近年、人気の高まっている旅行形態の1つ「車中泊」

初めての初心者さんにとっては「車中泊は辛そう」「車中泊は怖い」と感じている方も多いかと思います。

しかし、車中泊は事前準備をしっかりとしておけば、実際そこまで難しいことではありません。

今回は本格的な車中泊ではなく「とりあえず試しに車中泊をしてみたい」と考えている方に向けて、車中泊のやり方について解説していきます。

車中泊のやり方

初めて車中泊するならレンタカーが便利

車中泊と言えば、何となく「キャンピングカー」というイメージが強いですが、実際は普通の自動車でもやろうと思えば可能です。

例え、自分の自家用車を持っていなくてもレンタカーやカーシェアリングの車を利用すれば、今や誰でも気軽に車中泊ができます!

車中泊のメリット・デメリット」にも書きましたが、レンタカーの場合は現地で車を借りて行きたい所を自由に廻ったり、宿泊費を浮かせられるなど融通が利きやすいという特徴があります。

特に、レンタカーやカーシェアリングなら最低限「運転免許証」さえ持っていれば、誰でも気軽に車中泊ができるので、とりあえず試しに車中泊をしてみたいという方はレンタカーを検討しましょう。

 

レンタルする車を選択する

車中泊をする場合、

  • できる限り車内空間は広く
  • 座席がフラットに近い形になる車

の2つの要素を持っている車を利用するのが望ましいです。

予約の際に車種を指定できるレンタカー会社もあるので、車中泊をするなら車種指定が可能なレンタカー会社・営業所を利用したいところです。

車中泊にオススメの車としては

  • ホンダのNbox
  • スズキのハスラー
  • スズキのワゴンR
  • ワンボックスやミニバン

あたりがオススメの車です。

 

中でも、試しに車中泊をしてみたいという場合には、軽自動車のNboxやハスラーがオススメです。

軽自動車ならレンタカーの料金も安いので、気軽に利用することができます。

また、車中泊に向いている車を探す際、ネット上の情報だけでは分からないことも多いので、気になる点があったら営業所に電話で聞いてみると良いですね。

ちなみに、私が初めて車中泊をした車はニッポンレンタカーで借りた「ホンダのNbox」でした。

一人旅の車中泊なら十分快適な車なので個人的にはNboxがオススメです!

 

車中泊に必要な持ち物を用意する

車中泊に必要な持ち物としては

  • 防犯用の目隠し(カーテン)
  • 毛布やクッション

の2つは最低限あった方が良いです。

 

車内の目隠し(カーテン)

車はそのままの状態だと、外から中が丸見えになってしまいます。

外から車の中が見える状態だとプライバシーが守られず、悪い人に目を着けられやすくなるリスクも高まるため、目隠しを用意した方が良いです。

特に、車中泊は公共の場に車を止めることになるので、誰に見られているか分かりません。

防犯対策のためにも目隠しグッツは必ず用意しましょう。

 

 

ちなみに、安価かつ荷物にならないオススメの目隠しグッツは黒色のゴミ袋です。

両面テープを利用して、カーテンの代わりに窓に貼り付ければ簡易的な目隠しとなります。(見た目はかなり貧相ですが。笑)

特に、レンタカーの場合は車内を改造することができないので、傷がつかない黒のゴミ袋と両面テープは重宝します。

テープは粘着力の強いものは避けて、跡が残らないタイプの両面テープを使いましょう。

私が実際に車中泊をした際は、現地のコンビニで買った普通の両面テープを使いました。

これでも問題なく貼り付けられるので、よほど粘着力が強いものでなければ問題ありません。

また、これらのアイテムは使用後にゴミとして捨てられるため、荷物の軽量化ができるというメリットもあります。

 

毛布やクッション

毛布やクッションは寒さ対策だけでなく、車中泊に適した空間を作るためにも利用します。

1泊程度であれば座った状態で寝ることでも我慢できるかもしれませんが、快適に過ごすためにはやはり横になって寝たいところです。

特に、車中泊に適した車であっても座席が完全なフラットになる車は少なく、少なからず段差や凸凹ができてしまいます。

その座席の凸凹を埋めたり体を痛めないようにするためにも、クッションや毛布をいくつか持参した方が良いです。

 

車中泊をする場所

最後に重要なことは車中泊をする場所の問題です。

車だからといってどこに止めても良いという訳ではなく、周りに迷惑をかけない場所で車中泊をする必要があります。

また、周囲に人気のない場所だったり、周囲が真っ暗で万が一の時に助けを呼べない場所で車中泊することは身の危険を伴います。

そのようなトラブルを避けるためにも車中泊をするなら

  • 高速道路のサービスエリアやパーキングエリア
  • 道の駅

といった場所で車中泊をしましょう。

これらの場所なら駐車場のスペースも広く安全面でも優れているため、車中泊をするならオススメの場所と言えます。

また、途中でトイレを利用したり自動販売機等で飲み物を買うこともできます。

初めて車中泊をするなら、サービスエリアや道の駅で車中泊をしましょう!

 

まとめ:下調べと事前準備はしっかりと

車中泊は「車で寝る」という一見すると単純な行為ですが、快適かつ安全に車中泊を行うには事前の下調べと準備は欠かせません。

無計画のまま車中泊を行うと体を痛めたり、事故や盗難といった思わぬトラブルに巻き込まれる危険があります。

車中泊を行うのであれば、

  • 車中泊に適した車の選択
  • 防犯対策
  • 車中泊を行う場所の選定

の3つはしっかりと準備をしておきましょう!

※私も実際に車中泊をやってみました!⇒「【初めての車中泊体験】実際にレンタカー車中泊をやってみた!