大阪と金沢を結ぶJR西日本の特急列車「特急サンダーバード」

西日本の特急列車としては利用者数が多いことでも有名な列車であり、観光目的だけでなく通勤に利用する人も少なくありません。

今回は、そんなサンダーバードのグリーン車に乗ってきたので、その体験記や料金等について解説していきます。

サンダーバードのグリーン車料金

主な区間の運賃及びグリーン料金は

区間 運賃(乗車券+グリーン料金
大阪~京都 2,490円(560円+1,930円
大阪~敦賀 6,850円(2,270円+4,580円
大阪~福井 8,260円(3,350円+4,910円
大阪~金沢 11,240円(4,750円+6,490円
大阪~和倉温泉 12,790円(5,890円+6,900円
京都~敦賀 4,120円(1,660円+2,460円
京都~福井 7,170円(2,590円+4,580円

となっています。グリーン車の場合、繁忙期・閑散期での料金に差はありません。

 

普通車の自由席・指定席であれば数多くの割引切符がありますが、グリーン車が割引切符となる切符は

  • eきっぷ(J-WESTカード会員専用)
  • 北陸乗り放題切符(2名以上で前日までの購入)

の2つしかありません。

また、学割であれば乗車券が2割引きになりますが、グリーン料金には適応されません。

 

実際に乗ってみた

今回乗車したのは大阪駅を10時12分に出発するサンダーバード5号で、京都まで乗車します。

グリーン車の乗車率は7割程と思っていた以上に利用者は多いです。

指定席や自由席の方も乗車率が高く、平日でもサンダーバードの人気ぶりが良く分かりますね。

サンダーバードは金沢止まりの列車以外にも、金沢から先のIRいしかわ鉄道を経由して、七尾線の和倉温泉まで行く列車もあります。

比較的長距離を走る列車ですが車内販売はないので、乗車前に飲み物等を購入しておきましょう。

乗車券には「秋の関西1デイパス」を利用しました。

グリーン料金は正規料金ですが、乗車券に割引切符を利用することである程度割安になります。

グリーン車は西日本ではお馴染みの2列+1列の3列シートです。

関東在住の私にとっては3列シートのグリーン車というだけでも珍しく思います。笑(※東日本のグリーン車は大半が4列です。)

照明もやや薄暗い感じで、落ち着いた雰囲気となっています。

また、座席上部には読書灯が付いているので、手元が暗いと感じた時には読書灯をつけると良いでしょう。

ゆとりある3列シートなので、座席の幅はかなりゆったりとしています。

座り心地も非常に良く、まさしくグリーン車にふさわしい座席と言えます!

あと座席についているネックピローもふかふかで心地い良いです。リクライニングすれば余裕で寝れます。笑

2人掛けの座席も各座席にひじ掛けがあるので、ひじ掛けの取り合いで気まずくなることもありません。

ちなみに、画像では写っていませんが、コンセントもひじ掛けの側面に1つずつ付いています。

座席の足元にはフットレストがあります。内側の面を利用する際は靴を抜いて利用します。

テーブルは座席のひじ掛けの中に収納されています。

前の座席を気にすることなくテーブルが使えるのは良いところですね。

反対側にはドリンクホルダーも付いています。これは地味ながらも非常に便利なので助かります。

窓も大きく車窓も大いに楽しめます。

大阪から金沢方面へ向かう場合、グリーン車番号の偶数番なら柱がないので車窓を楽しみたい方は、偶数番の座席を指定すると良いでしょう。

大阪から京都までは30分もかかりませんでしたが、快適な車内でゆったりと過ごすことができました!

グリーン車なら終点まで乗り通しても疲れることはないでしょう。また機会があればサンダーバードのグリーン車に乗りたいです。

 

まとめ:グリーン車にふさわしい快適な車内!

サンダーバードのグリーン車は、数ある在来特急のグリーン車の中でも快適性が高く、これぞ追加料金を支払うのに相応しいグリーン車と言えます!

正規料金こそ高めですが、その料金に見合った車内設備を備えているので、移動時間も快適に過ごしたい方はぜひともグリーン車を利用してみてはいかがでしょうか。

以上、参考になれば嬉しいです。