札幌市内には今の日本では珍しい路面電車が走っており、通勤通学のみならず、観光の足としても活躍しています。

札幌市電は山手線のように両周りで環状運転しているため、市街地を周遊する際にとても便利な乗り物です。

今回は私自身、実際に札幌市電に乗ってきたので、その乗り方や料金形態等について書いていこうと思います。

札幌市電乗り方ガイド

札幌市電は、料金後払い制の乗り物です。

料金は乗車区間にかかわらず均一で、大人200円、子供100円となっています。

 

ちなみに、札幌市電はSuica、Kitaca、PASMOといった全国のICカードも利用できます。

観光で札幌へ来た時でも、普段使っているICカードを利用できるのは便利なところですね。

ただし、チャージは千円札だけとなっているので注意しましょう。

 

乗車方法について

札幌市電の停車する場所は各駅によっても異なり、道路の真ん中にある駅や、バスと同じく道路の両端に位置する駅もあります。

また、同じ駅でも外回りと内回りでは乗車場所が離れていることがあるので注意したいです。

 

乗車口は車両の中央部分で、降りるときは運転手がいる車両前方のドアから降ります。

料金は均一なので整理券もありません。

降りる時は近くの降車ボタンを押しましょう。乗り方としては路線バスと同じような感覚です。

 

乗継割引について

札幌市電は、札幌市営地下鉄と市電を乗り継ぐ場合、乗継料金が適用されて運賃が割引となります。

乗継割引が適用される駅は、地下鉄と市電が接続している一部の駅に限られます。

乗継が適用される駅は以下の通りです。

地下鉄市電
大通り駅西4丁目
狸小路
すすきの
南北線:すすきの西4丁目
狸小路
すすきの
東豊線:豊水すすきの西4丁目
狸小路
すすきの
南北線:中島公園山鼻9条
南北線:幌平橋静修学園前
東西線:西11丁目中央区役所
東西線:西18丁目西15丁目

地下鉄から市電と乗り継ぐ場合は、地下鉄駅にある券売機から市電への乗継券を購入します。

乗継券で地下鉄と市電を利用した後、市電の降車時に乗継券を料金箱に入れます。

 

一方、市電から地下鉄に乗り継ぐ場合は、市電降車時に乗務員に乗継券を発行してもらい乗継運賃320円を支払います。

発行した乗継券を地下鉄の改札機に通すことで地下鉄に乗り継ぐことが可能です。

ただし、地下鉄運賃が200円の区間(1区)を超えた場合は、駅で乗り越し精算を行う必要があります。

 

ちなみに、ICカードを利用する場合は自動的に乗継割引が適用されます。

いちいち乗継券を発行する手間もないので、札幌市電・地下鉄に乗るならICカードの利用をオススメしますね。

 

実際に乗ってみた

今回乗ったのは資生館小学校前駅から西4丁目までです。

歩いて行ける距離ですが、どうしても市電に乗ってみたかったこともあり、短区間ながらも市電に乗ることにしました。笑

 

ちなみに、関東在住の私にとっては、市電の信号機自体が珍しく思います。笑

関東では路面電車を見る機会は鎌倉の江ノ電ぐらいしかありません。

 

札幌市電には2つのタイプ車両が走っており、従来の路面電車は下の緑の電車となります。

白い方は「ポラリス」という名称があり、新型低床車両として2013年に登場した車両です。

どちらのタイプでも乗車方法に違いはありません。

 

今回乗った路面電車はポラリスの方です。

車内はどことなく電車の車内の雰囲気と似ていますが、バスの降車ボタンが付いています。

 

また、市電の両端部にはミニ展望席のクロスシートがあります。

窓枠も大きく展望も良いので、観光客の私にとってはこれは地味に嬉しいですね。

 

体感的に市電のスピードはかなり遅く、信号待ちで頻繁に待たされます。

正直、乗車区間が短く、なおかつ急いでいる時は、ダッシュで走っても市電とそんなに変わらない気がします。笑

ただ、空いていればゆっくり座って移動できるので、観光客の身としてはとてもありがたい存在ですね。

 

ちなみに、札幌市電を一周乗り通すと約50分かかります。

時間のある方はのんびりと市電で1周してみるのも面白いかもしれませんね。

 

まとめ:利用するならICカードが便利!

このように札幌市電は料金後払い制で、どこまで乗っても運賃は均一200円となっています。

また、地下鉄と市電を乗り継ぐ場合は乗り継ぎ割引が適用されるので、乗り継ぎも活用してお得に市内を移動しましょう!

ICカードなら面倒な乗継券の発行も不要なので、札幌市電や地下鉄を利用する場合はICカードでの利用をオススメしますね。

以上、参考になれば幸いです。