今回は、快速列車のリゾートしらかみに乗車して秋田から新青森まで行きます!

リゾートしらかみは運行期間が限られている臨時列車であり、冬の季節は主に土日を中心に運行されている列車です。

私が乗車したしらかみは秋田駅を8時20分に出発し、定刻通りにいけば新青森駅に13時22分ごろには着く予定でした。

ところがどっこい強風の影響で途中で打ち切りとなるハプニングがあり、とんでもないことに。涙

今回の記事では、そんなリゾートしらかみ+代行バスの体験記について書いていこうと思います。

【ここまでの鉄道の旅日記】

その1、【電車の一人旅日記】2階建て新幹線MAXときで新潟へ行った!

その2、特急いなほはグリーン車がオススメ!のんびり電車の旅日記

リゾートしらかみに乗車!

リゾートしらかみで深浦駅まで

rizotosirakamitetudoukippu

この日は、朝から強風の影響で日本海側を走る列車に遅延が目立っていましたが、リゾートしらかみ1号は定刻通りに8時20分出発しました。

今回乗車したしらかみは緑の橅(ブナ)編成です。

ちなみに、しらかみには橅以外にも青色の青池、オレンジ色のくまげらの2つの種類があり、それぞれ内装や設備が若干異なります。

tetudoutabirizotosirakami-1

さて、今回乗ったしらかみですが、平日ということもあり乗車率は低めです。

空席がかなり目立ちますが、のんびり旅したい私にとっては好都合ですね。

tetudoutabirizotosirakami-5

座席は十分ゆとりがあるので足を伸ばしてのびのびとすることができます。

秋田から青森まで乗り通すと約5時間ほどかかりますが、ゆとりある座席のおかげで疲れることは少ないかと思います。

tetudoutabirizotosirakami-6

tetudoutabirizortosirakami1

テーブルは前の座席後ろに1つ、ひじ掛けの中にも小さいテーブルが1つと、意外と設備は充実しています。

ただし、コンセントはついていません。

tetudoutabirizotosirakami-10

天井の部分にはモニターがついており、列車の前面展望や観光案内が表示されます。

tetudoutabirizotosirakami-7

リゾートしらかみは電化されていない五能線を通るため気動車です。

気動車ゆえに加速時にはエンジン音が目立ちますが、乗り心地はそこまで悪くはないですね。

tetudoutabirizotosirakami-8

秋田駅~東能代駅の間は特に問題もなく進んでいきます。あくまでも快速列車なので停車駅も多い印象ですね。

窓から見える景色は田畑が多く、遠くを見渡せます。

tetudoutabirizotosirakami-9

出発から約55分ほどで東能代(ひがしのしろ)に付きました。東能代は五能線の起点駅でありリゾートしらかみも停車します。

東能代では数分ほど停車する時間がありその時間で駅のホームで記念撮影ができます。

そして、東能代からは進行方向が変わるため座席も反対向きとなります。

行き帰りに関わらずA席が日本海を一望できる席なので、絶景を楽しみたいのであればA席をオススメします!

tetudoutabirizotosirakami-11

東能代から進行方向が変わり出発すると、いよいよ五能線へと入ります。

車内のモニターでも列車が分岐してゆくところを見ることができます。

tetudoutabirizotosirakami-12

東能代の次に能代駅に停車します。

能代と次の東能代はバスケットの強豪校があるということからバスケットの展示が目立ちます。

tetudoutabirizotosirakami-13

また、能代駅では10分ほどの停車時間があり、バスケットゴールチャレンジがあります。

見事、ボールをゴールに入れることができれば記念品がもらえるようです。(私は残念ながら外してしまいました・・・・。涙)

そんな能代駅を一通り見て回ったところで列車内に戻ると何と、強風で列車の発車が遅れるとのこと。

能代は4分ほど遅れての出発です。

tabitetudourizortosirakami1-1

予期せぬアクシデントで列車の速度も遅くなっていますが、風景をじっくりと堪能できると思えば悪くないですね。

どのぐらい遅いかというと、沿線を走っている自動車の方が速いぐらいノロノロ運転です。笑

五能線についてはWikipediaにも強風によって遅延や運休が多いとありましたが、今回はばっちりそうなってしまいましたね。汗

快速(適な度の)リゾートしらかみです。笑

tabitetudourizortosirakami1-2

そのまま、ノロノロと進んでいるとやがて日本海が見えてきました。

分厚い雲の間から太陽も少し顔を出しています。

tabitetudourizortosirakami1-3

約40分もの遅れであきた白神駅に到着。

その後も速度は変わらず鈍行列車のごとくノロノロ運転で進んでいきます。笑

tabitetudourizotosirakami2

約45分の遅れで岩館駅に到着。

そして岩館駅を出たところで案内があり、今後も強風の影響があるということから深浦駅から代行バスでの輸送が決まったとの連絡が。

安全の面から仕方がないといった感じですね。でも、列車内のイベントを見れないのは非常に残念です。

tabitetudourizortosirakami1-5

そのようなことがあり少し残念に思っていたところ、数分後になぜか緊急停車。

現場の人が線路を走ってくるのが前面モニターに映っていました。どうやら小動物が線路にいたようです。

ただでさえ遅延していたところにこのトラブルなので、さらに遅れが広がります。

そんな状況で電車は進んでいきますが、この時点で既に11時30分を過ぎていました。

そして、まだ半分も進んでいません。笑

tabitetudourizortosirakami1-7

まだまだ深浦駅までは十分時間があるので、一度車内を見て回ることに。

リゾートしらかみは快速列車ではあるものの観光列車なので車内設備はかなり充実しています。

tabitetudourizortosirakami1-9

tabitetudourizortosirakami1-8

2号車にはボックス席があります。

ボックス席の窓からでも日本海の絶景はばっちり見えるので、複数人で乗るのであればボックス席の方が良いでしょう。

ちなみに、通車指定席とボックス席の指定席料金は同額なので、一応一人でもボックス席を利用することはできます。

ただし、ボックス席を3名以下で利用する場合、他の乗客と相席になることがあるようなので要注意です。

JR東日本:リゾートしらかみ公式HPより

tabitetudourizortosirakami1-12 tabitetudourizortosirakami1-13 tabitetudourizortosirakami1-14

デッキ部分の上部には各駅の名前が書いてあります。地味ながらも内装のこだわりを感じますね。

tabitetudourizotosirakami2-2

tabitetudourizotosirakami2-1

デッキやトイレなどは特急列車と同じような設備が備わっています。

tabitetudourizortosirakami1-11

3号車のビュッフェ(ORAHOカウンター)の反対側には一人掛けの椅子が設置されています。

ちなみに、ビュッフェが付いているのは緑の橅編成のみです。

tabitetudourizortosirakami1-18

座席を後側から見た様子です。

tabitetudourizortosirakami1-17 tabitetudourizortosirakami1-15

車両の末端部分は展望席となっています。

座席からの景色だけではなく、展望席から外の景色を眺めるのも良いものです。

tabitetudourizortosirakami1-16

乗車記念のスタンプも設置してありました。

tabitetudourizortosirakami1-22

運転室はパノラマとなっているので、展望は良いです。

tabitetudourizortosirakami1-21

この時たまたま列車の速度計が目に入りました。強風による速度制限で時速20kmほどになっています。

ここからスピードを上げることもなく、終点までほぼ同じような速度で進んで行きました。笑

tabitetudourizortosirakami1-24

とりあえず一通り車内を見終わったので、車内販売で買っておいたあわびの駅弁を頂きます。

1つ1,300円です。

tabitetudourizortosirakami1-25

甘辛の味付けであり、あわびはコリコリしていて非常に美味しかったです。

リンゴ煮も大変甘くて美味しく、デザートとしては最高した。やはり列車の中で食べる駅弁は格別ですね。

お弁当を食べていると11時47分に十二湖に到着。

tabitetudourizortosirakami1-26

そして約100分以上遅れて、ウェスパ椿山に着きました。

tetudourizotosirakami11

ちょうどこのころ、喉が渇いたのでビュッフェでしらかみコーヒーを購入。その場でコーヒーを入れてくれるのでコーヒーの良い香りがします。

ただ、中身はめちゃくちゃ熱いのでやけどに注意です。

tetudouryokourizotosirakami3-1

まだまだ深浦までは距離がありますが、景色とコーヒーを堪能しつつ列車はノロノロ運転で進んで行きます。

tetudouryokourizotosirakami3-2

途中で雪が降ってきました。

数分の間に一気に天気が変わり始めたのでビックリです。恐るべし日本海。

tetudouryokourizotosirakami3-3

前方の様子も吹雪で視界が急に悪くなりました。

tetudouryokourizotosirakami3-4

tetudouryokourizotosirakami3-5

そんな悪天候の中、ようやく臨時の終点である深浦駅に到着。

本来なら10時50分には着いていたはずですが、この時点で12時30分を過ぎています。約110分以上の遅れです。笑

tetudouryokourizotosirakami3-6

ここからは代行バスに乗り換えて五能線の沿線を進んで行きます。しらかみともここでお別れです。

tetudouryokourizotosirakami3-7

tetudouryokourizotosirakami3-8

深浦駅では駅員さんが外に誘導しています。

駅をゆっくりと見れなかったのは残念です。

代行バスで川部駅、そして新青森駅へ

tetudouryokourizotosirakami3-9

外には大型のバスが止まっており、ここからリゾートしらかみ(代行バス)となりした。笑

tetudouryokourizotosirakami3-10

深浦駅を出発したのが12時50分です。あまりの遅延に一部の乗客はやや苛立っていました。

駅員さんもバス代行は珍しいのか、ごたごたしています。

tetudouryokourizotosirakami3-11

駅前のバス停です。画像だと分かりませんが強風でめちゃくちゃ揺れてました。

tetudouryokourizotosirakami3-12

五所川原でいったん列車の運行状況の確認とトイレ休憩。

tetudouryokourizotosirakami3-14

tetudouryokourizotosirakami3-13

そしてバス代行は川部駅で終わり、後は普通列車に乗り換えて青森へ行きます。既に日が傾き始めています。笑

また、あまり遅延に納得のいかない乗客が駅員さんに問い詰めたり、新幹線の乗車変更などで川部駅の駅員さんは対応に追われていました。

tetudouryokourizotosirakami3-15

川部駅についた時点で既に午後15時を過ぎてました。

最後に15時38分発の青森行きに乗って新青森へ向かいます。

tetudourizotosirakamitabi-2

tetudourizotosirakamitabi-3

ホームには五能線の終点駅を示す看板がありました。

起点駅の東能代駅からここまで来るのにどれだけ時間がかかったことやら。笑

tetudourizotosirakamitabi-4

そして青森行きの列車に乗ります。

tetudourizotosirakamitabi-1

この日はトラブル続きでしたが、最後に電車から夕焼けの綺麗な景色が見れたので満足です。

そして、新青森駅には16時30分に到着しました。

リゾートしらかみ1号の本来の到着予定時刻が13時30分だったことを考えると実に3時間もの遅延です。笑

「快適な速度によるノロノロ運転、バス代行、普通列車に乗り換え、そして3時間遅延」といろんな意味で良い経験ができましたよ。笑

全体の感想

今回は運悪く強風と雪に見舞われたっため、リゾートしらかみ(バス)になってしまいました。涙

正直、ノロノロ運転でも良いので新青森まで乗せてくれれば良かったのに、と思っていましたが、そこは安全第一なので仕方がないですね。

(また、本来なら新青森で新幹線に乗り換える予定でしたが乗り換えが間に合わなくなってしまったため、この日の旅行の計画は完全にパーとなりました!涙)

自然が相手なのでそこは運としか言いようがありませんが、五能線は天候の変化が激しい路線故に遅延も起こりやすいということは頭に入れておくと良いでしょう。

特に、リゾートしらかみに乗った後、すぐに新幹線に乗り換えるという場合には注意した方が良いですね。(万が一、遅延してもすぐに車掌さんが対応してくれますが・・・。)

長文になりましたが、今回はここまでです。

次回は、新幹線のグランクラスに乗って東京へ帰る内容です。

グランクラスは東京~盛岡のやまびこがオススメ!コスパも最高で大満足!(クリックで移動します)