デジタルで絵やイラストを描く際に便利な「ペンタブレット」

ペンタブレットには、「板タブ」と「液晶タブレット(液タブ)」の2つのタイプがあり、どちらを購入したら良いか迷ってしまいますよね。

今回は、そんなペンタブレットのメリット・デメリットを知り、どちらを買った方が良いか解説していきます。

板タブと液タブのメリット・デメリット

板タブのメリット・デメリット

  • 価格が圧倒的に安い

ペンタブレット(板タブ)は、液タブに比べると価格が圧倒的に安く、初心者でも気軽にデジ絵を始められるのが一番のメリットです。

板タブの価格帯はおおよそ6,000円~といった感じであり、1万円もあればある程度高性能な板タブも購入できます。

高いものでは3万円以上する板タブもありますが、それでも液タブに比べたら遥かに安いです。

私がかつて購入したワコム製の板タブも1万円前後の製品だったと思います。(今では中古でもっと安いですが。笑)

また、安価なので「買ったけど結局あまり使わなかった」といった場合でも金銭的なダメージは小さくて済みます。

  • 初めてデジタルで絵を描き始める
  • できるだけお金をかけずにデジ絵を描きたい
  • どのぐらいデジタルで絵を描くか分からない

というような方に板タブはオススメと言えます。

 

  • 画面のサイズ変更が容易

板タブのもう一つのメリットは、キャンパスが表示される画面とタブレットの入力機器が別々になっているため、画面の拡張が容易であるという点です。

板タブが認識する領域はタブレットの大きさに比例しますが、キャンパスを映し出す画面は自由に変更できるため、拡張性に優れます。

パソコンのディスプレイを拡張すれば、画面を広々と使うこともできるため、広々とディスプレイを利用したい場合にも板タブはオススメです。

 

  • アナログ派の人は慣れるまで大変

板タブは、手元に書いているイラストが表示されず、連動するポインタを動かして間接的に絵を描きます。

そのため、アナログ描きに慣れている人は、板タブ特有の操作に慣れるまで時間がかかります。

特に、アナログ描きからデジタルに移行したいと考えている方は、多少お金がかかっても液タブを買った方がストレスなく絵を描ける可能性が高いです。

逆に、アナログで絵を描いたことがなく、初めてデジタルの絵を描くという方なら、安価な板タブはオススメと言えますね。

 

液タブのメリット・デメリット

  • アナログ描きに最も近い

液タブを利用する一番のメリットは、これに集約されていると言っても過言ではありません。

液タブの場合、液晶画面がそのままキャンパスとなるので、アナログ描きに最も近い形で絵を描くことができます。

そのため、今までアナログ描きを続けてきた人がデジタルに移行する際に、最も適しているペンタブと言えます。

板タブだと操作に慣れるまで時間がかかり、操作感の違いからストレスを感じることもあるため、それなら最初から液タブを買ってしまった方が良いです。

  • アナログ描きと同じように絵を描きたい
  • デジタルでもガッツリと絵を描きたい

という方に液タブはオススメです。

 

  • 価格が高く選ぶのが難しい

板タブに比べると平均して3~5万以上高額になるので、購入のハードルが高いのが大きなデメリットと言えます。

また、価格が高い故に、購入にはしっかりと各製品を比較検討して、自分に合ったものを慎重に選ぶ必要があります。

特に、「液タブを買ったはいいけど結局殆ど使わなかった」という場合、宝の持ち腐れとなってしまいます。

  • 趣味でちょこっと絵を描く程度
  • あまりお金をかけずにデジ絵を始めたい

という方には液タブよりも板タブを購入することをオススメします。

 

  • 液タブでも慣れは必要

液タブは直感的に絵を描くことができますが、液タブで自由に絵を描くためにもある程度の慣れは必要です。

アナログに近いといっても電子端末である以上、ペン先のタッチ感覚はアナログとは大きく異なります。

また、板タブと違い、手でキャンパスの一部が隠れてしまうことも注意したい点ですね。

 

まとめ:アナログのような描き方を重視するなら液タブがオススメ

最後に、2つの特徴を整理すると

板タブ 液タブ
価格 安価(約7,000円~) 高価(約50,000円~)
描き方 間接的(アナログ描きとは別感覚) 直接的(アナログ描きに近い)
慣れ やや時間がかかる
板タブ特有の操作感がある
初めてでも描きやすい
アナログの画力を直接反映できる
その他 間接的だが手元が隠れない
画面のサイズ変更が容易
手で画面の一部が隠れやすい
画面の拡張が難しい
結論 安価故にデジ絵初心者向き
慣れれば普通に絵を描ける
どちらかというと本格派
※高価=画力が上がるという訳ではない
アナログ感覚を重視する方にオススメ

といった感じです。

個人的に、アナログのような感覚でデジ絵も描きたい場合には、板タブより液タブを購入した方が良いかと思います。

ただし、「液タブの方が上手く描ける」ということはなく、最終的に上手く絵を描けるかは自分の画力次第です。

どちらを選択しても画力に差が出る訳ではないため、用途の範囲と価格を考慮した上で、自分に合ったペンタブレットを選択することをオススメします。