日本の自然風景の中でも一部の場所でしか見ることができない「流氷」

私自身、自然風景を鑑賞するのが大好きなので一度は「流氷」も見てみたいと思っているのですが、流氷が見られる時期・場所はかなり限られています。

 

今回は、そんな流氷がいつ、どこで見ることができるのか、流氷鑑賞に必要なことをまとめていきます。

流氷を見るためには

流氷が見られる時期は毎年変化しますが、一般的に沿岸から肉眼で流氷が見られる時期は、2月中旬から3月の上旬にかけてです。

早いと1月下旬から流氷が見られることもありますが、見られる確立が最も高くなるのは2月中旬以降となります。

 

ただし、流氷はシーズン中でも、その日の天候や風向きによっては流氷が見れない時もあるので注意が必要です。

流氷は海流や風向きによって常に動いているので、午前中は見れても午後は見れないということもあります。

 

当日、実際に見れるかどうかは「運」も絡んでくるので、条件が悪い時には諦めも肝心です。

特に、近年は温暖化の影響で、昔に比べて流氷が見られる時期も短くなってきているため、シーズン中でも過信はできません。

 

流氷が見られる場所

日本では主に北海道東側のオホーツク海沿岸で見ることができます。

具体的には、

  • 紋別(もんべつ)
  • 網走(あばしり)
  • 知床半島(しれとこはんとう)

といった場所が、流氷が見れることで知られている地域です。

 

シーズン中は流氷鑑賞を目的とした流氷船も運行されており、少しでも流氷を見る確率を上げるなら流氷船を利用すると良いです。

 

流氷が来ていても沿岸だとよく見えないこともあるので、壮大な流氷の景色を楽しむのであればやはり流氷船から見るのがオススメです。

また、2月中旬から3月にかけては流氷鑑賞を目的としたツアーも多く開催されるので、事前に流氷観測のツアーに申し込むと良いでしょう

 

流氷の観測情報について

流氷はシーズン中でも常に動いているため、少しでも流氷を見る確率を上げるならリアルタイムでの情報収集も重要になります。

「せっかく足を運んだのに見れなかった」ということがないよう、予め流氷の情報を収集しておきたいところです。

 

流氷の情報収集に役立つ参考サイトとしては、海上保安本部が作成している「海氷情報センター」であり、現在の流氷や過去数十年分の観測データを閲覧することができます。

その日の各沿岸の写真や、実際にどのあたりまで流氷が来ているのかが分かるので、流氷を見に行くのであれば目を通しておきたいです。

 

また、Twitterも流氷をリアルタイムで伝えているアカウントもあるので、SNSを活用して情報を集めるのもオススメです!

 

流氷を見る時の服装

流氷が見れる時期の気温は、平均気温もマイナス5度以下になるので防寒対策は必須です。

特に、沿岸で鑑賞する関係上、強い海風を受けることになるので、凍傷を防ぐ意味でも防寒対策は万全の状態にしておきたいです。

 

服装の目安としては、「スキー場に行く時の服装」を目安にすると良いですね。

重ね着での防寒対策はもちろんのこと、他にも

  • ダウンジャケットまたはスキーウェア
  • 滑りづらい靴
  • 手袋
  • 帽子
  • 耳当て

といったアイテムは必ず着用するようにしたいです。

 

冬のオホーツクの寒さは想像を絶するので、気持ち少し過剰なぐらいを目安に防寒対策をすると良いですね。

 

まとめ:流氷は2月中旬~3月上旬が目安

流氷が見られるのは主に2月中旬から3月の上旬にかけてであり、シーズン中でも流氷が見られる日は限られています。

その日の天候や風向きによっても流氷の動きは変わってくるので、最終的に流氷が見れるかどうかは運にも左右されます。

 

少しでも流氷を見る確率を上げるなら、紋別や網走、知床半島から出ている流氷船を利用すると良いですね。

流氷鑑賞は極寒の中で行うので、当日は体調を含め防寒対策を万全にして臨みましょう。

 

「樹氷」の最盛期と有名な観光地はこれ!

【八甲田山へ樹氷鑑賞に行く!】ロープーウェイで極寒の山頂へ!