適用されます。

しかし、往復割引といっても乗車券が1割引になるだけなので、実際のところ割引切符としてのお得感は小さいです。

 

正直なところ同一区間・経路を往復するのであれば、他のお得な切符を利用するか、新幹線セットプラン(ツアー)を利用した方が安くできます。

  • 日帰りでの往復となる場合
  • 急用で今すぐに往復切符が必要な場合
  • 途中下車を行う場合

といった特別な事情がない限りは、新幹線セットプランでの利用をオススメします。

以上、参考になれば幸いです。